プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

GMOインターネットグループ
会社概要

独立前の会社員勤務の経験年数は「関係ない」が最多【GMOクリエイターズネットワーク】

フリーランスになって役に立つのは「人脈」約30%に対して「基本マナー」が70%超

GMOインターネットグループ

 GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社であるGMOクリエイターズネットワーク株式会社(代表取締役社長:五十島 啓人 以下、GMOクリエイターズネットワーク)は、運営している日本初(※)のフリーランスに特化した金融支援サービス「FREENANCE byGMO」(URL:https://freenance.net/)のユーザーを対象に「フリーランスになる前の会社員経験」をテーマにアンケートを実施いたしました。

(※)フリーランス・個人事業主に特化したオンラインファクタリングサービスを提供する国内主要4事業者が公表しているサービス提供開始年月を比較。2022年6月、自社調べ。

 

  • 【調査サマリー】

約90%がフリーランスになる前に会社員を経験

会社員時代の経験で最も役立っているのは、言葉遣いなど「社会人の基本マナー」

フリーランスになる前に経験しておきたい会社の部署は「営業や経理」

独立するまでの会社員経験の期間の長さは、フリーランスになるためには「関係ない」が最多

 

  • 【調査概要】

 調査テーマ

フリーランスになる前の会社員経験に関するアンケート

 調査対象

「FREENANCE byGMO」に登録しているユーザー649名

 調査期間

2024年2月14日(水)~2月19日(月)※一部後日追加調査あり

 有効回答数

649件

 調査方法

インターネットによる調査※一部後日電話による追加調査あり

 調査主体

「FREENANCE byGMO」

*本調査レポートの百分率表示は小数点第二位以下四捨五入で端数処理を行っており、合計しても100%とならない場合がございます。

*メディア媒体での本調査結果の引用時には、以下のご対応をお願いいたします。
・クレジットに『「FREENANCE byGMO」調べ』と明記してください。
・WEB上で引用いただく際には、「FREENANCE byGMO」(URL:https://freenance.net/)へのリンクをお願いいたします。
・メディア媒体以外での本調査結果の引用を希望の方は「FREENANCE byGMO」(Email:pr@gmo-cn.jp)にお問い合わせください。

 

  • 【調査結果】

①   「フリーランスになる前に、会社員を経験しましたか?」

■約90%がフリーランスになる前に会社員を経験                                     

 フリーランスとして活動する前に、会社員を経験したかを尋ねると、88.9%が「経験した」と回答しました。近年は会社勤めを経験せずフリーランスになる「新卒フリーランス」という働き方が存在することも浸透しつつありますが、この調査では会社員経験者が圧倒的に多いことがわかりました。

②「フリーランスになる前に、会社員を経験してよかったと思いますか?」

 会社員経験者に、フリーランスとして活動する前に会社員を経験してよかったと思うかと質問すると、「思う」が81.8%で、「やや思う」と合わせると95.8%となりました。ほとんどの回答者が、会社員時代の経験をポジティブにとらえていることがわかりました。

③「フリーランスになって、『会社員時代に身につけることができてよかった』と思うことを教えてください。」

■会社員時代の経験で最も役立っているのは、言葉遣いなど「社会人の基本マナー」

 会社員を経験したフリーランスに、会社員時代に身につけることができてよかったことを質問しました。「社会人の基本マナー」が最も多く74.9%を占め、「人脈」「PCスキル」などを上回る結果となりました。フリーランスとして活躍するにはスキルも重要ですが、上司や先輩がいる会社だからこそ学べる基本マナーのありがたみを実感する傾向にあるようです。

                                     
 具体的にどのような基本マナーが役に立ったかを、本調査の回答者一部に後日調査したところ、「メールの書き方。社外の人に対する敬語表現などを学んだ(エンジニア)」「電話とメールの使い分け。内容やタイミングによって電話とメールのどちらが適切か判断できるようになった(ライター)」「独立前に経験した接客業で顧客に対する言葉遣いや態度を学んだ。一方で、対面での接客が中心だったためメールの作法を深く知らず、独立後、メールを送る際に敬称の使い方を間違ってしまった(士業)」などの声がありました。


