美容医療検索・予約サービス「キレイパス byGMO」が2021年の「美容医療年間人気ランキング」を発表

~今年最も購入された美容医療チケットは、肌質改善の「ダーマペン」~

 GMOインターネットグループのGMOくまポン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋 良輔)が運営する、美容医療チケット掲載数No.1(※1)の美容医療の検索・予約サービス「キレイパス byGMO」(URL:https://kireipass.jp/)は、利用者のデータにもとづき、2021年の「美容医療年間人気ランキング」を発表いたします。


 近年、美容医療市場では、美容整形などの外科的施術よりもさらに手軽でリーズナブルな非外科的施術(美容皮膚科等)の比率が高まり、注目が寄せられています。(※2)また、コロナ禍におけるテレワークの拡大でパソコン画面に映る自分の顔を見る機会が増えたことや、マスク着用による肌荒れの影響から、美容医療施術のニーズが高まっていると考えられ、「キレイパス byGMO」においても2021年の購入件数は昨年比251%となっています。

(※1)2020年3月31日 日本マーケティングリサーチ機構調べ
(※2)出典元:株式会社矢野経済研究所 プレスリリース 2021年6月28日
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2738
 
  • 【「キレイパス byGMO」美容医療年間人気ランキング2021】
調査期間:2021年1月1日(金)~2021年11月30日(火)
調査方法:「キレイパス byGMO」でのチケット購入件数を基に抽出

<トピックス>
1.美容の悩みランキング
2.気になる部位ランキング
3.人気施術ランキング
4.世代別人気施術ランキング
5.男性に人気の施術ランキング

 
  • 【1】美容の悩みランキング

 1位となったのは【美肌】に関する悩み。特に、毛穴の開きや黒ずみ、ニキビ跡など、肌質そのものを改善したいと願う利用者の方が多かったようです。コロナ禍でのマスク着用による乾燥や摩擦によって引き起こされる肌荒れも、1位の結果に起因していると言えそうです。
 2位には【しわ・たるみ】がランクインしました。加齢に伴うこれらの悩みへの対策としては、切らないリフトアップとして知られる施術の「HIFU(ハイフ)」や、表情じわの改善が期待できる「ボトックス注射」などが人気を博しています。
 
  • 【2】気になる部位ランキング

 「気になる部位」の1位にランクインした【肌】に関する施術は、調査対象期間中の「キレイパス byGMO」購入件数全体の70%以上を占めました。
 また、2位の【口元】では「ホワイトニング」の施術が特に人気で、中でも歯科医院やクリニックで行う「オフィスホワイトニング」が支持されています。コロナ禍においてマスクで口元を覆う機会は増えた一方で、テレワーク拡大により、ビデオ会議システムなどで自身の顔をアップで映す機会が増えたことも影響していると言えそうです。
 
  • 【3】人気施術ランキング

 1位に輝いた【ダーマペン】は髪の毛より細い針で皮膚に微細な穴を開け、肌の自然治癒力を高める施術です。ニキビ跡や、毛穴の開きなどの改善が期待できます。2021年は夏以降にその人気が急上昇し、現在でも他施術と圧倒的な差をつけて人気の施術となっています。毛穴やニキビ跡で悩む方が多い点に加え、SNSなどメディアでの紹介も多く、世間の注目が集まった結果と言えます。
 2位には医療施術においてシーズンを問わず根強い人気を誇る【医療脱毛(VIO)】がランクイン。また、3位の【ハイドラフェイシャル】は毛穴の汚れを水流の力で洗浄しながら、肌質改善に有効な美容成分を補給する施術です。首位の【ダーマペン】と同様に特に夏に人気が高まり、毛穴に関するトラブルを改善する効果が期待できることから、先述の<1.美容の悩みランキング>とも相関がありました。ダウンタイムがほとんどないため、肌質を問わず受けられることも人気の理由の一つといえます。

 
  • 【4】世代別人気施術ランキング

 10代は首位に【ピアスの穴あけ】がランクインし他の世代とは一線を画す結果になった一方で、20代、30代では【ダーマペン】が揃ってトップに。さらに、20代後半から増え始める”シミ予備軍”に効果があるとされる、【ピコレーザートーニング】もランクインしました。
 また、40代、50代では【HIFU(ハイフ)】や【ボトックス】、【ショッピングリフト】がランクインし、しわ・たるみなどを改善するいわゆる“エイジングケア施術”の人気が顕著でした。
 一方で、年代を問わず人気だったのが【医療脱毛(VIO)】。おしゃれとしての用途だけでなく、最近では「介護脱毛」を目的として40代以降の女性や男性にも注目されています。(※3)(※4)

(※3) 出典元:『ゴリラクリニック』/医療法人社団十二会 プレスリリース 2021年11月9日
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000110.000004342.html
(※4) 出典元:「女性自身」 2021年11月2日号
https://jisin.jp/entertainment/entertainment-news/2029276/

 
  • 【5】男性に人気の施術ランキング

 最近では男性の美容医療にも注目が寄せられています。「キレイパス byGMO」では男性も利用可能な施術を扱っており、中でも人気なのは【ダーマペン】や【ハイドラフェイシャル】などの肌質改善系の施術でした。髭などの身だしなみを用途とした医療脱毛以外でも、自身のよりベストなコンディションを更新する美容を意識する男性が増えているようです。
 
  • 【まとめ】
 男女ともに「毛穴」や「ニキビ跡」で悩む方が多く、それに関連する施術の人気が高い結果となりました。特に【ダーマペン】の人気が顕著で、数日間のダウンタイムを伴う施術であっても、理想の肌を目指す美意識が男女ともに高まっているようです。
 また、普遍的ともいえる「しわ・たるみ」に関する悩みも多く、【HIFU(ハイフ)】【ボトックス】などのエイジングケアが期待できる施術が人気でした。
   全国の美容クリニックで施術を受けられるチケットを多数掲載しています。利用者は美容の悩みや希望のエリアなどを選択するだけで、自分に最適なチケットを簡単に検索・予約できます。掲載している施術は、美肌レーザーや毛穴改善などの肌メンテナンス系の施術が中心です。2018年のサービス開始以降、2021年11月末時点で利用者数は200万人を超え、女性・男性ともに多くの方にご愛用いただいております。また、利用者が購入できるチケットの掲載数は、2020年3月末時点の2,809件から、2021年3月末時点にはその倍を超える5,856件となり、ご利用いただく美容クリニックの数も増えています。 
 
  • 【GMOくまポン株式会社について】
 「インターネットを通じて人々の生活を笑顔で楽しいものに」をミッションに掲げ、2010年11月からクーポン共同購入サイト「くまポン byGMO(URL:https://kumapon.jp/)」を運営しています。また、2018年11月からは「くまポン byGMO」で培った販売ノウハウを活かし、美容医療に特化したチケット購入サイト「キレイパス byGMO」を運営し、2020年3月には美容医療のチケット掲載数No.1となっています。両サービスは、GMOインターネットグループの共通ポイント「GMOポイント」と連携しているため、購入でポイントが貯まり、貯まったポイントは次回の購入時にはもちろん、GMOインターネットグループの各種サービスにてご利用いただけます。
 GMOくまポンは、今後も多くの人々の生活を笑顔で楽しいものにすることを目指し、「くまポンbyGMO」と「キレイパス byGMO」のサービスの充実に努めてまいります。


以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. GMOインターネットグループ >
  3. 美容医療検索・予約サービス「キレイパス byGMO」が2021年の「美容医療年間人気ランキング」を発表