GMO-CN:「FREENANCE byGMO」が「FaaS構想」を発表

~第一弾として「Lancers」とAPI連携し、「即日払い」をシームレスに利用可能に~

2020年11月11日
報道関係各位 

GMOクリエイターズネットワーク株式会社
==============================================================
「FREENANCE byGMO」が「FaaS構想」を発表
~第一弾として「Lancers」とAPI連携し、「即日払い」をシームレスに利用可能に~
==============================================================
 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社であるGMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社⻑:伊藤 毅 以下、GMOクリエイターズネットワーク)はこの度、⽇本初のフリーランス(※1)に特化した⾦融⽀援サービス「FREENANCE(フリーナンス) byGMO(以下、FREENANCE)」(URL:https://freenance.net/)において、「FaaS(ファーッス)構想(FREENANCE / Factoring(ファクタリング) as a Service)」を推進していくこととし、本日2020年11月11日(水)より、ランサーズ株式会社(代表取締役社長CEO 秋好 陽介 以下、ランサーズ)が運営するフリーランス115万人が登録するお仕事マッチングプラットフォーム「Lancers」(URL:https://www.lancers.jp/)とのサービス連携を開始いたします。
 「FaaS構想」とは、「FREENANCE」の機能を外部サービスに提供することにより、フリーランサー・個人事業主が「より自由に、もっと安心して働くためのインフラ」となることを目指すものです。本構想を通じて、フリーランサーや個人事業主が安心して仕事を続けられる社会の実現につなげていきたい考えです。
 「FaaS構想」では、以下の3つの方法で「FREENANCE」の機能をフリーランサーや個人事業主が多く利用する外部サービスへ提供いたします。

(1)「FREENANCE OEM」:「FREENANCE」を企業やサービスに合わせたロゴやデザインでユーザーに提供できる
(2)「FREENANCE API」:「FREENANCE」の機能を外部サービスが追加できる(現在はβ版での提供)
(3)「Factoring ASP」:「FREENANCE」のファクタリング機能に特化したシステムを提供する

 本構想の一環となる、「FREENANCE」と「Lancers」(URL:https://www.lancers.jp/)との連携は、「FREENANCE API」の提供によるものです。これにより、「Lancers」に登録しているフリーランサーは、「FREENANCE即日払い(以下、即日払い)」(※2)の機能をマイページから利用できるようになり、自身の報酬を最短即日で現金化することが可能となります。

(※1)特定の企業や団体に専従せず、独立して仕事を請け負う個人事業主もしくは個人企業法人のこと。
(※2)「FREENANCE」がユーザーの請求書(売掛債権)を買い取り、手数料を差し引いた金額を、最短即日で振込みます。(通常手数料:請求書額面の3.0%〜10.0%)。即日払いを利用するには所定の審査を通過する必要があります。
 


--------------------------------------------------------------
【「FaaS構想」について】
--------------------------------------------------------------
■提供開始の背景
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「FREENANCE」では、請求書をすぐに現金化できる「即日払い」や、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険『フリーナンスあんしん補償』の提供を通じて、フリーランサーや個人事業主をサポートしています。
 以前より「FREENANCE」には、請求書をすぐに現金化できる「即日払い」や、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険『フリーナンスあんしん補償』などの機能を自社でも活用したいという声のほか、「即日払い」として提供しているファクタリング機能を、主に中小企業向けに提供したいという金融機関からの要望が寄せられていました。
 こうした要望に応えるべく、2020年4月からは「FREENANCE」のOEM提供を行い、他社サービスにおいても「即日払い」をより早く簡単に利用できる環境を整えてまいりました。
 こうした中「FREENANCE」は、幅広い業界で働くフリーランサーや個人事業主への支援を加速させるべく、この度「FREENANCE」の機能を外部サービスへ提供する「FaaS構想」を展開することといたしました。

■「FaaS構想」について
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
 「FREENANCE」は「FaaS構想」における取り組みとして、以下の3つのサービスを提供いたします。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
▼FREENANCE OEM:
「FREENANCE」をOEM提供いたします。契約締結後、最短5営業日で提供を開始できます。
▼FREENANCE API:
「FREENANCE」の『本人情報取得API』や『買取料金計算API』などの豊富な機能のAPIを用意しています。外部サービスは必要な機能を選び、「FREENANCE」とAPI連携させることが可能となります。
▼Factoring ASP:
金融機関などに向けて、「FREENANCE」のファクタリング機能に特化したシステムを提供します。自社の要件に合わせてカスタマイズでき、リーガル面や運営面のサポートも可能です。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


--------------------------------------------------------------
【「Lancers」とのAPI連携の背景】
--------------------------------------------------------------
 「FREENANCE」では、ウェブ上で請求書をアップロードして「即日払い」を申し込む形式が一般的でした。そのため、オンラインの仕事の受発注プラットフォームからは、直接「即日払い」の申し込みができませんでした。しかし、「FREENANCE」の登録ユーザーからは、フリーランス115万人が登録するお仕事マッチングプラットフォーム「Lancers」においても報酬を即日で現金化したいという声が多く、ユーザーアンケート結果でも、希望する提携先として常に上位に「Lancers」が挙げられていました。
 こうした背景から「FREENANCE」は、この度掲げる「FaaS構想」の一環として、新たに「Lancers」とAPI連携することとし、請求書などのドキュメントなしでも、「Lancers」で受発注した案件の報酬を「Lancers」のマイページからダイレクトに「即日払い」に申し込むことが可能になりました。