①「将来フリーランスになるなら、どの部署を経験しておくことをお勧めしますか?」

■フリーランスになる前に経験しておきたい会社の部署は「営業や経理」

 将来フリーランスになるなら会社員時代にどの部署を経験しておくのがいいかを尋ねると、「営業・マーケティング部」が61.7%で最も多くなり、顧客と接する機会が多くマナーやコミュニケーション能力が身につきやすいため、多くの人が経験しておきたいと考えたと推測されます。次点は「経理・財務部」で、お金の知識を習得できる部署が挙がりました。

⑤「会社員をどのくらい経験してから独立するのが理想的だと思いますか?」 

■独立するまでの会社員経験の期間の長さ「関係ない」                  
 最後に、フリーランスになる前に会社員を経験した人に、どのくらいの期間会社員を経験するのが理想的かと質問すると、「期間は関係ないと思う」という回答が40.4%となり最も多くなりました。会社員時代の経験はフリーランスになって役立つことは実感していても、期間は気にしない人も多いようです。

  • 【調査まとめ】

 今回の調査から、新卒フリーランスという働きが存在することも定着しつつある中、多くのフリーランスは会社員としての経験を重要視しており、フリーランスにとっての成功において、技術的スキルだけでなく、ビジネスコミュニケーションやマナーが非常に重要であると考えていることがわかりました。また、会社員としての経験は期間の長さが重要なのではなく、個人が得た学びや準備が整った期間次第によるため、どのようなタイミングでキャリアを形成していくかについては、柔軟な考え方であるということがわかりました。


  • 【「FREENANCE byGMO」とは】

 GMOクリエイターズネットワークが提供する、フリーランスのための金融支援サービスです。請求書(売掛債権)をすぐに現金化できるファクタリングサービス『FREENANCE即日払い』が利用でき、最大5,000万円の補償が受けられるフリーランス特化型の損害賠償保険が無料付帯します。また、会員登録時に本人確認・反社チェックを行なっているため、「FREENANCE byGMO」の会員であることを、クライアント企業に対する信用の証として利用いただけるなど、フリーランスの働き方を支援しています。2022年5月には『FREENANCE即日払い』の累計申込額が100億円を突破いたしました。

 

  • 【GMOクリエイターズネットワーク株式会社について】

 GMOクリエイターズネットワークは、GMOインターネットグループのGMOペパボ株式会社(代表取締役社長:佐藤 健太郎)の連結会社です。2018年に日本初のフリーランス特化型金融支援サービス「FREENANCE byGMO」の提供を開始し、さまざまな施策や取り組みを通じて個人クリエイターの活躍をサポートしています。



以上



【サービスに関するお問い合わせ先】

●GMOクリエイターズネットワーク株式会社

 FINTECH事業部 広報担当 

 TEL:03-5458-8056

 E-mail:pr@gmo-cn.jp


【GMOクリエイターズネットワーク株式会社】(URL:https://www.gmo-cn.jp/

 会社名  GMOクリエイターズネットワーク株式会社

 所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

 代表者  代表取締役社長 五十島 啓人

 事業内容 ■フリーランス向け金融支援サービス

 資本金  1億万円

  

【GMOペパボ株式会社】(URL:https://pepabo.com/

 会社名  GMOペパボ株式会社(東証スタンダード市場 証券コード:3633)

 所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

 代表者  代表取締役社長 佐藤 健太郎

 事業内容 ■ホスティング事業 

     ■EC支援事業 

     ■ハンドメイド事業

     ■金融支援事業

 資本金  2億6,222万円

  

【GMOインターネットグループ株式会社】(URL:https://www.gmo.jp/

 会社名  GMOインターネット株式会社(東証プライム市場 証券コード:9449)

 所在地  東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー

 代表者  代表取締役グループ代表 熊谷 正寿

 事業内容 ■インターネットインフラ事業 

     ■インターネット広告・メディア事業

     ■インターネット金融事業  

     ■暗号資産事業

 資本金  50億円



Copyright(C)2024 GMO Creators Network, Inc. All Rights Reserve

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
関連リンク
https://www.gmo.jp/news/article/8872/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

GMOインターネットグループ

1,692フォロワー

RSS
URL
http://www.gmo.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都渋谷区桜丘町26-1 セルリアンタワー
電話番号
03-5456-2555
代表者名
熊谷正寿
上場
東証プライム
資本金
50億円
設立
1991年05月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード