【JAF愛知】梅雨入り前にドライビングシミュレーターを活用したマンツーマン交通安全講習を開催します

バーチャル空間で交通安全を学ぶプログラム

JAF(一般社団法人 日本自動車連盟)愛知支部(支部長 寺町一憲)は、5月24日(火)にJAF愛知支部(名古屋市昭和区)にて、荒天時の運転も体験できるドライビングシミュレーターを活用し「マンツーマン交通安全講習」を開催します。
  • 「マンツーマン交通安全講習」とは

 「マンツーマン交通安全講習」とは、「交通安全」をインストラクターとマンツーマンで学ぶ講習会です。初心者からベテランドライバー、ペーパードライバーの方まで、一人ひとりの運転に合わせた157種類のコースを擁するドライビングシミュレーターを活用。日常では体験しづらいシチュエーションのもと、危険予知能力の向上を促し、悲惨な交通事故の発生を防止することを目的としています。

 

 

 

 
  • 愛知県の交通事故が増加中 安全運転の振り返り・意識づけに
 愛知県は都道府県別交通事故死者数において、2019年より3年連続で全国ワーストを脱していましたが、2022年に入り再び事故死者数が増加し、3月末までの統計によると全国ワーストを記録しています。(交通死亡事故発生状況(令和4年3月末確定数)、愛知県警察)その中でも、特に歩行者の事故が多発増加しています。雨の日には視認性が低下するため、梅雨の時期には歩行者の存在に対しドライバーは一層注意を払う必要があります。
 本講習会では、ドライビングシミュレーターを通して様々なシチュエーションにおける危険予知の視点を学んでいただけますので、自身の運転行動の振り返りや安全運転に役立てていただけます。
 
  • 開催概要
【日  時】 2022年5月24日(火) 10:00~16:30
※各回60分(シミュレーター30分、講習30分)

【会  場】 JAF愛知支部(名古屋市昭和区福江三丁目7番56号)

【内  容】 ドライビングシミュレーターを使ったマンツーマン交通安全講習

【参加人数】 7名(予定)

 ★当日、メディアの皆様にもドライビングシミュレーターを体験していただけます。ご希望の場合はJAF愛知支部までご連絡ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF愛知】梅雨入り前にドライビングシミュレーターを活用したマンツーマン交通安全講習を開催します