【JAF山口】お盆期間のJAFロードサービス実施件数

~山口県内 前年比91.9%~

JAF山口支部(一般社団法人日本自動車連盟山口支部 支部長 上野龍之介)は、山口県内における
2020年お盆期間中(8月8日(土)~16日(日))のロードサービス実施件数をまとめました。
期間中、山口県内におけるJAFロードサービス実施件数は前年同期間と比べ61件減の691件、前年比91.9%でした。道路別前年比では一般道が95.5%、高速道が51.6%となりました。受付件数のピーク日は13日(93件)と16日(89件)でした。

山口県内お盆期間ロードサービス実施件数

 



例年に比べ高速道路の交通量が減少したことから、県を跨いで移動される方が少なく、県内での移動が多かったと推測されます。受付件数は例年より少なかったものの、期間中は毎日、山口県内の平均救援件数(約62件 2019年度1日平均)を上回る状況が続きました。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF山口】お盆期間のJAFロードサービス実施件数