コンシューマーIOT市場は2030年まで年平均成長率14%で成長すると予想される

2021年12月07日にREPORTOCEANが発行した新しいレポートによると、-コンシューマーIot市場は、2022年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)14%で成長しています。
世界の消費者向けIoT市場の売上高は、2021年には803.9億米ドルでした。世界のコンシューマーIoT市場の売上高は、2022年から2030年までの予測期間中、年平均成長率(CAGR)14%で成長し、2030年には2,928億5,000万米ドルに達すると予測されています。


レポートを購入する前に、無料のサンプルページをリクエストしてください: https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC533

市場の概要:


コンシューマーIoTとは、ウェアラブル、スマートフォン、スマートホームなど、消費者向けに作られたインターネットに接続されたガジェットで、情報を収集・共有するものを指します。コンシューマーIoTのアプリケーションには、ホームセキュリティやスマートホーム、パーソナルヘルスケア、ウェアラブルテクノロジー、アセットトラッキングなどがあります。

市場成長に影響を与える要因:
  • スマートデバイスの導入やインターネットユーザー数の増加などの要因が、世界のコンシューマーIoT市場の成長を促進します。
  • 発展途上国におけるフィットネス意識の高まりと可処分所得の増加が、消費者向けIoT市場全体の成長を後押しします。
  • 消費者向けIoTに関連するデータ漏洩のリスクが高まることは、世界市場の成長にとってマイナス要因となります。
  • IoT関連の政府資金とより有利な政府規制は、世界の消費者向けIoT産業に有利な機会をもたらすと予測されます。

COVID-19の影響分析:

COVID-19のパンデミックは、世界のコンシューマーIoT市場にポジティブな影響を与えました。パンデミックの結果、消費者は非接触型の支払い方法に惹かれ、人工知能(AI)や機械学習を活用したインテリジェントな製品の巨大な市場機会が生まれました。その結果、人々は感染のリスクを減らすために、物理的な接触を最小限に抑え、非接触のやりとりを最大限にすることにも関心を寄せました。

政府による部分的および完全なロックダウンが行われた結果、いくつかの企業が労働力の不足や原材料の不足のために操業を停止せざるを得なくなりました。さらに、民生用電子機器、ホームオートメーション、自動車などのアプリケーション分野の需要が減少しました。

COVID-19以降は、市場関係者が日常業務を維持するための戦略を見直し、課題に対処するための新たな戦略を考案することで、市場は回復すると予測しています。

地域別の傾向:

世界のコンシューマーIoT市場では、北米が優位性を保っており、予測期間中も優位性を維持すると予測されています。その結果、同地域では他の地域に比べて可処分所得が高く、最新のテクノロジーをいち早く取り入れています。さらに、この分野への投資や研究開発の増加が、市場の成長を後押しすると予測しています。

予測期間中、アジア太平洋地域が最も高いCAGRを記録すると予測されています。Honeywell International Inc.、Siemens AG、Intel Corporationは、この地域で、より技術的に高度で、より安全な製品やソリューションに焦点を当てている消費者向けIoT製品の主要メーカーです。したがって、この地域の市場の成長を促進しています。

主要な競合企業:

世界のコンシューマー向けIoT市場で注目されている有力企業は以下の通りです:
  • Cisco Systems, Incorporated
  • Honeywell International Incorporated
  • Infineon Technologies AG
  • Intel Corporation
  • International Business Machines Corporation (IBM)
  • Microsoft Corporation
  • NXP Semiconductors N.V.
  • Siemens AG
  • STMicroelectronics
  • TE Connectivity Limited
  • Other Prominent Players

ご要望に応じて、予測期間(年)の分析を延長することができます。詳細については、sandeep@reportocean.com までメールでお問い合わせください。

レポートの範囲:

世界のコンシューマーIoT市場のセグメンテーションは、オファリング、接続性、エンドユーザー、地域に焦点を当てています:

オファリングに基づくセグメンテーション:
  • ハードウェア
  • プロセッサー
  • マイクロコントローラー(MUC)
  • マイクロプロセッサ(MPU)
  • デジタルシグナルプロセッサー(DSP)
  • アプリケーションプロセッサ
  • ネットワークインフラ
  • サーバー
  • ストレージ
  • その他
  • センサー
  • その他
  • ソフトウェア
  • サービス

接続方法による分類:
  • 有線
  • 無線
  • Wi-Fi
  • ブルートゥース
  • ZigBee
  • その他

エンドユーザーに基づくセグメント化:
  • ホームオートメーション
  • コンシューマーエレクトロニクス
  • オートモーティブ
  • ヘルスケア
  • その他

市場は地域別に以下のように分類されています:
  • 北米(米国、カナダ、メキシコ)
  • 欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ポーランド、ロシア、オランダ、ベルギー、トルコ、北欧諸国、その他の欧州諸国)
  • アジア太平洋地域(中国、インド、日本、韓国、オーストラリアおよびニュージーランド、ASEAN諸国、その他のアジア太平洋地域)
  • 中東・アフリカ地域(UAE、サウジアラビア、南アフリカ、イスラエル、クウェート、カタール、オマーン、その他の地域)
  • 南米 (アルゼンチン、ブラジル、その他の南米諸国)

レポートの範囲を確認するためのリクエスト:https://reportocean.com/industry-verticals/sample-request?report_id=BWCC533

私たちに関しては:


私たちは業界で最高の市場調査レポートプロバイダーです。 Report Oceanは、今日の競争の激しい環境で市場シェアを拡大するトップラインとボトムラインの目標を達成するために、クライアントに品質レポートを提供することを信じています。 Report Oceanは、革新的な市場調査レポートを探している個人、組織、業界向けの「ワンストップソリューション」です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Report Ocean >
  3. コンシューマーIOT市場は2030年まで年平均成長率14%で成長すると予想される