人権が真に尊重される社会の実現を目指し「学研グループ人権憲章」を制定

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)は、社会とともに価値を生みつづける経営の基盤となる人権が真に尊重される社会の実現を目指し、「学研グループ人権憲章」を制定いたしました。
私たち学研グループ(以下当社グループ)は、「すべての人が心ゆたかに生きることを願い 今日の感動・満足・安心と明日への夢・希望を提供します。」をグループ理念に掲げています。理念の基盤にあるのはいうまでもなく人権尊重の精神であり、当社グループとして、望ましい人権尊重社会の実現に向け努力することを企業の社会的責任と位置付けています。 

「学研グループ人権憲章」は、国際人権章典および国際労働機関(ILO)の「労働の基本的原則および権利に関する宣言」、「子どもの権利条約」に記された人権を支持・尊重し、国連の「ビジネスと人権に関する指導原則」等に基づき策定されました。策定に当たっては、当社グループにおける人権にかかわる課題を整理し、有識者の助言と妥当性の確認を受け、取締役会にて承認されました。 

●「学研グループ人権憲章」は、こちらのURLからご覧ください。
https://ghd.gakken.co.jp/group/philosophy/human/
 
当社グループは本憲章に基づいた行動・取り組みを進めてまいります。人権尊重の取り組みを推進することで、誰一人取り残さない持続可能な社会の実現に貢献してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. 人権が真に尊重される社会の実現を目指し「学研グループ人権憲章」を制定