【JAF滋賀】湖国でマナーアップキャンペーンを実施

「ながらスマホ根絶運動」で交通事故をなくそう

 JAF(一般社団法人日本自動車連盟)滋賀支部(支部長 酒井 雄一郎)は、JADA(一般社団法人日本自動車販売協会)滋賀県支部の協力を得て、マナーアップキャンペーンを実施しています。

 

 平成25年から平成30年までの6年間、全国における原付以上運転者の交通事故件数は約3割減少(注1)したものの、携帯電話やカーナビ等を使用したことによる事故は約1.4倍(注2)となるなど、いわゆる“ながらスマホ”は社会的に大きな問題となっています。 本運動はこの“ながらスマホ”に着目し、県内での根絶を目指しています。県下の自動車販売店にご賛同いただき活動しており、賛同された自動車販売店の店頭で一斉に「ながらスマホ根絶運動」の「のぼり旗」を、 4月10日(金)から翌年3月31日(水)まで掲示します。

 ドライバーに“ながらスマホ”の危険を深く認識してもらい、 滋賀県内での交通事故をなくすことを目的としています。

【概 要】
〈活動内容〉のぼり旗の掲示
〈実施期間〉2020年4月10日(金)~2021年3月31日(水)
〈参加販社〉滋賀県下自動車販売店19社(約170拠点)

 

 

 

運転中の「ながらスマホ」(JAFユーザーテスト)↓
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/user-test/mobile-phone/driving

 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF滋賀】湖国でマナーアップキャンペーンを実施