TV他で話題沸騰した、犬と人の奇跡がここに……。『マンガ 看取り犬・文福の奇跡』発売!!

「ペット好きじゃなくても感動する!」「涙があふれて止まらない」等々、発売後に広く注目された大ヒット書籍を初のコミカライズ!!

株式会社 学研ホールディングス(東京・品川/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研プラス(東京・品川/代表取締役社長:南條達也)は、2021年9月2日(木)に『マンガ 看取り犬・文福の奇跡』を発売いたします。

 

  • 【心がじんわり温まり、涙腺も緩む……犬と人の奇跡のマンガ!】


TV、新聞、雑誌などで数多く取り上げられている「日本で唯一、ペットと入居できる特別養護老人ホーム」さくらの里山科。そこに人間と住み、その最期を察知して寄り添う保護犬を主人公にした原作書籍「看取り犬・文福 人の命に寄り添う奇跡のペット物語」は、発売後すぐに大きな反響を呼びました。本書はその内容を大きく読みやすいコマ絵、セリフでコミカライズした待望の新刊です。

かつて人間に捨てられ、命を失いかけた「看取り犬」文福と、ともに暮らす仲間の犬たち、そして晩節を迎えた入居者たちが織りなす実話には、犬と人間の絆の深さや優しさ、温かさがギュッと詰まっています。その奇跡のストーリーを気鋭の漫画家である北村永吾氏が鮮やかに描き出した本書は、物語内に登場する出演者と同世代の高齢者のみならず、ペット好きな子ども、若者にも幅広くおすすめしたい一冊です。
 

↑人間の命のともし火が消える瞬間を知り、そっと寄り添う文福の姿に、愛おしさ、美しさを感じ、思わず涙してしまう人々も少なくありません。↑人間の命のともし火が消える瞬間を知り、そっと寄り添う文福の姿に、愛おしさ、美しさを感じ、思わず涙してしまう人々も少なくありません。


■目次

はじめに こんにちは 文福です!!
第1話 看取り犬・文福─奇跡の保護犬
第2話 文福が紡いだ家族の絆
第3話 文福を信じて思い出の港へ
第4話 殴られても寄り添い続けた文福
第5話 愛犬と難病に立ち向かう
第6話 余命3カ月の入居
おわりに 夜明けの散歩

■著者プロフィール

原作 若山三千彦

1965年、神奈川県生まれ。横浜国立大学教育学部卒業。世界で初めてクローンマウスを実現した実弟、若山照彦を描いた『リアル・クローン』で第6回小学館ノンフィクション大賞優秀賞を受賞。2012年に神奈川県横須賀市に特別養護老人ホーム『さくらの里山科』を設立。全国でも稀な、ペットと暮らせる特別養護老人ホームとして運営する。

漫画 北村永吾

1967年、大阪府生まれ。1992年に『課長さんの冒険』で小学館ビッグコミックスピリッツ賞佳作に入選し、漫画家デビューする。その後、土田世紀のアシスタントを経て、独立。代表作に『Dr.らいおん・子供のこころのお医者さん』,『DESERT 〜都市砂漠〜』(まんが王国)等がある。

[商品概要]
『マンガ 看取り犬・文福の奇跡』
原作:若山三千彦
漫画:北村永吾
定価:1,390円(税込)
発売予定日:2021年9月2日(木)
判型:四六判/240ページ
電子版:あり
ISBN:978-4-05-801671-8
発行所:(株)学研プラス
学研出版サイト:https://hon.gakken.jp/book/2380167100


【本書のご購入はコチラ】
・Amazon https://www.amazon.co.jp/dp/405801671X
・楽天ブックス https://books.rakuten.co.jp/rb/16782531/
・セブンネット https://7net.omni7.jp/detail/1107214506
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. TV他で話題沸騰した、犬と人の奇跡がここに……。『マンガ 看取り犬・文福の奇跡』発売!!