今最も注目を集める俳優・菅生新樹が、『上下関係W(ワールド)』の最新作、縦型ミステリードラマ「トップギフト」でドラマデビュー!LINE NEWS VISONで10月7日(金)より配信開始

家族の歪な関係を浮き彫りにする異色の縦型ミステリードラマ。菅生新樹「自分に任せられた役目は何なのか、日々作品と向き合い続けました。」

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛)は、当社が運営するNo.1*1スマートフォン向けニュースサービス「LINE NEWS」の動画コンテンツ「VISION」において、クリエーターとともに発足した、上下関係をテーマに縦型映像作品を展開するコンテンツレーベル『上下関係W(ワールド)』より、縦型ミステリードラマ「トップギフト」の配信が決まり、今最も注目を集める俳優・菅生新樹(すごう あらき)のドラマ初出演が決定しましたので、お知らせいたします。菅生新樹の本格俳優デビューとなる本作は、2022年10月7日(金)より毎週金曜18時から全10話を配信します。
*1 当社調べ:スマートフォン向けニュースサービスにおける月間利用者数(7,700万人/2021年8月時点)において
『上下関係W(ワールド)』LINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-jogekankei

コンテンツレーベル『上下関係W』の最新作である「トップギフト」は、家族を支えてうつむいてばかりの少女が、天使と名乗る謎の男から、自分や家族が『ある物』のせいで不幸になっていると告げられ、その謎を解くために男と行動し、成長しながら驚愕の事実に辿り着くという異色の縦型ミステリードラマです。

少女の兄である元格闘家で、今は地下格闘技で戦いに明け暮れている、物語の鍵を握る男・山下恭四郎役を、豪華キャストとともに演じるのは、いま日本で最も注目を集める期待の俳優・菅生新樹に決定しました。今年 6 月に俳優活動開始を発表して一躍話題となり、「バーチャル高校野球」の CM や、9 月 3 日(土)に開催される「第 35 回マイナビ東京ガールズコレクション」への出演などで活躍の幅を広げる菅生新樹にとって、本作がドラマ初挑戦となり、俳優としての本格デビュー作品となります

菅生新樹は、今回の役柄や撮影について、「恭四郎という役、自分に任せられた役目は何なのか、日々作品と向き合い続けました。縦型特有の演出や カメラワークが作品の世界観とも相まって、物凄く入り込んでしまう、見入ってしまう、そんな作品になっているのではないかと僕自身もワクワクしています。」と、役に向き合った日々を振り返り、本作への期待を寄せています。

また、ドラマ初挑戦を終えて、「本当に多くのスタッフの方々が一つの作品に関わっているという一体感と言いますか、沢山の人が一つの作品に対して考え、行動して作り上げているということが凄く嬉しくて、楽しかったです!素敵な出演者の方々と共演できる喜びと、監督やスタッフの皆さんに感謝をしつつ、この作品に関われたことの幸せを毎日感じていました。初ドラマでこんなにも素敵で素晴らしく豪華な出演者の方々とご一緒にお芝居をすることができて、凄く嬉しく楽しかったです。」と、興奮気味に語りました。

さらに、俳優として本格デビューを果たした菅生は、「幼少期からテレビやドラマ、映画が物凄く好きで、この世界はどういうものなのだろうと思い、自分で調べてワークショップに参加しました。その時に、お芝居の楽しさと、表現というものは自分を魅せられるんだと思い、もっと本気でこの世界のことを知りたい、俳優の道で挑戦したいと思いました。」と、俳優の道に進む背景を教えてくれました。今後挑戦したい作品としては、「冒険をしたり、旅をしたり、事件を解決したりするような、バディものといいますか、コンビで何かするような作品や、学園ドラマや青春、挫折、情熱を注ぐような作品に挑戦したいです。」と明かし、「ドラマや映画で、セリフもなくただそこに居るだけで絵になるような存在感、お芝居をしているのにしていないような自然らしさ、きちんと個性を出せる俳優になりたいです。」と、これから目指す俳優像について語っています。

「トップギフト」は、コンテンツレーベル『上下関係 W』のLINE公式アカウントより、10月7日(金)18時から配信を開始し、同じく『上下関係W』より9月22日(金)から配信を開始する、玉山鉄二・岡山天音・早乙女太一出演の「終わらせる者」と連続して配信いたします。

【メイキングシーン】

 

【菅生新樹(すごう あらき)コメント】


菅生新樹/ 山下恭四郎役

<コメント>
素敵な出演者の方々と共演できる喜びと、監督やスタッフの皆さんに感謝をしつつ、この作品に関われたことの幸せを毎日感じていました。
恭四郎という役、自分に任せられた役目は何なのか、日々作品と向き合い続けました。
縦型特有の演出やカメラワークが作品の世界観とも相まって、物凄く入り込んでしまう、見入ってしまう、そんな作品になっているのではないかと僕自身もワクワクしています。まだ見慣れない縦型ドラマという新たなジャンルの魅力を沢山の方々にご覧頂けたら嬉しいです。

 
【作品情報】
「上下関係W(ワールド)」のLINE公式アカウントを友だち登録すると、各話の更新通知のほか、見逃してしまったバックナンバーなども受け取ることができます。さらに、公式Twitter、Instagramでは、撮影のメイキング写真や次回の先出し情報などをお届けします。
■上下関係W(ワールド)公式サイト:https://jogekankei.com/
■上下関係W(ワールド)LINE公式アカウント:https://line.me/R/ti/p/%40oa-vi-jogekankei
■上下関係W(ワールド)Twitter:@JogeKankei_vi( https://twitter.com/JogeKankei_vi
■上下関係W(ワールド)Instagram:@jogekankei_vi ( https://www.instagram.com/JogeKankei_vi/

【上下関係W(上下関係ワールド)とは】
LINE NEWS VISIONの新しい取り組みとして、レーベル発案の制作者・クリエイターとともに発足した、“上下関係”をテーマに縦型映像作品を展開するコンテンツレーベル。LINE NEWS VISIONの2周年記念作品として昨年配信し、今年6月には米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2022』の“特別賞”を受賞した縦型ミステリードラマ「上下関係」の世界観を拡張し、縦型映像作品をはじめとして、ジャンルを超えた様々なコンテンツを展開する。

【LINE NEWS VISIONとは】
「LINE NEWS」の動画コンテンツ「VISION」は、スマートフォンに特化した新たな映像表現を目指し、LINEアプリのニュースタブ内に掲出される縦型動画コンテンツです。「VISION」のコンテンツは、「縦型」「短尺」「エクスクルーシブ」な動画であり、またすべての動画が「番組・シリーズ」で構成され、それぞれが個別のLINE公式アカウントを持つことが特長です。日本を代表する映画監督・岩井俊二が手掛けた縦型ムービーなど数多くのシリーズを配信し、これまでの配信作品は80シリーズにのぼります。2周年記念作品として昨年配信した窪塚洋介主演の縦型ミステリードラマ「上下関係」は累計1,000万回視聴を突破し、米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭『ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2022』の“特別賞”を受賞しました。

■「LINE NEWS VISION」への参画や、コンテンツに関するお問い合わせはこちら
https://news.line.me/issue/ln-vision-entry/49160978c14a
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. 今最も注目を集める俳優・菅生新樹が、『上下関係W(ワールド)』の最新作、縦型ミステリードラマ「トップギフト」でドラマデビュー!LINE NEWS VISONで10月7日(金)より配信開始