LINE、トーク上のメッセージに気軽に、いつでも反応できる「リアクション」機能を本日より提供開始

任意のメッセージにピンポイントに反応できて、大人数でのトークがよりスムーズになります

LINE 株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社⻑:出澤 剛、以下LINE)は、当社が運営するコミュニケーションアプリ「LINE」 https://line.me/ja/ において、LINEのトーク上で、会話の流れを気にせず、気軽に任意のメッセージや画像にピンポイントにコミュニケーションできる「リアクション」を本日より提供開始したことを、お知らせいたします。
※スマートフォン版「LINE」Ver. 11.11.0以上から 


本日より、LINEのトーク上で友だちや自分のメッセージや画像、スタンプなどに直接反応することができる「リアクション」機能が追加されました。7日以内に受信、または送信したメッセージなどを長押しした時に表示される6つのアイコンからお好みの表情を選ぶことができ、選択したアイコンは「リアクション」したメッセージのすぐ下に表示されます。


1つのメッセージや画像につき1つのみ選択することができ、送受信から7日間の期間内であれば、後からアイコンを変更や削除することも可能です。また、通知が相手に送られないので、深夜や早朝でも気兼ねなく「リアクション」することができます。誰がどの「リアクション」を付けたかは、トーク上に表示されている「リアクション」のアイコンをタップすることで表示されるリストにてご確認いただけます。

反応したいメッセージがあるのに会話が進んでタイミングを逃してしまった、「リアクション」の表情で簡単に多数決を取りたい、メッセージやスタンプよりもっと気軽に返したいなど、是非、様々なシーンでご活用ください。

 

「リアクション」機能の詳しい使い方:https://lin.ee/hzEIUVZ/xssq/pr

今後も「LINE」はユーザーニーズに合わせたアップデートを行い、友だちや家族などの親しい人とのコミュニケーションをコアバリューとしながらも、個々人に最適化されたコミュニケーションと情報の出会いを提供し、皆様の生活により密接な存在となることを目指します。
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINE、トーク上のメッセージに気軽に、いつでも反応できる「リアクション」機能を本日より提供開始