国土交通省東北地方整備局と「災害対応に関する協定」を締結

~大規模地震や雪害などの災害対応時に備えて~

イオンは、国土交通省東北地方整備局と、大規模地震や雪害などの災害対応時に備え、早期の復旧を可能にする災害対応を実施 することを目的に、「災害対応に関する協定」を、本日、締結しました。
本協定により、イオンは、東北地方整備局の要請に基づき、災害対応時の活動に必要な 拠点となる駐車場・店内施設のスペース及び食料品、資機材などを提供します。 また、東北地方整備局は、災害復旧の目的でイオンの建物を使用する際に、建物の安全性を判定するための助言を行います。平時においては、災害に関する情報の共有、災害対応の 向上のための講習会などへの講師の相互派遣、防災訓練への協力など、東北地方整備局と イオンが連携して災害対応を行ってまいります。

イオンは、有事の際も地域のお客さまのくらしを支え、社会インフラの役割を果たすべく、これまでも巨大地震や津波を想定した大規模な防災訓練を継続的に実施するなど、事業 継続に備える取り組みを積極的に進めてきました。また、「イオンBCM(事業継続マネジメント)プロジェクト」では、「情報インフラの整備」「施設における安全・安心対策の強化」「サプライチェーンの強化」「事業継続向上に向けた訓練」「外部連携の強化とシステム」の5つを重点分野として継続的に取り組んでいます。

イオンは、本協定の締結により、地域社会へのさらなる貢献を目指すとともに、今後も、地域のお客さまのくらしを支えるライフラインとしての社会的責任を果たしてまいります。

<本協定で相互協力を行う主な内容>
・災害に関する情報の共有
・災害対応時に必要な店舗敷地などの活用
・災害対応時に必要な食料・資機材などの確保
・災害対応の向上のための講習会・研修時の講師の派遣
・防災訓練への参加・協力

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イオン株式会社 >
  3. 国土交通省東北地方整備局と「災害対応に関する協定」を締結