【JAF茨城】古河関東ド・マンナカ祭りの交通安全フェスティバルに出展します

~家族で参加して交通安全が学べる無料コンテンツ!~

一般社団法人日本自動車連盟(JAF)茨城支部(支部長・加藤 敏彦)は、2022年10月8日(土)~10月9日(日)に開催される古河関東ド・マンナカ祭り(茨城県古河市)の交通安全フェスティバルに「シートベルトコンビンサー」と「子ども安全免許証」のコンテンツを出展します。

シートベルトコンビンサーシートベルトコンビンサー

 

茨城県内の一般道での後席シートベルト着用率は37.7%※と全国平均に比べて5.2ポイント低く、依然としてシートベルト非着用の危険に対し認識が不足しています。
会場では、シートベルトの重要性が学べる車両「シートベルトコンビンサー」による時速約5kmの衝突体験を通して、シートベルト着用の大切さを啓発します。また、交通安全クイズに答えて免許証そっくりのカードがもらえる「子ども安全免許証」を発行し、無料で家族で楽しめるブースを出展します。

子ども安全免許証イメージ子ども安全免許証イメージ



※シートベルト着用状況全国調査(2021)
(警察庁・JAF調べ)

 


https://jaf.or.jp/common/safety-drive/library/survey-report/2021-seatbelt







【日時】
 2022年10月8日(土)9:00~17:00
 2022年10月9日(日)9:00~15:30

【会場】 
 古河市イーエス中央運動公園(茨城県古河市下大野2528)

【内容】
 (1)シートベルトコンビンサー無料体験
 (2)「子ども安全免許証」無料発行

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人 日本自動車連盟(JAF)【地方】 >
  3. 【JAF茨城】古河関東ド・マンナカ祭りの交通安全フェスティバルに出展します