陸上掘削流体市場に関する調査は、2022 年の見通しを調べるために実施されました。

調査期間: 2022年10月19日ー27日 

調査業者: RNPL 

調査対象: 当社は、あらゆる規模の 535 の市場プレーヤーに対して調査を実施しました。  

有効な回答の数: 535

調査方法: 実地調査320、インターネット調査215 

調査回答者:調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。  

調査結果:

質問:最近、陸上掘削事業で起きたブレークスルーは何ですか?

石油産業の新たな発展の温床である米国パーミアン盆地では、あるオペレーターは、トラック輸送コストを 1 坑あたり 75,000 米ドル以上節約できると見積もっています。これにより、エネルギー消費と排出量が 57% 削減され、約 9 トンの廃棄物運搬がなくなり、坑井あたりの掘削時間が 5 日間短縮されます。油性流体から水性流体に切り替えるだけで、これらすべてを実現できます。

質問:陸上石油リグで掘削液を使用する目的は何ですか?

掘削流体または掘削泥は、粘土と、分散剤、シンナー、湿潤剤、界面活性剤などの他の化学物質と油または水との混合物です。油井掘削では、ビットを潤滑および冷却し、岩石の破片を表面に洗い流し、油井の側面が陥没するのを防ぐために、ドリル ビットの周りを循環します。掘削流体の使用法は、盆地や井戸の種類によって異なります。 

質問:環境および収益性の観点から、現在どのような種類の掘削流体が好まれていますか?

掘削効率、ビジネス機会、および環境管理を改善するために、水ベースの掘削流体がさまざまな泥システムで広く使用されています。これらは、油泥に比べて安価でメンテナンスも容易です。水ベースの流体を使用すると、ボアホールの不安定性による悪影響を最小限に抑えることができます。  

詳細はこちらをご覧ください。: http://bit.ly/3XAU8PR

質問:陸上掘削流体市場の成長予測は何ですか?

市場は、2023ー2033年の予測期間中に約5%のCAGRで成長することにより、2022年の40億米ドル未満から約70億米ドルの収益を達成すると計算されています。

質問:陸上掘削流体市場はどのような基準で分類されていますか?

陸上掘削流体市場は、製品タイプと井戸タイプに基づいて分類されます-
  1. 製品タイプ – 水ベースの流体、油ベースの流体、および合成ベースの流体
  2. 井戸タイプ-  高圧高温 (HPHT)井戸、および従来の井戸

質問:陸上掘削流体市場を支配すると予想される地域はどれですか?

北米地域は、2033 年末までに陸上掘削流体市場で最大のシェアを保持すると予測されています。これは、石油および石油製品に対する需要の増加によるものです。米国は、1 日の石油消費量で第 1 位にランクされており、1 日あたり約 2,000 万バレルの石油を消費しています。これは、生産量もトップで、1 日平均生産量は約 1,100 万バレルです。中国は世界の石油生産量の 15% 以上を消費しており、世界で 2 番目に大きな石油消費国となっています。インドは 1 日あたり約 500 万バレルを必要としており、世界第 3 位の石油消費国にランクされています。

About the company:

Research Nester(RNPL) The goal is to help clients reach their goals by providing efficient business solutions. Through our diverse network of research analysts and consultants, we help clients understand all the key aspects of business valuation, including budget, and provide strategic business solutions around the world. RNPL has earned trust and customer base in more than 30 countries and is even more focused on expanding to other economies. We are committed to providing our clients with the best possible service and helping them expand their business reach.
 
  1. プレスリリース >
  2. Kenneth Research >
  3. 陸上掘削流体市場に関する調査は、2022 年の見通しを調べるために実施されました。