やる気スイッチグループと学研塾ホールディングスが、次世代型学習モデルの開発・展開に向けて合弁会社を設立

AIを活用した個別最適化学習システムと「やる気スイッチ」の入る指導メソッドを融合。2021年9月より事業スタートし、VUCAの時代に求められる自立的に学ぶ力を育む。

株式会社 学研ホールディングス(東京都品川区/代表取締役社長:宮原博昭)のグループ会社、株式会社 学研塾ホールディングス(東京都品川区/代表取締役社長:福住一彦、以下、学研塾ホールディングス)と総合教育サービス事業の株式会社やる気スイッチグループ(東京・中央区、代表取締役社長:高橋 直司、以下、やる気スイッチグループ)は、このたび、次世代型学習モデルの開発と展開を行う合弁会社(以下、新会社)を設立しました。

 


新会社は、学研塾ホールディングスのAIを活用した個別最適化学習システムと、やる気スイッチグループの「やる気スイッチ」の入る指導メソッドを融合し、自立的に学習するための、次世代型学習モデルを開発・展開します。新会社による新しい学習モデルは、まずはグループ施設の一部の中学生会員を対象に、既存のサービスに付加するコンテンツとして提供します。

現代社会はVUCA*の時代と言われ、正解のない問いに答えを出す問題解決力が求められています。新会社が展開する新しい学習モデルは、コロナ禍を経験して社会や価値観が変化する中、子どもが自立的に学ぶ力を育成します。

■新会社の概要
会社名:株式会社YGC
所在地:東京都品川区
代表者:代表取締役社長 渡辺 栄 (株式会社やる気スイッチグループより出向)
    代表取締役会長 山下 徹二(兼務:株式会社学研塾ホールディングス取締役)
設立年月日:2021年9月10日
主な事業内容:各種教室への次世代型学習コンテンツの提供、及び、新たな教室パッケージの開発と展開
ホームページ:   https://ygc-edtech.com

■学研塾ホールディングス 代表取締役社長 福住一彦のコメント:
この度のやる気スイッチグループとの新たな取組は、両社の強みを最大限に活かして教育の世界で長年の課題であった「個別最適化」の実現に大きく寄与できるものになると確信しています。これによって全国の子どもたち一人ひとりの学力向上に資することができると考えています。

■やる気スイッチグループ 代表取締役社長 高橋 直司のコメント:
教育業界でも有数の学研グループとやる気スイッチグループの共同事業に大きな可能性を感じています。両社の知見をかけ合わせて、これからの時代に求められる新たな学習モデルを開発・展開し、一人でも多くの子どもたちの可能性を拡げられるよう、新事業を支援してまいります。

学研塾ホールディングスは、学習サービス大手の株式会社学研ホールディングスのグループ企業として2010年に設立、学研グループの教室・塾事業をはじめとする、総合的な教育支援事業を行っています。同社のAIを活用した個別最適化学習システムは現在までに1万人を超える生徒に提供。同社はまた、EdTech分野においてもさまざまな教材を展開しています。やる気スイッチグループは、40年以上にわたり培った指導メソッドを、個別指導学習塾をはじめとした7つのスクールブランドに導入し、国内外に1900以上の教室を設け、11万人以上の会員を擁しています。

*VUCA: Volatility(不安定さ)、Uncertainty(不確定さ)、Complexity(複雑性)、Ambiguity(不明確さ)の略


株式会社学研塾ホールディングス

学研塾ホールディングスは、学研グループの教室・塾事業を統括する教育部門の中間持ち株会社となります。

・教室事業:幼児から高校生を対象とし全国約16,000拠点に展開する「学研教室」を始め、幼稚園や保育園、子ども園で、もじ・かず・ちえ・かがくの授業を行う「学研幼児教室」、ショッピングセンター内で展開する「めばえ教室」など、全国各地の様々な施設で教育サービスを提供しています。

・塾・家庭教師事業:子どもたちの学びをしっかりとサポートする学習塾・進学塾の運営及び、家庭教師派遣サービス事業を全国・海外(シンガポール、台湾、ベトナム、タイ等)に展開しています。また、セグメント内で連携して、常にそれぞれの子どもに最適な新しい学びの在り方を追求しています。国内外に約450教室を展開しています。

・塾用教材:新しい学びに合わせたオリジナルの学習教材を開発しています。従来型の紙の教材から、動画を含めたデジタルの教材まで、場面や目的に合わせて、教材と指導の両輪でお子さまに最適な学びを提供します。


株式会社やる気スイッチグループ

やる気スイッチグループは、個別指導学習塾「スクールIE®」や知能育成(知育)と受験対策の幼児教室「チャイルド・アイズ®」、子ども向け英語・英会話スクール「WinBe®(ウィンビー)」、英語で預かる学童保育「Kids Duo®(キッズデュオ)」、幼児・小学生向けスポーツ教室「忍者ナイン®」、バイリンガル幼児園「キッズデュオインターナショナル(KDI: Kids Duo International®)」「アイキッズスター(i Kids Star®)」の7つのスクールブランドを展開する総合教育サービス会社として、現在国内外で1,900以上の教室を展開し、11万人以上の子どもたちの学びをサポートしています。2020年には「プログラミング教育 HALLO powered by Playgram x やる気スイッチ™」「英語みらいラボ 能見台」「思考力ラボ」といった新しい学びのサービスを立ち上げました。

やる気スイッチグループは、一人ひとりが持つ"宝石"を見つけ、その無限の可能性を引き出すことで、世界中の子どもたちの夢と人生を応援します。公式サイトURL:https://www.yarukiswitch.jp/

やる気スイッチグループは、私たちと共に子どもたちの学びを支援していくフランチャイズオーナーを募集しています。フランチャイズオーナー募集サイトURL: https://www.yarukiswitch.jp/fc/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 学研ホールディングス >
  3. やる気スイッチグループと学研塾ホールディングスが、次世代型学習モデルの開発・展開に向けて合弁会社を設立