SDGsで戦争の悲劇を止めたい! 『SDGsで見る 現代の戦争』発売

第二次世界大戦後から現在までの戦争。その原因、経過、結果をSDGsの視点から分析する。SDGsは戦争を予防し、止めることができる!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:南條達也)は、2021年8月26日(木)に『SDGsで見る 現代の戦争』を発売いたします。

 テレビやネットのニュースでよく聞く「SDGs」。なんだか難しそうで、よくわからないけど、何かいいことなんだろうな? という方も多いかもしれません。SDGsは「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals)」という英語の略です。「このままでは地球を次世代に受けつぐことはできない」という危機感のもとに、2015年9月に国連で採択された、2030年までにより良い未来をつくるために決まった17個の目標のことです。

■SDGsと戦争、どんな関係があるの?
 貧困や飢え、不平等、不健康、環境汚染など多くの問題が、現在進行形で世界中にあります。そうした問題を解決するための目標がSDGsなのですが、達成をさまたげる大きな要因のひとつが戦争です。戦争は多くの人の命を奪うだけではなく、貧困をもたらし、不平等を推し進め、環境を破壊するのです。

戦争が残す様々な問題。これらは戦争が終わっても、終わらない戦争が残す様々な問題。これらは戦争が終わっても、終わらない



■SDGsは戦争、紛争、様々な争いを止められる!
 SDGs達成のさまたげとなる戦争。しかし、SDGsを達成することで、貧困や差別、環境問題などが解決に近づければ、戦争の原因を減らし、予防することもできるようになるのです。本書では、読者がなぜ戦争が起きるのかを知り、そしてSDGsを通じてその解決について考え、実践につなげる構成になっています。

SDGsの目指すものを知り、そして読者がどのように実践するかを提案SDGsの目指すものを知り、そして読者がどのように実践するかを提案


■第二次世界大戦後の戦争について知り、その影響を学ぶ
 本書では、第二次世界大戦後に起きた、または現在も続く主な戦争・紛争について学ぶことができます。1章では湾岸戦争、コンゴ内戦、ナイル川の水紛争、シリア内戦、アフガニスタン紛争をテーマに、なぜ戦争や争いが起きたのか、なぜ問題が続いているのか、どのような影響を後世に残したのかを知り、SDGsの観点から分析し、問題の解決に何が必要かを提示する構成です。

コンゴ内戦の原因のひとつ、紛争鉱物について解説。残された課題として女性への暴力をとりあげているコンゴ内戦の原因のひとつ、紛争鉱物について解説。残された課題として女性への暴力をとりあげている


 2章では世界各地の戦争、紛争、争いを解説、1章で得られた知見をもとに考える内容になっています。

イラク戦争について、図や写真で分かりやすく解説。現在も続くアフリカでの争いについてまとめたコラムページもありますイラク戦争について、図や写真で分かりやすく解説。現在も続くアフリカでの争いについてまとめたコラムページもあります


[商品概要]
『SDGsで見る現代の戦争』
監修:伊勢﨑賢治 関正雄
定価:6,600円 (税込)
発売日:2021年8月26日(木)
判型:A4変型判/168ページ
電子版:なし
ISBN:978-4-05-501342-0
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/1450134200


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon  https://www.amazon.co.jp/dp/4055013426
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16583709/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. SDGsで戦争の悲劇を止めたい! 『SDGsで見る 現代の戦争』発売