中京圏に本社を置く唯一の大手私鉄、名古屋鉄道 1950年代から現在までの鉄道車両を貴重な写真とともに解説 旅鉄BOOKS 040『名鉄電車ヒストリー』刊行

インプレスグループで鉄道・旅・歴史メディア事業を展開する株式会社天夢人(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:勝峰富雄)は、2021年3月13日に、旅鉄BOOKS 040『名鉄電車ヒストリー』を刊行いたしました。

 名古屋鉄道は、中京圏最大の都市・名古屋を拠点にした大手私鉄で、「名鉄」の略称で知られています。名岐鉄道と愛知電気鉄道が合併して1935年8月に発足しましたが、周辺の中小私鉄を合併して成立したため、当初は各社から承継したさまざまな車両が走っていました。
 本書は、著者の小寺幹久氏が故人から継承した写真を中心に構成しています。写真の多くは、1950年代に名鉄の社員として勤務された人が撮影したもので、フィルムが貴重な時代に電車から貨車まで、あらゆる車両が記録されていました。ちょうど中小私鉄から継承した車両の多くが廃車になる直前で、初出の写真も多く、非常に貴重な資料といえます。
 1950年代から2020年代にかけて、名鉄では鉄道線の電車をはじめ、軌道線の路面電車、気動車を電車化改造した車両、さらに機関車や貨車など多くの車両が在籍し、中京圏の人やモノの輸送を支えてきました。
 古い写真を懐かしむだけでなく、車両の技術面、サービス面での変化、最新の9500系に至るまでの名鉄電車の変遷を感じ取っていただける1冊になっています。

誌面サンプル
車両カテゴリーごとに章分けし、1ページ1形式を基本構成として解説しています。各章内は、基本的に登場順に掲載し、歴史的な変遷が掴みやすい構成にしています。

 

最新の名鉄電車である9500系・9100系や、大手私鉄では珍しい最新式の電気機関車、EL120形も掲載。名鉄の鉄道車両を過去から現在まで俯瞰できます。

 

形状や装飾から“なまず”と呼ばれた850系と、“いもむし”と呼ばれた3400系の誌面です。徹底した流線形だった3400系の連結面は、当時、内部にいた人ならではの写真です。

 

見るからにクラシカルな、愛知電気鉄道から承継した電車です。9500系までの変遷は、写真を見ているだけでも非常に興味深いです。


もくじ

●第1章 現役の名鉄電車・機関車
1200系・1000系・1800系/2000系/2200系・2300系/6000系・6500系・6800系/100系・200系/300系/3500系・3700系・3100系/3300系・3150系/5000系/4000系/9500系・9100系/EL120形
 コラム:短命に終わった1600系・1700系

●第2章 引退した名鉄電車 SR車 編
5000系・5200系/5500系/7000系・7500系・7700系・7100系/8800系/5700系・5300系
 コラム:瀬戸線用の高性能車両6600系

●第3章 引退した名鉄電車 AL車 編
名古屋鉄道の基礎となった名岐鉄道と愛知電気鉄道/800系/850系/3400系/3600系/3500系/3550系/3700系/3800系/3850系/3900系/モ3750形/3880系/7300系/6750系/3300系

●第4章 引退した名鉄電車 HL車 編
愛知電鉄電3形→モ1000形・モ1020形/愛知電鉄電4形→モ1030形/愛知電鉄電5形→ク2040形/愛知電鉄附2形→ク2000形・ク2010形/愛知電鉄電6形→モ1060形・モ1070形/愛知電鉄電7形・附3形→ク2300形・ク2320形/愛知電鉄デハ3090形→デニ2000形/愛知電鉄デハ3300形→モ3300形、デハ3600形・サハ2040形→ク2340形/知多鉄道デハ910形→モ910形→ク2330形→モ900形/碧海電気鉄道デハ100形→モ1010形→サ1010形→ク1010形/三河鉄道デ100形→モ1080形/三河鉄道クハ50形→ク2150形/三河鉄道デ200形→モ1100形/三河鉄道デ300形→モ3000形/三河鉄道デ400形→モ3100形→ク2100形/三河鉄道サハフ31形→ク2120形/三河鉄道サハフ35・36形→ク2130形/三河鉄道サハフ41形→ク2140形/サ2070形→ク2070形/ク2080形/モ770形→ク2170形/ク2180形/3700系/3730系・3770系/3780系/3790系
 コラム:木造車体ク2141のディテール

