新卒採用・キャリア採用を問わず応募可能な『高度技術人材コース』を開設

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、採用活動において、従来より多様な採用コースの設置やセミナーの開催などにより、雇用機会の拡大に努めてまいりました。この度、2020年3月16日より、あらたに「高度技術人材コース」を開設します。本コースにおいて、AI・データサイエンスなどの先端研究領域における高度な技術の専門性を持つ方について、新卒採用・キャリア採用を問わず、保有する知見に応じた柔軟な処遇条件にて、本社直轄の研究開発部門で受け入れる取り組みをスタートします。

▼受け入れる研究領域
募集する研究技術テーマは以下の通りです。

技術テーマ:セキュリティ
仕事概要:IoTサイバーセキュリティ研究開発・ブロックチェーン応用ソリューション開発
技術キーワード:
・機械学習等を用いた攻撃兆候分析技術、防御技術、反撃技術の確立
・ブロックチェーンを応用したスマートロックを適用するシェアリングソリューションや完全性の高いヘルスケアデータ基盤のソリューション企画・提案及び設計実装業務
・IEEE Symposium on Security and Privacy、ACM Symposium on Computer and Communications Securityなどセキュリティ系トップカンファレンスにおいて第一著者として発表経験がある。

技術テーマ:組込AI    
仕事概要:Deep Learning組み込み技術開発    ・組み込み実装時のAI推論精度劣化改善のための技術開発
技術キーワード:
・AIの組み込み実装の自動化、効率化のための技術開発
・組み込み機器における機械学習処理の設計・実装

技術テーマ:クラウドシステム
仕事概要:AI活用クラウドシステムに関する要件定義、設計、および開発    ・AWS/Azure上でのアプリケーションの開発技術
技術キーワード:
・ETL等のデータパイプライン構築、NoSQLでの知識ベース構築、DevOpsへのAIテスト環境の導入等のインフラ開発技術
・AWS認定にてアーキテクトレベル、もしくはAzureにて同等の資格

技術テーマ:AI技術研究
仕事概要:北米やシンガポールの大学・研究機関と連携し、AIを活用する機器、あるいはサービスにおけるAIの開発    ・自律学習技術、あるいは群制御・ネットワークによる知能創発応用技術
技術キーワード:
・海外大学・研究機関と連携した、技術調達、PoC、及び実用化
・ICML、NeurIPS等トップカンファレンス第一著者、あるいはKaggleのMaster以上のtier

※    研究者によるテーマ持ち込み型の受け入れも併せて実施します。技術テーマについては、
AIソリューション、データサイエンス、エネルギー・材料、センシング・デバイスの4領域に係るものとします。

▼応募対象者
本件については博士・ポスドクなどの高度な技術の専門知識をお持ちの方、もしくはそれに準ずる知見・実績をお持ちの方を対象として募集いたします。新卒採用、キャリア採用いずれの場合であっても、客観的に技術レベルを評価した上で柔軟な処遇条件にて受け入れます。

▼応募ページ
仕事内容、エントリーについては下記URLをご参照ください。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/jobs/koudo_tech.html

▼本取組みを実施する背景
パナソニックは「くらしアップデート」の実現に向けて技術力を強化するため、就業機会の柔軟性を高めることによって、外部からの知見について積極的に取り入れていきます。国内では特に高度な知見を有する博士課程修了者のうち正規雇用の仕事に就くことができた割合は54.8%(※)となるなど、民間企業での受け入れ機会は依然として限られます。今回の取組みを通じて、高度な技術の専門性をお持ちの方にとっての就業機会を広げます。
※出典:文部科学省平成30年度学校基本調査 調査結果の概要(高等教育機関)

▼パナソニックの研究開発について
「A Better Life, A Better World」を実現するため、ビジネス面からのイノベーションや、要素・生産技術などの側面からイノベーションの研究開発を行っております。
https://www.panasonic.com/jp/corporate/technology-design/r-and-d.html

▼「A Better Career」活動について
パナソニックでは、多様な人材が活躍できるオープンな風土や働き続けることのできる環境づくりに向けた取り組み「A Better Career」の活動を通じて、キャリアの選択機会の柔軟性を高めていきます。結果として、労働市場におけるミスマッチが解消され、日本の社会全体で人材の適材適所が広がっていくことを目指します。本取組みについて、2018年12月に以下の通り発表しております。
(1)社会人経験が少ない方、異業種の経験を積まれてきた方、ベンチャーで多様な経験をしてきた方など、多様なバックグラウンドを持つ方のキャリア採用に、積極的に取り組みます。
(2)従来のジョブリターン(育児や介護のために退職した社員の再雇用制度)に加えて、一度パナソニックに入社した後に別のキャリア経験を積み、再びパナソニックに戻る、「カムバックキャリア」の受け入れを推進します。

 
  1. プレスリリース >
  2. パナソニック >
  3. 新卒採用・キャリア採用を問わず応募可能な『高度技術人材コース』を開設