世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場調査2022-2030年

Kenneth Researchは調査レポート「世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場:世界的な需要の分析及び機会展望2030年」を2022年2月 22日 に発刊しました。これは、詳細な市場の業界需要分析と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を提供します。レポートは、予測期間、市場価値、市場ボリューム、成長率、セグメント、市場プレーヤー、成長ドライバーを含む市場の成長を提供します。調査方法には、市場の評価と予測データの計算に基づく履歴データと現在のデータの収集が含まれます。このレポートのデータ収集には、一次調査と二次調査の両方が含まれます。
レポートのサンプルURL: https://www.kennethresearch.com/sample-request-10151790
世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場は、2022年に63億米ドルの市場価値から2030年末までに88億米ドルに達すると予測されます。また、2022-2030年の予測期間中に5%のCAGRで拡大すると予測されます。

[調査レポートの詳細内容について]

https://www.kennethresearch.com/report-details/animal-used-parasiticides-industry-market/10151790

ペット、家畜および他の動物における寄生虫の蔓延の発生率の増加は、獣医寄生虫駆除剤市場に有利な成長の機会を生み出しました。ペットや家畜のより良い治療に使用される動物寄生虫駆除剤の需要の高まりは、寄生虫駆除剤製品の使用を増加させ、それによって今後数年間の市場成長に利益をもたらしています。

動物のヘルスケアに対する意識の高まり、人獣共通感染症に対する懸念の高まり、革新的な獣医用ヘルスケア製品の開発への投資の増加は、ビジネスの成長にプラスの影響を与えます。獣医の健康管理とペットの養子縁組への支出の増加も、動物寄生虫駆除剤製品の人気が高まっている重要な要因です。家畜の生産量の増加により、条件が最適ではないために寄生虫感染の可能性が高まり(特に発展途上国で)、最終的には生産量が減少します。

寄生虫感染を制御するために農民が簡単に利用できるいくつかの薬とワクチンが開発されました。腸型感染症を治療するためのベンズイミダゾール、レバミゾール、大環状ラクトンなどのいくつかの駆虫薬は、市場で容易に入手できます。消費者の獣医治療法の改善に対する意識の高まりにより、先進的な医薬品の需要が高まっています。

ペットの採用の増加と動物副産物の需要の増加は、米国での動物寄生虫駆除剤の需要を刺激し、2025年までに米国の動物寄生虫駆除剤産業の19億米ドルの市場規模をもたらしました。動物の採用の増加傾向と動物の医療費の増加は、ヨーロッパと北米の市場の成長の原因となっています。しかし、アジア太平洋地域の市場は、家畜とコンパニオンアニマルの人口の増加と動物医療への支出の増加により、より速い速度で成長すると予想されます。市場の主要なプレーヤーは、Novartis AG、Bayer AG、Eli Lilly、Merck Co、ZoetisInc、およびSanofiです。

インド市場は2018年に250 百万米ドル以上を占め、将来的に大幅な成長が見込まれています。家畜の数の増加と高品質の肉や動物副産物の需要の増加は、市場の成長を高めます。さらに、コンパニオンアニマルの採用の増加、および動物用ヘルスケア製品に対する意識の高まりと、収益性の高い市場での強力な足場の確立に焦点を当てた主要な市場プレーヤーによる投資の増加は、予測期間中にビジネスの成長を刺激します。

市場レポートは、以下のすべてのポイントを詳細に説明し、分析に基づいて市場動向を提供します。
  • 世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場は、製品別(外部寄生虫駆除剤{スプレー、ディップ、カラー、ポアオンおよびスポットオン、イヤータグ}、寄生虫駆除剤{注射剤、経口剤、飼料添加物}、殺虫剤]、動物タイプ別(家畜、コンパニオンアニマル)などによって分割されています。レポートでは、各セグメントの成長機会とともに、成長を促進する要因について説明しています。さらに、Y-o-Y成長(%)収益(USD百万単位)は、各セグメントの市場成長を牽引する要因と共にレポートに記載されています。
  • 世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場における業界のリーダーはMerck, Zoetis, Elanco, Boehringer Ingelheim Animal Health, Bayer Animal Health, Ceva Sante Animale, Virbac, Perrigo Company PLC, Sanofi, Vetoquinolなどです。これらの各主要企業のプロファイルは、会社の財務、収益、収益と分析、バリューチェーン分析、その他のパラメーターを提供します。
  • 世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなど地域によって分割されています。
世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
  1. 北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
  2. ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  3. アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  4. 中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
  • レポートのデータは、正確な統計を確保するために、一次と二次の両方の調査方法を通じて収集されます。
Kenneth Research会社概要

Kenneth Researchは、マルチクライアントの市場調査レポートのディストリビューターで、ビジネスプロフェッショナルが将来の拡張に向けたビジネスプランの戦略を立てるのを支援します。シンジケートされた市場調査レポートの大規模なデータベースの存在とレポートのカスタマイズの範囲の助けを借りて、プラットフォームは、業界の専門家が最終目標を達成するための幅広い機会を提供します。Kenneth Researchは、消費財や食品、ヘルスケア、情報通信技術、エネルギーと電力、化学など、さまざまなレベルの業界にサービスを提供しています。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 世界の動物使用寄生虫駆除剤業界市場調査2022-2030年