992ページの大ボリューム! Excel VBAの全機能を完全網羅した『できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』を3月5日に発売

インプレスグループでIT関連メディア事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小川 亨)は、Excel VBAの全機能を網羅した『できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』を2021年3月5日に発売します。

 


■どんな場面でもすぐに役立つExcel VBAの事典
「Excel」はデータの管理や資料作成などで使われる、ビジネスに欠かせないソフトの1つです。プログラミング言語「VBA」を使えば、Excelで行う作業を自動化できるため、「時短」や「効率化」が求められる今、VBAを使ったプログラムの記述方法を覚えることは業務効率化には欠かせません。このような市況を背景にこの度、Excel VBAの全機能を網羅した『できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』を刊行します。

■サンプルを使った構文の実用例を解説
プログラミングの知識や構文の理解など、基本だけを覚えても柔軟にプログラムを記述するのは難しいもの。自分の思い通りにプログラムを作成するには、使用したい機能の構文や、各構文の処理対象である「オブジェクト」、処理の詳細を設定できる「引数」などを知ることも必要です。そこで本書ではプログラムの構文と構文に設定する項目を紹介したのち、構文で紹介した機能を使った実用的な使用例を解説。この使用例ではコードの1行ごとに意味や処理内容を解説し、どのような処理が実行されるのか画面写真とともに説明しています。また、使用例にはサンプルファイルが必ず付いており、自分の手元でコードや処理の実行結果を確認できるため、理解しながら読み進められます。
 

各構文の解説では指定するオブジェクトや引数、エラーを防ぐ方法などを丁寧に説明各構文の解説では指定するオブジェクトや引数、エラーを防ぐ方法などを丁寧に説明



■入門書を卒業した方にも! 高度な操作も多数掲載
マクロの記録機能では不可能でもExcel VBAなら複雑な処理ができるのも便利な点の一つ。本書ではクラスモジュールを使用し、ユーザー独自のプログラムを作成する方法や、VBAでWebスクレイピングを実行する方法など、高度な操作も多数解説しています。初心者に役立つのはもちろん、入門書を読み終えた中級ユーザーや、中級者へとステップアップしたい方にも適した1冊です。
 

あらゆる情報がネット上にある今、「Webスクレイピング」は覚えて損なし!あらゆる情報がネット上にある今、「Webスクレイピング」は覚えて損なし!



■購入特典として検索しやすい電子版PDF付き
購入特典として、電子版PDFもダウンロードできます。知りたい項目を検索して拾い読みしたり、スマホやタブレットなどに保存して手軽に参照したりすることができます。
 

PDFなら調べたいプロパティやメソッドを簡単に検索できるPDFなら調べたいプロパティやメソッドを簡単に検索できる



◇このような人におすすめです
  • VBAの基礎から応用方法まで網羅的に勉強したい人
  • Excelを使ってVBAで作業を自動化したい人
  • Excel VBAの入門書を読み終えた中級ユーザー
  • VBAの細かい機能も使いたい人

■目次
第1章 マクロの基礎知識
第2章 VBAの基礎知識
第3章 プログラミングの基礎知識
第4章 セルの操作
第5章 ワークシートの操作
第6章 Excelファイルの操作
第7章 高度なファイルの操作
第8章 ウィンドウの操作
第9章 データの操作
第10章 印刷
第11章 図形の操作
第12章 グラフの操作
第13章 コントロールの使用
第14章 外部アプリケーションの操作
第15章 VBA関数
第16章 そのほかの操作

■書誌情報

書名:できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応
著者:国本温子・緑川吉行&できるシリーズ編集部
定価:4,378円(本体 3,980円+税10%)
電子版価格:4,378円(本体 3,980円+税10%)※インプレス直販価格
発売日:2021年3月5日(金)
ページ数:992ページ
ISBN:978-4-295-01095-1
◇Amazonの書籍情報ページ:https://www.amazon.co.jp/dp/4295010952/
◇書誌情報:https://book.impress.co.jp/books/1120101091
◇書影ダウンロード:https://dekiru.net/press/501095.jpg

■著者プロフィール
国本温子(くにもと あつこ)
テクニカルライター、企業内でワープロ、パソコンなどのOA教育担当後、OfficeやVB、VBAなどのインストラクターや実務経験を経て、フリーのITライターとして書籍の執筆を中心に活動中。主な著書に『できる逆引き Excel VBAを極める勝ちワザ700 2016/2013/2010/2007対応』『できるAccessクエリ&レポート データの抽出・集計・加工に役立つ本 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』(共著:インプレス)『手順通りに操作するだけ! Excel基本&時短ワザ[完全版] 仕事を一瞬で終わらせる 基本から応用まで 177のワザ』『Excel マクロ&VBA [実践ビジネス入門講座] [完全版]』(SBクリエイティブ)などがある。

緑川吉行(みどりかわ よしゆき)
Excelを中心とした書籍の企画・執筆・編集に携わった後、プログラマーとしてExcel VBA三昧の日々を過ごす。その後、JavaによるWebアプリケーション開発に携わり、システム開発に関するスキルを磨く。現在は、システムエンジニアやプログラマー向けの研修講師として活動する一方、ITライターとしても活動中。All Aboutにて「エクセル(Excel)の使い方」「Excel VBAの使い方」「アクセス(Access)の使い方」のガイドを担当している。2008年~2016年にマイクロソフトのMVPアワード(Excel)を受賞。

■できるシリーズについて
https://dekiru.net
「できる」シリーズは、画面写真をふんだんに使い、操作の流れを紙面に再現した入門書の元祖です。操作に必要な「すべての画面」と「すべての手順」を紙面に掲載しているので、パソコンやインターネットの操作に不慣れな方でも簡単に操作や知識を身に付けられます。楽しみながら操作を学べるように、各レッスンにストーリー性を持たせ、章ごとに知識が身に付く構成になっています。おかげさまで「できる」シリーズは、刊行開始から25周年を迎え、シリーズ累計7,500万部を突破しました。

以上

【株式会社インプレス】 https://www.impress.co.jp/
シリーズ累計7,500万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インプレスホールディングス >
  3. 992ページの大ボリューム! Excel VBAの全機能を完全網羅した『できる大事典 Excel VBA 2019/2016/2013&Microsoft 365対応』を3月5日に発売