【JAF群馬】しっかり取り付けられているチャイルドシートは47.6%!正しく取り付けられていますか?~チャイルドシート取り付け点検会を実施します~

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)群馬支部(支部長 大山 駿作)は、11月19日(木)・20日(金)、支部駐車場(高崎市小八木町2040-2)にてチャイルドシート取り付け点検会を実施します。
 JAFでは警察庁と合同でチャイルドシート使用状況全国調査を実施しています。2019年6月に実施した着座状況調査結果では、乳幼児・幼児用のチャイルドシートが「しっかり取り付けられている」が47.6%で、「ミスユース」が52.4%となっています。(※)
 JAF群馬支部ではこうした現状をふまえ、チャイルドシート取り付け点検会を実施いたします。

※チャイルドシート使用状況調査(2019年調査結果 警察庁・JAF合同)
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2019-child-seat


チャイルドシート取り付け点検会概要
開催日時:11月19日(木)・20日(金)13:00~15:00(1台30分)
開催場所:JAF群馬支部(高崎市小八木町2040-2)
募集定員:各日3台(定員になり次第締め切りとなります)
参加条件:チャイルドシート付き車両の持ち込み、また、取扱説明書のご持参をお願いいたします。
参加費用:無料
締  切:11月12日(木)



 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF群馬】しっかり取り付けられているチャイルドシートは47.6%!正しく取り付けられていますか?~チャイルドシート取り付け点検会を実施します~