市街地で出会える、身近な野鳥100種を選抜! 『散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100』で、あしたの散歩が、今日よりもっと楽しくなる。

 インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二宮宏文)は、3月19日に『散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100』を刊行します。


庭で、駅で、見かけた野鳥の名前がわかる。いちばん身近な野鳥図鑑が誕生!

新シリーズ「散歩道の図鑑」の一冊目となる本書は、市街地や公園、河原、湖など、身近な場所で出会える野鳥100種を選抜した、これまでにない図鑑です。

掲載種が100種だからこそ、初心者でも使いやすく、出会いやすく、覚えやすい。
本書があれば、日常のなかで野鳥観察を楽しむことができます。

解説文には図鑑としての基本情報はもちろん、探す際のポイント、観察したい行動、名前の由来などの雑学も掲載。初心者だけでなく、これまで野鳥観察を楽しんできた読者にとっても、街なかでの観察がより一層面白くなる情報が満載です。
自宅で読んでも楽しむことができ、片手で持てるコンパクトサイズ、大きく開ける丈夫な製本なので、持ち歩き用図鑑にもぴったりです。


キャッチフレーズとイラストで、特徴が一目でわかる!

東京の空を飛び回る緑のインコ――ホンセイインコ
タンクトップでお尻ふりふり――イソシギ

キャッチフレーズとイラストは、名前を調べる際の手がかりに。巻頭の全種のイラスト一覧ページのほか、特に見分けが難しいカモのメス、白いサギはイラストを一覧で比較できるページも設けました。
 


●著者略歴
文=柴田佳秀(しばた・よしひで)
1965年、東京都生まれ。東京農業大学卒業。テレビディレクターとして北極やアフリカなどを取材。「生きもの地球紀行」「地球ふしぎ大自然」などのNHKの自然番組を数多く制作する。2005年からフリーランスとなり、書籍の執筆や監修、講演などを行なっている。主な著書・執筆に『講談社の動く図鑑MOVE鳥』(講談社)、『日本鳥類図譜』(山と溪谷社)、『カラスの常識』(子どもの未来社)など。所属:日本鳥学会会員、都市鳥研究会幹事。

写真=菅原貴徳(すがわら・たかのり)
1990年、東京都生まれ。幼いころから生き物に興味を持ち、11歳で野鳥観察を始める。東京海洋大学で海洋学、名古屋大学大学院で海鳥の生態を学んだ後、2016年よりフリーランスの写真家として独立。近著に『図解でわかる野鳥撮影入門』(玄光社)がある。

イラスト=piro piro piccolo
1989年、東京都生まれ。多摩美術大学卒業。イラストレーター。大学卒業と共に野鳥観察を始め、野鳥をテーマにイラストや小物を制作。野鳥が自然のなかで一生懸命生きている姿を伝えることを目標に、かわいらしく親しみやすいイラストを心掛けている。実際に観察できた鳥を描くのがポリシー。国内国外問わず野鳥観察に訪れ、特徴や生態を目と心に焼き付けている。


●書誌データ
書名:散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100
著者:文=柴田佳秀、写真=菅原貴徳、イラスト=piro piro piccolo
アートディレクション&デザイン:吉池康二(アトズ)
発売日:2022年3月19日
定価:1,760円(本体1,600円+税10%)
192ページ/B6版変形・並製PUR
https://www.yamakei.co.jp/products/2822063060.html


【山と溪谷社】 https://www.yamakei.co.jp/
1930年創業。月刊誌『山と溪谷』を中心に、国内外で山岳・自然科学・アウトドア等の分野で出版活動を展開。
さらに、自然、環境、ライフスタイル、健康の分野で多くの出版物を展開しています。

【インプレスグループ】 https://www.impressholdings.com/
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:松本大輔、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「航空・鉄道」「モバイルサービス」「学術・理工学」を主要テーマに専門性の高いメディア&サービスおよびソリューション事業を展開しています。さらに、コンテンツビジネスのプラットフォーム開発・運営も手がけています。

以上


【本件に関するお問合せ先】
株式会社山と溪谷社 担当:白須賀
〒101-0051 東京都千代田区神田神保町1-105 神保町三井ビルディング
TEL03-6744-1900  E-mail: info@yamakei.co.jp
https://www.yamakei.co.jp/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社インプレスホールディングス >
  3. 市街地で出会える、身近な野鳥100種を選抜! 『散歩道の図鑑 あした出会える野鳥100』で、あしたの散歩が、今日よりもっと楽しくなる。