プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

LAMORI PRIVATE LIMITED
会社概要

自動車用スマートディスプレイ市場( Automative Smart Display Market )に関する調査は、2022 年のランドスケープを理解するために実施されました。

Research Nester

調査期間: 2023年2月05日―2月12日  


調査業者: RNPL  


調査対象: 当社は、あらゆる規模の 545の市場プレーヤーに対して調査を実施しました 有効な回答の数: 545


調査方法: 実地調査 226、 インターネット調査319 


調査回答者: 調査は、収益に基づいて企業を対象に実施されました。 


調査結果:  


質問: 自動車用スマートディスプレイ市場の規模はどのくらいですか?


世界の自動車用スマート ディスプレイ市場は、2023 ー2033 年の予測機関中に最大 6% の CAGR で成長することにより、2033 年末までに最大 22 億米ドルの収益を獲得すると推定されています。さらに、市場は、2022 年には約 13 億米ドルの収益を生み出しました。この市場の成長は、自動車業界におけるイノベーションの急増、と世界中でのスマート ディスプレイの需要の増加に起因する可能性があります。たとえば、2020 年には世界中で 15百万台を超えるスマート ディスプレイが販売されたことがわかりました。世界中の人々の可処分所得の増加により、自動車の使用が増加しています。

 

質問: 水中ケーブルコネクタとは何ですか?


車載用スマート ディスプレイは、エンターテイメント、後部座席ビューワー、車両の前後カメラとして使用されるデジタル ディスプレイです。このディスプレイの主なモットーは、事故を回避し、ドライバーが経路上の乗客や他の車両を観察できるようにすることです。これは、タッチスクリーンまたは音声コマンドで操作できます。スマート ディスプレイは、接続時に音楽を再生したり、表示したり、ホーム デバイスを操作したりできます。スマートディスプレイを使用して、スマートフォンで車両を制御できます。スマート ディスプレイで行われた進歩は、他の車両と通信して安全性を高め、交通渋滞を監視し、旅行の楽しみを改善するのに役立ちます。


詳細はこちらをご覧ください。:     http://bit.ly/3y3BC6U


質問: 自動車用スマートディスプレイ市場の成長を牽引する主な要因は何ですか?


自動車用スマートディスプレイ市場の成長を牽引する主な要因は次のとおりです。


  • 人々の消費能力の向上に伴い、自動車の販売の増加

  • 燃料費の上昇に伴う電気自動車の台頭傾向

  • 世界中でスマートカーに対する消費者の需要の急増

  • 旅客輸送をサポートするためのコネクテッド ビークルの数の増加

質問: 自動車用スマートディスプレイ市場に関連する課題は何ですか?


自動車用スマートディスプレイ市場に関連する課題のいくつかは次のとおりです。

  • 車両全体のコストの増加 - 自動運転車は、多くの高度なセンサー、AI、および機械学習テクノロジの使用を含む自動運転テクノロジのために、通常、非常にコストがかかります。これらすべての技術コンポーネントのこの高価格により、車両の価格が上昇します。これに加えて、スマートディスプレイの設置により、誰にとっても手頃な価格ではない車両の価格が上昇します。

  • 複雑な機能の統合

  • 研究開発の高コスト

質問: 自動車用スマートディスプレイ市場はどのように分類されますか?

次のセグメントに分類されるプロピレンカーボネート市場;-

  • サイズ別

o   5 インチ未満

o   5 ~ 10 インチ

o   10インチ以上

  • 技術別

o   液晶ディスプレイ (LCD)

o   薄膜トランジスタ液晶ディスプレイ (TFT LCD)

o   有機発光ダイオード (OLED)

  • 自動運転別

o   半自律型

o   自律的

  • アプリケーション別

o   後部座席のエンターテイメント

 o   デジタル計器クラスター

 o   センタースタック

 o   ヘッドアップディスプレイ


質問: アプリケーションに基づいて、どのセグメントが最大の成長を記録していますか?