--------------------------------------------------------------
【「Lancers」における「即日払い」お申し込みフロー】
--------------------------------------------------------------
1. 「Lancers」に登録のフリーランサーは自身の「FREENANCE」アカウントを「Lancers」に連携します。

2. 「Lancers」マイページの報酬一覧より、「即日払い」を利用したい案件をチェックして申請します。


3. 「FREENANCE」側の取引条件等を確認して、申し込みます。


4.リダイレクトされたマイページにて、「即日払いの申込が完了しました」と表示されていれば申し込み完了です。

 


--------------------------------------------------------------
【ランサーズ株式会社 執行役員 オンラインマッチング事業担当 上野 諒一様 コメント】
--------------------------------------------------------------
 フリーランス115万人超が登録するお仕事マッチングプラットフォームの「Lancers」では、これまで月2回の指定スケジュールで報酬の入金が行われていました。「即日払い」機能の提供により、登録フリーランスは最短即日で報酬を現金化できるようになります。近年働き方が多様化しており、国内のフリーランス人口は1,034万人となっています(※3)。一方で、仕事の完了と報酬受け取り期間の差や、仕事量が月次で変動することによる不安定なキャッシュフローに加え、新型コロナウイルス感染症により、収入が減少したフリーランスは60%と多く(※4)、今後も多くのフリーランスが資金に関する課題を抱えると予想されます。本提携をさせていただくことで、さらに多くの方に安心して自分らしく働ける環境を提供することができると期待しています。

(※3)出典元:『フリーランス実態調査 2020年度』https://speakerdeck.com/lancerspr/huriransushi-tai-diao-cha-2020 
(※4)出典元:『FREENANCE MAG:フリーランス約1400名に調査!6割が新型コロナウイルスによる「収入減」の悩みに直面。現在の仕事への影響を徹底分析』https://freenance.net/media/money/3009/ 

--------------------------------------------------------------
【今後の展開】
--------------------------------------------------------------
 今回、「Lancers」へのFREENANCE API提供をはじめとするFaaSの発表によって、より多くのフリーランサー・個人事業主をサポートできるようになりました。今後も引き続き、フリーランサー・個人事業主が「より自由に、もっと安心して働くためのインフラ」となることを目指し、社会的信頼の確立・補償の充実・キャッシュフローの改善等を支援すべく、さまざまな機能の追加・サービスの向上に努めてまいります。
 FaaSにご関心をお持ちの企業様は、【サービスに関するお問い合わせ先】までご連絡ください。

--------------------------------------------------------------
【「FREENANCE」について】
--------------------------------------------------------------
 GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランサー・個人事業主のための金融支援サービスです。「FREENANCE」ユーザー登録時に開設される銀行口座『FREENANCE口座』を事業収入の受け取り先とすることで、請求書(売掛債権)をすぐに現金化できる『即日払い』が利用でき、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険『FREENANCEあんしん補償』が無料付帯します。2020年8月には、ケガや病気で働けなくなった場合に最長1年間の所得の補償が受けられるフリーランスのための保険『FREENANCEあんしん補償プラス』をリリースしました。また、会員登録時に本人確認・反社チェックを行っているため、FREENANCE会員であることを信用の証として利用いただけるなど、フリーランサーの働き方を支援しています。

--------------------------------------------------------------
【GMOクリエイターズネットワークについて(URL:https://gmo-cn.jp/)】
--------------------------------------------------------------
 2002年に早稲田大学および九州電力グループなどのジョイントベンチャーとして、中国語インターネット放送局の運営を目的として設立され、日本初のフリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE」をはじめ、ライター登録サイト「woofoo.net byGMO」や「編集プロダクション studio woofoo byGMO」など、個人クリエイターの活躍をサポートするサービスを提供しています。

以上

------------------------------------
【サービスに関するお問い合わせ先】
●GMOクリエイターズネットワーク株式会社
FINTECH事業部 広報担当 中野・森
TEL:03-5458-8056  E-mail:pr@gmo-cn.jp
------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOペパボ株式会社
社長室 広報チーム 伊早坂
TEL:03-5456-2614 E-mail:pr@pepabo.com 
●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 石井・長井
TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------
【GMOクリエイターズネットワーク株式会社】(URL:https://www.gmo-cn.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名   GMOクリエイターズネットワーク株式会社
所在地   東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者   代表取締役社長 伊藤 毅
事業内容 ■コンテンツ制作事業 ■フリーランス向け金融支援サービス
資本金    9,165万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOペパボ株式会社】(URL:https://pepabo.com/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名   GMOペパボ株式会社(東証第二部 証券コード:3633)
所在地   東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者   代表取締役社長 佐藤 健太郎
事業内容 ■ホスティング事業 ■EC支援事業 ■ハンドメイド事業 ■金融支援事業
資本金    1億5,967万円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【GMOインターネット株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名   GMOインターネット株式会社(東証第一部 証券コード:9449)
所在地   東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者   代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業 ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業   ■暗号資産事業
資本金    50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C)2020 GMO Creators Network, Inc. All Rights Reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp
 
  1. プレスリリース >
  2. GMOインターネットグループ >
  3. GMO-CN:「FREENANCE byGMO」が「FaaS構想」を発表