【JAF福岡】梅雨入り目前!「水深60cmでクルマのドアは開くのか?」宗像大社で冠水時車両ドア開放疑似体験

5/28(土)宗像大社駐車場にて

 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)福岡支部(支部長 内野 伸一)は5月28日(土)、「ツール・ド・ムナカタ2022」開催中の宗像大社(宗像市田島)において、冠水時車両ドア開放疑似体験を実施いたします。
 JAF福岡支部では冠水車両のロードサービスを実施した経験から、水害への備えと注意喚起を目的とし、冠水時に車両ドアにどの程度の水圧がかかるのかを疑似体感できる「冠水時車両ドア」を作製いたしました。水深60cmの冠水状態という前提の仕様になっており、水深60cmの水圧でどの程度車両ドアが開閉できるのか体験いただけます。また当日は交通安全のクイズに答えてもらえる免許証そっくりのカード「子ども安全免許証」も発行します。

JAF冠水時車両ドア開放疑似体験

 ■日時  
2022年5月28日(土)
10:00~15:00

■場所  
宗像大社駐車場(福岡県宗像市田島2331)

■内容  
冠水時車両ドア開放疑似体験および子ども安全免許証作成(いずれも無料)

■その他 
・感染症対策を講じて実施いたします。
・期間中(5/28~29)は「道の駅むなかた」や「天然温泉やまつばさ」でJAFアプリクーポン有。詳しくはhttps://jaf.link/3LxR5Rbへ。

冠水時車両ドア開放疑似体験冠水時車両ドア開放疑似体験

子ども安全免許証イメージ子ども安全免許証イメージ

 JAF福岡支部では今後ともこのような啓発活動を積極的に実施し、梅雨時期にともなう「水害に関するクルマの防災」を啓発してまいります。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF福岡】梅雨入り目前!「水深60cmでクルマのドアは開くのか?」宗像大社で冠水時車両ドア開放疑似体験