LINEレシート、食品や日用品の価格比較ができる新機能「ショッピングサポート」の先行提供を開始

レシート登録するだけで、どこで買うのがお得かわかる!値上げラッシュ・円安を乗り切る家計防衛術の強い味方

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下 LINE)は、レシート管理サービス「LINEレシート」において、スーパーやドラッグストア等で価格比較できる新機能「ショッピングサポート」の先行提供を開始することをお知らせいたします。

LINEレシートは、レシートを撮影するだけで支出管理や日々の買い物をサポートするレシート管理サービスです。

世界最高水準*1の認識精度を誇るLINE CLOVAのAI-OCR(文字認識)サービス「CLOVA OCR」を活用し、レシートを読み込むことで、自動で「支出管理」と「購入履歴の記録」ができることから、支出内容の可視化が節約に効果的とご好評いただいております。
 
現在では、累計登録者数数は300万人を越え、累計登録レシート枚数は2.4億枚を突破しております。(2022年11月末時点)

 
昨今、原材料の高騰や円安による影響で今年に入り2万品目に上る食品の値上げが実施されるなど、家庭負担が大きくなったことを受け、「支出管理」が再注目されています。日本インフォメーション株式会社*2によると、円安・物価上昇を受けて、約63%が「節約意識が高まった」と回答しています。

 
生活費を抑えようと節約するとき、これまでは自身で実店舗のチラシや、買い回りでの比較が求められていました。しかし、様々な商品がある中、店舗ごとに商品の価格を比較することは大きな手間がかかります。

「LINEレシート」では、そのような「買い回りをして価格比較をするのは面倒」「どの店舗で買うのがお得かわからない」といった不便さに対して、レシート情報を活用し、スーパーやドラッグストア等の価格比較ができる新機能「ショッピングサポート」先行提供を開始いたします。

本機能は、同意いただいたユーザーのレシートデータを元に、店舗ごとに商品価格を表示するほか、商品の平均価格とその推移を表示します。

多くのユーザーにご利用いただいている「LINE」だからこそ、一人では手間がかかってしまう価格比較も、ユーザー同士がレシート登録をしあうことで商品情報が集まり、スマートなお買い物選択ができるようになります。
詳細:https://receipt.line.me/lp/shopping-support-external.html

 

「LINEレシート」はショッピングサポートの先行提供を皮切りに、忙しい毎日の中での負担を少しでも軽減し、生活に欠かせない買い物をより便利にしていくことを目指します。


*1: 文書解析と認識に関する国際会議(ICDAR:2019/3/29時点)で4分野にて世界No.1を獲得
*2: 日本インフォメーション(株)調べ https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000042.000048646.html


新機能「ショッピングサポート」の特徴

  • ①購入価格と比較

購入した商品をレシート登録後、近隣店舗で他ユーザーにより同商品のレシート登録がされていた場合、店舗ごとに商品価格を表示します。ユーザーは購入商品が最安値かどうか確認することができます。
 

  • ②平均商品価格の推移をチェック

全国から集まった価格情報を基準に、商品の平均価格を1か月~最大3ヶ月間の推移で確認でき、買い時の見極めに便利です。
 

  • ③「近くの店舗」と比較

「よく行くお店」で購入した商品の近隣店舗の販売情報を表示します。
表示価格は、対象商品のレシート登録が他ユーザーにより追加されると最新順に自動更新します。

※過去90日以内に3枚以上レシート登録された店舗が「よく行くお店」として追加されます。
※購入商品が他ユーザーによってレシート登録された場合のみ表示します。
※ショッピングサポートは、ユーザーから登録されたレシートを元にスーパー・ドラッグストアをはじめとした全国の店舗が対象になります。

 

今後も「LINEレシート」は、“みんなでつくる価格プラットフォーム”を目指し、レシートを活用したさらなる機能拡充を来年春頃に予定しております。




■LINEレシートについて


レシートを撮影するだけで支出の見直しや日々の買い物をサポートするレシート管理サービスです。
「LINE」上のウォレットタブ内にある「レシートマーク」から誰でも無料でお使いいただけます。
レシート撮影するだけで、入力の手間なく自動で「支出管理」と「購入履歴の記録」ができ、誰でも直感的にご利用いただけます。また、価格比較ができる新機能「ショッピングサポート」により、ユーザーのスマートなお買い物選択を手助けいたします。
現在では、累計登録者数数は300万人を越え、累計登録レシート枚数は2.4億枚を突破しております。(※2022年11月末時点)
今後も日常に不可欠な買い物の煩わしさを解消し、日常の買い物をもっと身近で便利なものにする可能性を広げてまいります。
サービス概要:https://receipt.line.me/lp/index.html

 

  • 【特長1】レシート情報をAI認識し、品目や金額を自動で反映する「利用レポート」

「LINEレシート」でレシートを撮影すると、世界最高水準の認識精度を誇るLINE CLOVAのAI-OCR技術を活用した文字認識サービス「CLOVA OCR」の、レシート・領収書の読み込みに特化した「CLOVA OCR(レシート・領収書特化型)」*3によって品目や金額を読み取り、食費や交通費など品目の分類まで自動で反映し、「利用レポート」を作成します。
利用レポートにより、毎月の支出内容の変化や、支出額の推移が週単位、月単位で見ることができ、節約を後押しします。*3: https://clova.line.me/clova-ocr/

 

  • 【特徴2】LINEアプリから簡単にレシート登録ができる

「LINEレシート」はLINE内のウォレットタブにあるため、普段の使いいただいているLINEがあれば、誰でも手間なく簡単にご利用いただけます。「LINE Pay」を利用すると「利用レポート」に支出状況が自動で反映されるため、支出管理がさらに便利になります。

 

  • 【特徴3】スーパーやドラッグストア等の商品価格を比較できる

レシートを撮影すると、購入した商品の近隣店舗での価格一覧が表示されるため、購入価格を比較できます。また、全国から集まった最新の価格情報を基準に、商品の平均価格とその推移を表示することもできます。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. LINE株式会社 >
  3. LINEレシート、食品や日用品の価格比較ができる新機能「ショッピングサポート」の先行提供を開始