プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社セガ
会社概要

セガ、令和4年度知財功労賞「経済産業大臣表彰」を受賞 ~変化する事業領域への対応や効率的な組織体制、商標活用への積極性などが評価を獲得~

株式会社セガ

株式会社セガ(本社:東京都品川区、代表取締役社長COO:杉野行雄、以下セガ)は、令和4年度の「知財功労賞」において、商標活用優良企業として「経済産業大臣表彰」を受賞しましたことをお知らせいたします。
「知財功労賞」とは、経済産業省 特許庁が毎年4月18日の「発明の日」に合わせ、知的財産制度を有効に活用し、円滑な運営・発展に貢献する個人や企業を表彰する制度です。

セガは中長期的な成長戦略として、「グローバル」「IP活用」をキーワードとして掲げ、自社の保有するIP資産の幅広い活用を進めています。このたびの受賞は、グローバル、かつ幅広い領域に拡大する事業活動にも効率的に対応する、知的財産権に関する取り組みが評価されたものです。
なお、具体的な受賞のポイントは以下の3点です。

(1)セガの法務知的財産部の人員が、親会社であるセガサミーホールディングス株式会社の知的財産部を兼任することで、セガサミーグループ全体の商標管理などを、より俯瞰的かつ効率的に行える体制を構築している。知的財産部は「ビジネスに寄り添う伴走者」として、新規事業立案からプロアクティブに事業に関与し、商標調査や権利化を行っている。
また、商標登録・管理業務などを内製化しており、大幅なコスト削減と知財スキル強化を図っている。

(2)レトロゲームを含む重要ブランドについては、グッズ販売やオンラインゲームの提供、映画化など、事業の変化に応じてポートフォリオを強化している。
(例えば「Sonic the Hedgehog」は90カ国で約1,900件の商標保護を行った。)
また、「UFO CATCHER®」「プリクラ®」などの商標が普通名称となることを防ぐため、使用や表記のガイドラインを作成している。
 

▲UFO CATCHER®シリーズ「UFO CATCHER 9 third」
 

▲キャラクター「Sonic the Hedgehog」

(3)権利行使を重視しており、侵害品に対しては中国における行政摘発や、各国で警告・訴訟を行うなど、アグレッシブに対応している。また重要商標については、商標登録異議申立を行い、第三者の登録を防止している。


 セガでは、今後も知的財産権に関する活動に積極的に取り組み、豊富なIPとゲーム開発力で、全世界のユーザーに向けて新たな感動体験を創造してまいります。


◆セガについてhttps://www.sega.co.jp/
株式会社セガでは家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲームの企画・開発・販売・運営及びアーケード機器の企画・開発・販売を軸に事業を展開するほか、ゲーム事業で培ったノウハウを生かしたデジタルサービスやプライズをはじめとしたキャラクター商品の企画・開発・販売等を行っています。家庭用ゲーム機、PC、スマートフォン向けゲーム事業においては、日本国内、及び海外のスタジオにて開発したゲームコンテンツを、日本を始め世界各地に置く拠点を通して全世界にご提供しています。また、アーケードゲーム事業においてはプライズマシン、メダルゲームなど革新的な発想力とそれを具現化する高い開発力により時代を象徴する画期的な製品を多数生み出してきました。


※記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。
©SEGA

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
関連リンク
https://www.sega.co.jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社セガ

185フォロワー

RSS
URL
http://sega.jp/
業種
サービス業
本社所在地
東京都品川区西品川1-1-1 住友不動産大崎ガーデンタワー
電話番号
-
代表者名
里見 治紀
上場
東証1部
資本金
-
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード