【JAF福岡】冠水するとクルマのドアは開かない!?「クルマの冠水被害を減らすっ隊」がやってくる!

~7/4(月)、道の駅くるめ~

 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)福岡支部(支部長 内野 伸一)は7月4日(月)、道の駅くるめ(久留米市善導寺町)に「JAF福岡 クルマの冠水被害を減らすっ隊」を派遣し、冠水時車両ドア開放疑似体験を実施いたします。
 大雨特別警報が5年連続で発令されており、例年冠水にともなうクルマの冠水被害が多い福岡県の現状を鑑み、事前の防災知識を広く県内に周知したいとの思いから活動を開始した「JAF福岡 クルマの冠水被害を減らすっ隊」。結成後、初めてのイベントを7月4日(月)道の駅くるめにて開催します。当日は、水深約60cmの水圧で車両ドアが開閉できるのかを疑似体験いただける「冠水時車両ドア」を出展し、「冠水に備えるクルマの防災」を呼びかけます。どなたさまもお気軽に体験いただけます。

道の駅くるめ JAF冠水時車両ドア開放疑似体験 概要

■日時  
2022年7月4日(月)
11:00~15:00

■場所 道の駅くるめ
(福岡県久留米市善導寺町木塚221-33)

■内容 冠水時車両ドア開放疑似体験(無料)

体験イメージ体験イメージ

■その他 
道の駅くるめはJAF会員優待施設です。
★優待内容 みるきぃソフト 50 円引
★利用方法 JAF会員証をご提示ください。
★対象人数 会員のみ

詳しくはJAFホームページ「ご当地情報福岡(https://jaf.link/3xR283f)」または二次元コードへ。

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF福岡】冠水するとクルマのドアは開かない!?「クルマの冠水被害を減らすっ隊」がやってくる!