『ぷよぷよeスポーツ』「スポーツデータ解析コンペティション」に大会対戦データを提供 プロ選手による過去の18大会、346試合、2,461ゲームの詳細対戦データが対象

株式会社セガは、ジャパン・eスポーツ・プロライセンス認定タイトルである、対戦アクションパズルゲーム「ぷよぷよ」シリーズにおいて、セガ公式プロ大会「ぷよぷよチャンピオンシップ」の対戦データを、「第11回スポーツデータ解析コンペティション」に提供いたしました。

『ぷよぷよeスポーツ』では、フィジカルスポーツと同様にeスポーツでも競技にはデータを活用した分析が重要であり、観戦をさらに楽しめるという点から、2018年よりAIによる画像認識機能を利用し、プレイヤースタッツの収集・分析・指標の算出を行う大会実況システム「bi-eplay(バイプレイ)」を採用しております。

eスポーツにおけるスタッツの有用性の証明とスポーツデータ解析の活性化、日本におけるeスポーツの発展に寄与すべく「bi-e-play」による解析データの提供を決定いたしました。また、「第11回スポーツデータ解析コンペティション事務局」と協議の上、「eスポーツ部門」を新設する運びとなりました。

「ぷよぷよ」シリーズは、縦12×横6の72マスの中で上から落ちてくる2個1組の「ぷよ」を組み合わせ、同じ色の「ぷよ」を4つ以上つなげて消すアクションパズルゲームで、今年で30周年を迎えます。2018年からeスポーツに参入し、現在では30名以上のプロ選手が活躍しています。2019年からは国体の文化プログラムのタイトルとして採用され、「全国都道府県eスポーツ選手権」など全国規模の大会を開催しております。

<スポーツデータ解析コンペティション>
「スポーツデータ解析コンペティション」は、一般社団法人日本統計学会の分科会として2009年に設立された日本統計学会スポーツ統計分科会(2021 年より日本統計学会スポーツデータサイエンス分科会)と、情報・システム研究機構統計数理研究所が主催し、実データに基づく応用研究の促進と、研究成果を現場に還元するきっかけを与えること、また研究者の裾野を広げることを目的として実施されており、今回が第11回の開催となります。

第11回スポーツデータ解析コンペティション
https://sports.ywebsys.net/about.html


■『ぷよぷよeスポーツ』のスタッツ解析について

・eスポーツ解析
セガでは、eスポーツを従来のフィジカルスポーツ同様にスポーツとして競技観戦するためには、選手の技術を数値化、グラフ化するなどの分析が重要であると考えており、「ぷよぷよ」において昨シーズンよりスタッツを導入してまいりました。
「第11回スポーツデータ解析コンペティション」において従来からの野球部門、サッカー部門などに加えesports部門が新設されることに賛同し、プロ選手による過去の18大会、346試合、2,461ゲームの詳細対戦データを分析用に提供することといたしました。

・AI分析
「第11回スポーツデータ解析コンペティション」に提供した大会プレイのデータ化は、セガが開発した大会実況システム「bi-e-play(バイプレイ)」のAI動画解析機能を利用してプレイ画面映像からリアルタイムでデータ取得と解析を行い、さまざまなスタッツ項目をデータベース化しております。さらに、独自の計算法による指標化で、プレイヤーごとのゲーム傾向分析を強力にサポートいたします。

・大会実況システム「bi-e-play」
「bi-e-Play」は、幅広いお客様にゲーム大会の観戦を楽しんでいただくことを目的に開発・運用しているシステムで、2015 年よりさまざまなタイトルの全国大会で採用されています。「ぷよぷよチャンピオンシップ SEASON4」では、2018 年より「bi-e-Play」で運用を続けているAI による画像認識機能を利用し、プレイヤースタッツの収集・分析・指標の算出を行います。

