【JAF広島】広島電鉄とコラボし、クルマと路面電車の事故防止に向け活動開始

JAF(一般社団法人日本自動車連盟)広島支部(支部長 松田哲也)は、7月1日より、広島電鉄株式会社(代表取締役社長 椋田昌夫。以下、広島電鉄)と協力し、クルマと路面電車の交通事故を減らし、安心安全な道路交通の実現を目指し活動を実施してまいります。

 

 広島市内を中心に、市民の足となり、観光客の移動手段ともなっている広島電鉄の路面電車(市内線)では、クルマとの接触事故が後を絶ちません。JAF広島支部のもとへ、広島市内を運転するドライバーから、「路面電車と接触しそうになった」「ひやっとしたことがある」などに加え、クルマで路面電車の側や軌道敷内を通行する際に気を付けるべき交通ルールがわからないという声が寄せられています。

 また、広島電鉄では、これまでもクルマとの接触事故を減らすため、運転士への社内教育等を通じて、特に右折車の動向に留意して運転するなど、接触事故の防止に取り組んでまいりましたが、さらなる事故防止のためには、広く自動車ユーザーの方々にも路面電車の特性等を知っていただきたい、との思いがありました。

 そこで、このたび7月1日より交通安全を推進しているJAF広島支部と広島電鉄がタッグを組み、路面電車の特性や交通事故の実態、交通ルールなどを自動車ユーザーに浸透させることで、路面電車とクルマの交通事故減少を目指すこととなりました。

【取組予定】
●自動車ユーザーへのアンケート実施
●アンケート結果を踏まえた交通安全イベントや講習会の開催
●リーフレット、WEBでの注意喚起
●啓発ステッカーの配布
●地方メディアや交通安全推進団体との連携

 その他の啓発活動においても、広島電鉄とJAF広島支部が相互に協力してまいります。
 JAF広島支部では、今後も安全な交通環境の実現に向けて活動を実施してまいります。
 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF広島】広島電鉄とコラボし、クルマと路面電車の事故防止に向け活動開始