WOWOWトニー賞コンサート:東京でブロードウェイの風が吹く、ミュージカル愛が伝わる一夜限りの“春の夜の夢”

3月18日(土)、東京国際フォーラム、ホールAにて行われたWOWOW開局25周年記念「トニー賞コンサートin Tokyo」。約5000人入る会場は、びっしりと埋め尽くされ、満席。世界最高峰の演劇賞、トニー賞が70年の歴史の中で初めて日本で“公認”したコンサートであり、ブロードウェイから来日したゲストも本気度が違う。

 

「王様と私」でトニー賞ミュージカル主演女優賞受賞したブロードウェイ最高の歌姫ケリー・オハラと、「glee/グリー」のウィル・シュースター役で一躍世界的スターになったマシュー・モリソンが初来日。主演をすればチケットが完売する人気、実力共にトップクラスのスターがそろう貴重な機会だ。そして、日本ミュージカル界のプリンス井上芳雄と、数々の名作ミュージカルでヒロインを演じる濱田めぐみが出演。日米のトップスターが夢のコラボレーションで、一夜限りの“春の夜の夢”を見せてくれる。
 

そして、いよいよ幕が開く。まず、井上芳雄が登場し「キャバレー」の “Willkommen”で観客を出迎える。このナンバーは、同作品のMC役が客を夢の世界へ誘う曲として有名。井上はMC役さながらの軽快なトークと「ようこそ、悩みなんてどこかに捨てちゃえ」という歌で、観客をミュージカルの世界へと引き込んでいく。そこから一気にブロードウェイの風が吹き込む。

 

 

 

マシューが、軽快なダンスと歌で観客を沸かせれば、ケリーが美しいソプラノでしっとり美しい時間へと誘う。「雨に唄えば」、「マイ・フェア・レディ」、「レ・ミゼラブル」、「グリース」、「ヘアスプレー」、「サウンド・オブ・ミュージック」などなど、言葉を超え4人のスターが名作ミュージカルのナンバーを全30曲、惜しみなく披露してくれる。さらにマシューは「glee/グリー」から、ケリーは渡辺謙と共演した「王様と私」から特別な曲を歌い上げてくれる。

 


悲しみや喜び、幸せや人生の大切なことを歌にのせ、1曲ワンシーンを演じ、世界を作り出してくれる4人のスターたち。それは童話集のように大切な寓話が詰まったようなひと時であり、彼らが語り部となってミュージカルの魅力を全身全霊で伝えてくれる。もっとミュージカルの魅力を知ってほしい、そんな熱い思いがこもった春の夜の夢。ミュージカル・ファンはもちろん、今までミュージカルにあまり馴染みがなかった人にもぜひ、観てほしいコンサートだ。「この歌、ミュージカルの歌だったんだ!」という発見があるはず!
 


生中継を見逃してしまった方は、4月27日(木)
WOWOWライブをお見逃し無く!

トニー賞コンサート in TOKYO
4月27日(木)夜8:00
出演:ケリー・オハラ、マシュー・モリソン、井上芳雄、濱田めぐみ
会場:東京国際フォーラム ホールA
http://www.wowow.co.jp/stage/tonyconcert/


 

 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. WOWOWトニー賞コンサート:東京でブロードウェイの風が吹く、ミュージカル愛が伝わる一夜限りの“春の夜の夢”