「bi-e-Play」による多種多様なスタッツ分析をお届けすることで、今後のe スポーツをさらに盛り上げてまいります。


<「ぷよぷよ」とは>
「ぷよぷよ」シリーズは、2021年で30周年をむかえて世代を超えて愛される、国民的落ち物アクションパズルゲームです。1991年に初代『ぷよぷよ』がMSX2版とファミコンディスクシステム版にて発売され、1992年にはセガよりアーケード版、メガドライブ版を発売。単純で分かりやすいゲームシステム、可愛らしいキャラクター、さらに落ち物アクションパズルゲームとして初めて対戦形式を導入したゲーム性により、爆発的なヒットを記録しました。以降、アクションパズルゲームの定番ゲームとして、さまざまなゲーム機や携帯電話、スマートフォンで展開され、幅広い層に遊んでいただき、現在に至っております。2018年3月にはJeSU(日本eスポーツ連合)公認タイトルとなり、プロ選手も誕生。eスポーツシーンでも盛り上がりを見せ、現在、多数の競技大会を実施しております。

<「eスポーツ」とは>
「eスポーツ(esports)」は、「エレクトロニック・スポーツ」の略で、広義には、電子機器を用いて行う娯楽、競技、スポーツ全般を指す言葉であり、コンピューターゲーム、ビデオゲーム使った対戦をスポーツ競技として捉える際の名称。

<全国都道府県対抗eスポーツ選手権について>
「全国都道府県対抗eスポーツ選手権」は、日本各地の予選を勝ち抜いた都道府県代表チームによって競われるeスポーツの全国大会です。2019年10月に、「いきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会」の文化プログラムとして初めて開催され、第1回は開催地である茨城県が、鹿児島県で開催された第2回では大阪府が総合優勝を果たしました。2021年10月には三重県で第3回大会が開催予定で、6つの競技種目の総合成績によって47都道府県のeスポーツの頂点が決定します。


【製品情報】
商品名 : ぷよぷよeスポーツ
対応機種 : PlayStation®4/Nintendo Switch™
発売日 : パッケージ版:発売中(2019年6月27日(木)発売)
ダウンロード版:配信中(2018年10月25日配信)
希望小売価格 : 
パッケージ版:1,990円(税込2,189円)
ダウンロード版:1,851円(税込2,036円)
ジャンル : アクションパズル
プレイ人数 : 1~4人
発売・販売 : 株式会社セガ
CERO表記 : A区分(全年齢対象)
著作権表記 : ©SEGA
公式サイト : https://puyo.sega.jp/PuyoPuyo_eSports/
公式Twitter : https://twitter.com/puyopuyo20th
※アーケード版『ぷよぷよeスポーツ アーケード』も稼働中。
https://puyo-esports-ac.sega.jp/

商品名 : Puyo Puyo Champions / ぷよぷよeスポーツ
対応機種 : Steam
発売日 : 配信中(2019年5月8日(水)配信)
希望小売価格 : 1,019円(税込1,100円)
ジャンル : アクションパズル
プレイ人数 : 1~4人
発売・販売 : 株式会社セガ
CERO表記 : A区分(全年齢対象)
著作権表記 : ©SEGA
公式サイト : 
https://puyo.sega.jp/PuyoPuyo_eSports/
https://puyo.sega.com/champions/ (※欧米版公式サイト)
販売ページ : 
https://store.steampowered.com/app/971620/

※PC版は、日本語・英語・フランス語・ドイツ語・スペイン語・韓国語・繁体字中国語・簡体字中国語の言語テキストを収録しております。また、ボイスはオプションにて、英語と日本語の音声切り替えが可能です。
※PC版の必要スペックについては、Steamの商品紹介ページよりご確認をお願いいたします。

■記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社セガ >
  3. 『ぷよぷよeスポーツ』「スポーツデータ解析コンペティション」に大会対戦データを提供 プロ選手による過去の18大会、346試合、2,461ゲームの詳細対戦データが対象