 世界の自動車用スマート ディスプレイ市場は、後部座席のエンターテイメント、デジタル インストルメント クラスター、センター スタック、およびヘッドアップ ディスプレイへのアプリケーション別に、需要と供給について分割および分析されています。これらのセグメントの中で、センター スタック セグメントは、2033 年末までに最大の収益を獲得すると予想されます。これは、世界中の自動車におけるセンター スタックのトレンドの急増に伴う車両数の増加に支えられています。 たとえば、センター スタック ディスプレイを搭載した自動車の数は、2012 - 2020 年の間に世界で約 25% から 50% 近くに増加しました。 ドライバーに情報と支援を提供するための技術の進歩により、センター スタック セグメントの成長に対する需要が高まっています。 インフォテインメント システムの存在、電子機器の使用、複数のスクリーン、およびテレマティクスにより、自動車でのセンター スタックの使用が促進されています。

質問: 自動車用スマートディスプレイ市場の主要プレーヤーは誰ですか? 市場における最近の進展にはどのようなものがありますか?

市場の主要プレーヤーは、Infineon Technologies AG, Nippon Seiki Co., Ltd., Continental AG, Denso Corporation, Nippon Seiki Co., Ltd., Infineon Technologies AG, Denso Corporation, Alps Alpine Co., Ltd., Robert Bosch GmbH, Visteon Corporation, Aptiv Global Operations Limited, ZF Friedrichshafen AG, Magna International Inc.、などです。

市場における最近の進展にはどのようなものはー

  • Continental AG は、同社が当初自動車用に設計した技術を路面電車用にヘッドアップディスプレイ(HUD)として開発したことを発表しました。同社の社内開発チームであるコンチネンタル・エンジニアリング・サービス(CES)が開発したこの新しいHUDは、道路交通における衝突事故の防止に役立つものです。

  • Infineon Technologies AG は、MEMS ミラーと MEMS ドライバーで構成される新しい MEMS スキャナー ソリューションを発表しました。その小型サイズと低消費電力は、拡張現実 (AR) ソリューションを自動車のヘッドアップ ディスプレイやウェアラブルなどの消費者向けアプリケーションでより広く利用できるようにするための基礎となっています。

 

 質問:自動車用スマートディスプレイ市場で有利な成長機会を提供すると予想される地域はどれですか?


 アジア太平洋地域の自動車用スマート ディスプレイ市場は、他のすべての地域の市場の中で、2033 年末までに最大の市場シェアを保持すると予測されています。市場の成長は、主に、この地域における強力な自動車ネットワークの存在、車両数の増加、および車両への高度運転支援システム (ADAS) の搭載の急増に起因する可能性があります。この地域の都市化の進展に伴う人口の増加は、市場の成長をリードすると予想されます。産業の数が増えることは、より多くの雇用機会につながります。 これにより、公共交通機関を増加させる仕事のために移動する人の数が最終的に増加すると想定されます。

会社について:  


 Research Nester(LAMORI PRIVATE LIMITED)目標は、効率的なビジネス ソリューションを提供することにより、クライアントが目標を達成できるよう支援することです。当社の調査アナリストとコンサルタントの多様なネットワークを通じて、クライアントが予算を含むビジネス評価のすべての重要な側面を理解し、世界中で戦略的なビジネス解決策を提供できるように支援します。RNPL は 30 か国以上で信頼と顧客基盤を獲得しており、他の経済への拡大にもさらに注力しています。当社は、クライアントに可能な限り最高のサービスを提供し、ビジネスの範囲を拡大するのを支援することを約束します。  

すべての画像


種類
調査レポート
ビジネスカテゴリ
自動車・カー用品その他
関連リンク
https://www.researchnester.jp/reports/automotive-smart-display-market/4639
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

LAMORI PRIVATE LIMITED

26フォロワー

RSS
URL
https://www.researchnester.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都 台東区上野3丁目20-8 小島ビルSBC 4 - 69
電話番号
50-5050-8480
代表者名
Naomi Kosugi
上場
未上場
資本金
-
設立
2016年11月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード