SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla 3機種を発売

パナソニック SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla CN-G1300VD(車載イメージ)パナソニック SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla CN-G1300VD(車載イメージ)

 

パナソニック株式会社 オートモーティブ社(以下、パナソニック)は、SSDポータブルカーナビゲーション「ゴリラ」の新製品3機種を2019年6月上旬から発売します。

近年、ドライバーの高年齢化が進み、一時停止など標識の見落としによる交通事故への対策が喫緊の課題となっています。パナソニックのポータブルカーナビユーザーも半数以上が50歳を超え(※1)、安全・安心な運転をサポートする機能の充実が求められています。

本製品は、最新の2019年度版地図を搭載。近年増加している誘導カラーレーンまでリアルに再現し、交差点拡大図を更に充実させ、早めの進路変更を促します。高速分岐案内図も、実際の道路案内に即し、ナンバリングに対応しました。また、一時停止など標識の見落としを音とアイコンで注意喚起する「安全・安心運転サポート」機能を搭載し、交通事故や交通違反の未然防止を促します。

最上位機種のCN-G1300VDは、3年間の無料地図更新(※2)に対応。2020年夏に東京で開催されるオリンピック・パラリンピックに向けて、続々と開通が見込まれる新規道路もカバーします。また、交通情報サービス「VICS WIDE」(※3)を活用した「スイテルート案内」も搭載。渋滞を避けたルートを自動で探索し、案内します。

「ゴリラ」は発売以来、カーナビ専用機として高い測位精度や使いやすさ等の基本性能にこだわってきました。地図情報・案内のさらなる充実で、安全・安心なドライブをサポートします。

<特長>
1. 最新の2019年度版地図を搭載。誘導カラーレーンまでリアルに再現した交差点拡大図等が更に充実。3年間の無料地図更新(※2)(CN-G1300VDのみ)に対応
2.「安全・安心運転サポート」機能で中高年や運転が苦手なドライバーのヒヤリハットを未然に回避。一時停止や制限速度等の見落としがちな道路標識情報を事前にお知らせして注意喚起
3. 交通情報サービス「VICS WIDE」(※3)に対応。最新の交通情報を基に、渋滞を回避するルートを自動で探索・案内する「スイテルート案内」を搭載(CN-G1300VDのみ)

【品名】SSDポータブルカーナビゲーション
【愛称】Gorilla(ゴリラ)
【品番】CN-G1300VD/CN-G730D/CN-G530D
【希望小売価格】オープン価格
【発売日】2019年6月上旬

※1 パナソニックユーザーアンケート(2019年2月実施)による。
※2 更新対象は道路データ/音声案内データ/案内画像データ/逆走検知データ。(市街詳細地図・検索データを除く)更新期間は2022年7月末まで。
※3「VICS WIDE」は一般財団法人 道路交通情報通信システムセンターが提供する交通情報サービスです。

【お問い合わせ先】
お客様ご相談センター
フリーダイヤル:0120-50-8729(受付時間 9:00から18:00 365日)

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla 3機種を発売(2019年5月14日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2019/05/jn190514-1/jn190514-1.html

<関連情報>
・パナソニック カーナビ/カーAV
https://panasonic.jp/car/index.html
  1. プレスリリース >
  2. パナソニック >
  3. SSDポータブルカーナビゲーション Gorilla 3機種を発売