GMOインターネットグループ、株式会社MediBangと資本業務提携

~NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」において技術提携~

2021年6月15日
報道関係各位
GMOインターネット株式会社
================================================
GMOインターネットグループ、株式会社MediBangと資本業務提携
~NFTマーケットプレイス「Adam byGMO」において技術提携~
================================================
 GMOインターネット株式会社(以下、GMOインターネット)は、マンガやイラストの公開・閲覧プラットフォームおよび制作ツールを展開する株式会社MediBang(代表取締役社長:高島 秀行 以下、メディバン)と、2021年6月14日(月)に資本業務提携に関する契約を締結いたしました。
 今後、GMOインターネットグループが提供を開始するNFT(※1)マーケットプレイス「Adam byGMO」(URL:https//adam.jp)において、メディバンの有する技術を活かし、世界中のアーティストやクリエイターの方々が作品を制作・発信しやすい環境づくりを進めてまいります。

(※1)Non-Fungible Token(非代替性トークン)の略。代替性のない固有の権利を持つIDと所有者情報、発行個数や回数などをブロックチェーンに記録することにより、デジタルコンテンツをはじめとするモノの所有権を証明するのに加え、移転追跡可能なプログラムを活用して販売者及び所有者が二次流通以降の収益を得られる仕組み。

 



-------------------------------------------------
【資本業務提携の背景】
-------------------------------------------------
 メディバンは、「世界中の誰でもクリエイターに」をミッションに掲げて2014年に設立され、世界最大級のユーザー数(※2)を抱える無料イラスト・マンガ制作ツール「MediBang Paint」(URL:https://medibangpaint.com/)や月間PVが800万に上る世界有数のイラスト・マンガ投稿サイト「ART streert」(URL:https://medibang.com/?locale=ja)の開発・提供を行っており、クリエイターを技術面からサポートする活動を行ってきました。 
 一方、GMOインターネットグループは、「すべての人にインターネット」を掲げ、インターネットインフラ事業を中心に、インターネット広告・メディア事業、インターネット金融事業、暗号資産事業を展開する総合インターネットグループとなっています。数ある事業の中でも、暗号資産事業を戦略的事業分野と位置付けており、グループのGMOフィナンシャルホールディングスの連結会社であるGMOコイン株式会社が2017年5月に暗号資産交換事業を開始したのを皮切りに、「交換」「マイニング」「決済」の3つの事業領域において事業・サービスを展開してまいりました。2021年4月には、NFT事業への参入を決定し、これまでの暗号資産関連事業を通じて蓄積してきたノウハウや自社開発によるブロックチェーン技術を活かしたNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を予定しております。
 GMOインターネットグループは、メディバンの掲げる「世界中の誰でもクリエイターに」というミッションが、グループの「インターネットを豊かに楽しくし、新たなインターネットの文化・産業とお客様の「笑顔」「感動」を創造し、社会と人々に貢献する。」というフィロソフィーにつながるものであり、また、メディバンが有する技術は、「Adam byGMO」を世界中のアーティストやクリエイターの方々が作品を制作・発信しやすい環境にするために有効であると考え、この度メディバンと資本業務提携に関する契約を締結することといたしました。
(※2)自社調べ。


-------------------------------------------------
【「Adam byGMO」について】(URL:https://adam.jp
-------------------------------------------------
 GMOインターネットグループは、真正性と安全性が担保されたアートや楽曲、著名なアーティストによる希少性の高いコンテンツ等をNFTとして取引できるNFTマーケットプレイス「Adam byGMO」の提供を予定しております。
 人類の創造主によって創られた最初の人間、またはヘブライ語で「地面」を意味する「Adam」を冠しているとおり、「天地創造」の場として新たな価値を創造しながら、手に入れ難い「禁断の果実」のような魅力あるコンテンツのあるマーケットプレイスを目指してまいります。


-------------------------------------------------
【株式会社MediBang 会社概要】
-------------------------------------------------
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  株式会社MediBang(メディバン)
所在地  東京都渋谷区桜丘町12-10 渋谷インフォスアネックス10F
代表者  代表取締役社長 高島 秀行
事業内容 ■WEBサービス事業
     ■アプリ事業
     ■取次・受託事業
資本金  1億円(2020年12月31日時点)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

以上

------------------------------------
【報道関係お問い合わせ先】
●GMOインターネット株式会社
グループコミュニケーション部 広報担当 寺山
TEL:03-5456-2695  E-mail:pr@gmo.jp
------------------------------------

【GMOインターネット株式会社】 (URL:https://www.gmo.jp/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会社名  GMOインターネット株式会社 (東証第一部 証券コード:9449)
所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー
代表者  代表取締役会長兼社長・グループ代表 熊谷 正寿
事業内容 ■インターネットインフラ事業
■インターネット広告・メディア事業
■インターネット金融事業
■暗号資産事業
資本金  50億円
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (C) 2021 GMO Internet,Inc.  All Rights Reserved.
■GMO INTERNET GROUP■ www.gmo.jp
  1. プレスリリース >
  2. GMOインターネットグループ >
  3. GMOインターネットグループ、株式会社MediBangと資本業務提携