【DMM Bitcoin】リップル(現物)の新規取扱いを開始

DMMグループの株式会社DMM Bitcoin(本社:東京都中央区、代表取締役社長:田口 仁、仮想通貨交換業者:関東財務局長 第00010号 https://bitcoin.dmm.com/ )は、新たにリップル(現物)の取扱いを開始することをお知らせいたします。

■リップル(現物)の取扱いについての詳細
通貨名: XRP
取扱い開始時期:2019年7月10日(水) 18時00分から
サービス: 上記時期より、リップル(現物)の取扱いを開始し、「現物取引」にてのお取引が可能となります。
(※「レバレッジ取引」のリップルに関しましては、既にサービス中でございます。今後も従前どおり、お取引いただけます。)


 


▼「DMM Bitcoin」について
レバレッジ取引の取扱い通貨種類 No.1のDMM Bitcoin!(※1)
まずは簡単メール登録!口座申込は最短5分。様々なお取引の手数料も無料(※2)。365日サポートで初心者でも安心!
※1:2019年6月現在、国内仮想通貨交換業者のWEBサイト調べ
※2:レバレッジ取引においては、建玉を翌営業日に持ち越した場合のみ、建玉金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料が発生します。

▼「DMM Bitcoin」公式サイト
https://bitcoin.dmm.com/

=============

お客様のログイン情報(お客様番号、メールアドレス、パスワード、認証コード等)はお客様の責任により厳密に管理をお願いいたします。
他サービスと同一のパスワード、推測されやすいパスワード等は使用しないでください。
PCからのログインにおいては2段階認証の設定、スマートフォンアプリからのログインにおいては2要素認証(端末の認証機能)の設定を強く推奨しております。
当社は「仮想通貨の出庫時」の2段階認証を必須としておりますが、「ログイン時」、「仮想通貨出庫アドレスの登録時」、「日本円出金時」についても2段階認証設定を強く推奨しております。

=============

・仮想通貨交換業者の登録状況は下記のURLをご確認ください。
https://www.fsa.go.jp/menkyo/menkyoj/kasoutuka.pdf

・本一覧に記載された仮想通貨交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該仮想通貨交換業者の説明に基づき、資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
・金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。
・暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

≪暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点≫
○ 暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
○ 暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落し、損をする可能性があります。
○ 暗号資産(仮想通貨)交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。利用する際は登録を受けた事業者か金融庁・財務局のホームページで確認してください。
○ 暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者が金融庁・財務局から行政処分を受けているかを含め、取引内容やリスク(価格変動リスク、サイバーセキュリティリスク等)について、利用しようとする事業者から説明を受け、十分に理解するようにしてください。
○ 暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)の持つ話題性を利用したり、暗号資産(仮想通貨)交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法にご注意ください。

▼会社情報
株式会社DMM Bitcoin
〒103-6010
東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00010号
加入協会:一般社団法人日本仮想通貨交換業協会

▼本件に関するお問い合わせ先・お客様サポートページ
https://bitcoin.dmm.com/support

 
  1. プレスリリース >
  2. 合同会社DMM.com >
  3. 【DMM Bitcoin】リップル(現物)の新規取扱いを開始