恋愛小説の名手・鈴木大輔が描く夏の恋の物語『……なんでそんな、ばかなこと聞くの?』、「ダ・ヴィンチ」にて連載開始!

株式会社KADOKAWA(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:松原眞樹、以下KADOKAWA)は、「ダ・ヴィンチ」2017年8月号より、関連書籍の累計発行部数が100万部を超えるライトノベル作家・鈴木大輔氏(代表作『文句のつけようがないラブコメ』など)による初の一般文芸小説『……なんでそんな、ばかなこと聞くの?』の連載を開始したことをお知らせいたします。
作家本人の出身地でもある岐阜で、日本三大盆踊りの一つでもある『郡上踊り』でも有名な『郡上』を舞台にした青春恋愛小説で、イメージイラストはイラストレーター・白身魚氏(代表作『ココロコネクト』)が担当しています。今後3ヶ月連続での連載を予定しています。

〈あらすじ〉
高校生、藤沢大和(ふじさわ・やまと)はある日――死んだ。
しかし、幼なじみの少女、青山凛虎(あおやま・りんこ)はこう告げる。
「わたしがちゃんと生き返らせる。死なせないよ『今度は』」と。
――これは『終わりの物語』だ。郡上踊りが終わるまでの間、死と生が入り混じるこの場所で、『なぜ死んでしまったかも忘れ』そこに存在している大和。そして、『ある秘密』を抱えながらも、大和を生き返らせようとする凛虎。不器用で、真っ直ぐで、凛としたひと夏が今――「終わる」。

恋愛小説の名手が紡ぐ、夏の奇跡の物語。

■「ダ・ヴィンチ」……株式会社KADOKAWA発行の「本とコミックの情報誌」。毎月6日発売。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 恋愛小説の名手・鈴木大輔が描く夏の恋の物語『……なんでそんな、ばかなこと聞くの?』、「ダ・ヴィンチ」にて連載開始!