●第5章 引退したディーゼルカー・ガソリンカー
キハ8000系/キハ8500系/キハ10・20・30形/名岐キボ50形→サ2060形/三河鉄道キ10形→サ2280形/三河鉄道キ50形→ク2290形/瀬戸電鉄キハ300形→ク2200形/佐久鉄道キホハニ53→鉄道省キハニ40703→サ2241

●第6章 引退した名鉄電車 600V鉄道線 編
名古屋電気鉄道トク2→モ85形/名古屋電気鉄道1500形→ク2270形/初代名鉄1500形→モ400形・ク2260形・モ600形/デホ650形→モ650形・ク2230形・モ670形/初代名鉄トク3→モ680形/初代名鉄デセホ700形→モ700形/初代名鉄デセホ750形→モ750形/東美鉄道デボ100形→モ300形→ク2190形/岡崎電気軌道200形→モ460形・サ2110形/瀬戸電鉄ホ101形→モ550形、ホ103形→モ760形/尾西鉄道デホ200形→モ200形・ク2050形・モ250形

●第7章 引退した名鉄電車 600V軌道線 編
美濃電気軌道の四輪単車/初代名鉄デシ100形→モ40形/瀬戸電鉄テ13~・テ23~・テ28~→モ70形・モ20形・モ30形/岐北軽便鉄道甲形→モ25形/岡崎電気軌道1形→モ45形47・モ50形/岡崎電気軌道9形→モ45形・モ50形/岡崎電気軌道100形→モ530形/美濃電気軌道BD500形→モ500形/美濃電気軌道BD505形→モ520形/美濃電気軌道BD510形→モ510形/三重合同電気モセ32形→三重交通モ501形→モ540形/モ570形/モ580形/モ590形/モ600形/モ870形/モ880形/モ770形・モ780形/モ800形
 コラム:日本初のモノレール技術を実用化した功労者

●第8章 引退した機関車・電動貨車・貨車
蒸気、内燃、電気があった機関車/デキ1形/デキ50形/デキ30形/デキ100形/デキ110形/デキ200形/デキ250形/デキ300形/デキ360形/デキ370形/デキ400形/デキ500形/デキ600形/デキ800形/デキ900形/デホワ1000形→デキ1000形/デホワ1500形→デキ1500形/テワ1形→デワ1形/デワ600形→デワ20形/記録が少ない名鉄の貨車


【著者プロフィール】
小寺幹久(こでら・みきひさ)
京都府出身。鉄道模型メーカーのリトルジャパンモデルス、鉄道写真集や鉄道模型資料を発行するリトル出版を主宰する。

【書誌情報】
書名:名鉄電車ヒストリー
仕様:A5判 160ページ
定価:1800円+税
発売日:2021年3月13日

全国書店、オンライン書店のAmazonなどで発売中。
https://amzn.to/3adoik7

【株式会社天夢人】 https://temjin-g.com/
2007年設立。隔月刊雑誌『旅と鉄道(奇数月21日発売)』をはじめとする、鉄道・旅・歴史・民俗・カルチャーをテーマとした雑誌や書籍を発行し、人生を豊かにするための情報を発信しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」「学術・理工学」「旅・鉄道」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上


【本件に関するお問合せ先】

株式会社天夢人 担当:林
Tel: 03-6413-8755 / E-mail: info@temjin-g.co.jp
URL:https://temjin-g.com/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インプレスホールディングス >
  3. 中京圏に本社を置く唯一の大手私鉄、名古屋鉄道 1950年代から現在までの鉄道車両を貴重な写真とともに解説 旅鉄BOOKS 040『名鉄電車ヒストリー』刊行