【GMOインターネット】日本円ステーブルコイン「GYEN」が暗号資産取引所「バイナンス」へ上場

2021年5月12日
報道関係各位

GMOインターネット株式会社
==============================================================
日本円ステーブルコイン「GYEN」が暗号資産取引所「バイナンス」へ上場
==============================================================
 GMOインターネット株式会社の連結会社で、米国の現地法人であるGMO-Z.com Trust Company, Inc.(以下、GMO Trust)はこの度、取引高において世界最大の暗号資産取引所を運営しているBinance社とのパートナーシップを発表し、本日2021年5月12日(水)16時(日本時間)より暗号資産取引所「バイナンス」において、「GYEN」の取引を開始いたします。
 GMO Trustが発行する「GYEN」は、世界初となる米国銀行法規制を遵守した日本円と連動したステーブルコインです。
 この度のパートナーシップにより、GMO Trustの公式WEBサイト(URL:https://stablecoin.z.com/)上で、「GYEN」を法定通貨と1対1の交換レートで発行・換金し、「バイナンス」でBTCやUSDTなどの主要な暗号資産と取引することが可能となります。
 GMO Trustが発行する「GYEN」は、ニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)による規制のもと、毎月100%法定通貨によって裏付けられていることを外部の公認会計士によって公的に監査されており、監査レポートとして開示しています。法人および個人ユーザーは、「GYEN」がブロックチェーンで実行される利点を生かし、法定通貨よりも効率的かつ、低コストで取引やヘッジ、裁定取引、セトルメント、支払いなど様々な場面で活用することが可能です。
 なお、「GYEN」は、日本国外で流通するものであり、日本国内居住者への販売は対象外となります。

■GMO-Z.com Trust Company, Inc. CEO 中村 健太郎のコメント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 「バイナンス」は、暗号資産取引の先駆者として、ブロックチェーンエコシステムに革新的なソリューションを構築してきました。世界で最も取引されている通貨・ペアの一つである日本円をデジタル化し、この資産を「バイナンス」の法人および個人ユーザーのエコシステムに提供することは、暗号資産が主流になりつつあることを象徴していると考えています。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


以上


-----------------------------------
【本件に関するお問い合わせ先】
●GMO-Z.com Trust Company, Inc.
 E-mail:pr@gmo-trust.com
-----------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社
 グループコミュニケーション部 広報担当 蕪木
 TEL:03-5456-2695 E-mail:pr@gmo.jp
-----------------------------------

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
     ■インターネット広告・メディア事業
     ■インターネット金融事業
     ■暗号資産事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「GYEN」は、GMOインターネット株式会社の登録商標です。
「ZUSD」は、GMOインターネット株式会社の商標です。
Copyright (C) 2021 GMO Internet, Inc. All Rights Reserved.

■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp
  1. プレスリリース >
  2. GMOインターネットグループ >
  3. 【GMOインターネット】日本円ステーブルコイン「GYEN」が暗号資産取引所「バイナンス」へ上場