Yahoo! JAPANとLINE、二次流通市場拡大に向けNFT領域で連携

~唯一無二で代替不可能なNFTアイテムを、「ヤフオク!」でかんたんに取引可能に~

​ヤフー株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長 CEO:川邊 健太郎、以下Yahoo! JAPAN)とLINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)のグループ会社であり、LINEの暗号資産事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長CEO:林 仁奎、以下LVC)は、二次流通市場拡大に向けNFT事業の領域で連携することを決定しました。LINEが独自に開発したブロックチェーン「LINE Blockchain」を基盤としたNFTアイテムが、Yahoo! JAPANが提供するネットオークションサービス「ヤフオク!」上で今冬より取引可能となる予定です。


NFT(Non-Fungible Token、非代替性トークン)は、ブロックチェーン上で発行された唯一無二で代替不可能なデジタルトークンで、デジタルアイテムやコンテンツの固有性や保有していることを証明できる仕組みです。これまで、NFTアイテムの取引には専用のプラットフォーム上での手続きが必要となるなど、参加ハードルの高さが課題としてありました。

LVCは2020年8月から「LINE Blockchain」上で発行されたNFTアイテム等のデジタルアセットを管理できるウォレット「LINE BITMAX Wallet」*1を提供しており、今年6月に同ウォレット内でNFTアイテムの取引が可能な「NFTマーケットβ」の提供を開始しました。*2 今夏に正式版の提供を予定しており、国内No.1のNFTマーケットプレイスを目指します。

このたび両社の連携により、ユーザーは「LINE BITMAX Wallet」で管理する「LINE Blockchain」基盤で発行されたNFTアイテムを「ヤフオク!」でかんたんに出品・落札できるようになります。市場価値に応じて価格が上がるオークションの仕組みを活用し、NFTアイテムをより多くの方が気軽に売買できるNFTマーケットプレイスを提供します。また、さまざまなパートナーとともに価値あるコンテンツの流通を活性化させ、NFT領域における二次流通市場の拡大に貢献してまいります。

 Yahoo! JAPANとLINEは、ユーザーの安全安心およびデータガバナンスに関する各種課題の改善を前提に、さまざまなサービスにおいて連携を強化してまいります。連携によるシナジー効果を高め、最高のユーザー体験を提供し、社会課題の解決に努めてまいります。

*1 参考プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2020/3385
*2 参考プレスリリース:https://linecorp.com/ja/pr/news/ja/2021/3813
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. Yahoo! JAPANとLINE、二次流通市場拡大に向けNFT領域で連携