パナソニック 「Inter BEE 2021」にリアル・オンラインのハイブリッドで出展 -KAIROSを軸にコンテンツ制作現場の「撮る・創る・映す」を変革するリモートプロダクションをご提案-

パナソニック株式会社 コネクティッドソリューションズ社(本社:東京都中央区、社長:樋口 泰行)およびパナソニック システムソリューションズ ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:片倉 達夫、以下両社でパナソニック、2022年4月より両社はパナソニック コネクト株式会社に変わります。)は、2021年11月17日(水)~19日(金)に幕張メッセで開催されるメディア総合イベント「Inter BEE 2021」のリアル展示会と2021年11月17日(水)~12月17日(金)に開催されるオンライン展示会に出展します。

放送業界では、人手不足や属人性が課題となる一方で、ネット配信等の制作コンテンツの増加やコロナ禍におけるリモートでのコンテンツ制作のニーズが増加しており、業界における「働き方の改革」が急務となっています。
パナソニックは、「IT/IPプラットフォーム“KAIROS”(ケイロス)」を軸にコンテンツ制作現場の「撮る・創る・映す」を変革するリモートプロダクションを提案し、放送業界に貢献してきた60年以上のノウハウと合わせ、コンテンツ制作現場の課題解決を目指しています。

本展示会では、映像制作/放送関連機材部門とプロオーディオ部門に出展し、新たなワークフローを実現するパナソニックの最新ソリューションをご提案します。

<映像制作/放送関連機材部門>
「LIVE IP × リモートプロダクション」により、お客様のワークスタイルに合わせた新たな価値創出をサポート

「Inter BEE2021」パナソニックブース イメージ【ホール6内】「Inter BEE2021」パナソニックブース イメージ【ホール6内】

ホール6 に出展する映像制作/放送関連機材部門ブースでは、「制作現場を変える LIVE IP × リモートプロダクション」をテーマに、リモートプロダクションを活用したボウリング対戦のライブ配信実演や、KAIROS、カメラシステムソリューション、ライティングソリューションなどLIVE IPを支える最新のソリューションを展示します。

メインステージでは、SITE4D様、公益社団法人 日本プロボウリング協会様ご協力のもと、リモートプロダクションを活用したボウリング対戦をライブで実演します(※1)。KAIROSの特長を活かした「多彩な映像演出」とKAIROSやリモートカメラの活用による「業務効率化」により、遠隔地間でのスポーツのリモート対戦等、様々な配信を「LIVE IP × リモートプロダクション」で実現します。

KAIROS出展ブースでは、KAIROSオンプレミスの活用事例や、2022年春より開始予定のKAIROS クラウドサービス(※2)を展示し、お客様の多様なニーズにお応えする最新の「IT/IPプラットフォーム」をご覧いただけます。

カメラシステムソリューションでは、リモートカメラの新ラインアップ5機種(※3)(4Kインテグレーテッドカメラ(AW-UE80W/K、AW-UE50W/K、AW-UE40W/K、AW-UE20W/K)、HDインテグレーテッドカメラ(AW-HE20W/K))を展示。各機種それぞれ機能が異なる多彩なラインアップで、お客様のご要望に合う最適な機種を選んでいただけます。また、スタジオカメラやライブスイッチャーの新たな使い方もご紹介します。

その他にも最新のスタジオライティングや、ドローンソリューション、5Gゲートウェイ等、パナソニックの多様なソリューションを展示し、「パナソニックのリモートプロダクション」に最大の付加価値をプラスしてご提案します。

<プロオーディオ部門>
設備音響に求められる音作りの最適化をテーマにシーンごとに最適なサウンドソリューションを展開

「Inter BEE2021」パナソニックブース イメージ【ホール5内】「Inter BEE2021」パナソニックブース イメージ【ホール5内】

ホール5に出展するプロオーディオ部門ブースでは、「設備音響に求められる音作りの最適化」をテーマに、RAMSAプロダクトとワイヤレスマイクロシステムを中心とした展示を行います。

長年培ってきた開発力と現場力を活かし、さらに進化を続けるRAMSAからは、大規模空間の音場を支える大型ラインアレイスピーカーWS-LA4WPを展示。スタジアムクラスの大空間で活用される本機をブースにて紹介します。また、今年発売したポイントソーススピーカーWS-HM5000 Seriesや、高音質96Khz運用を実現するデジタルミキサーWR-DX350も展示。多様な音作りをサポートするスピーカーとして小規模空間に適した高音質2WAY方式のニアフィールドスピーカーシリーズもブースでご覧いただける貴重な機会となります。

ワイヤレスコーナーでは、WX-SR200ASeriesを中心とした1.9GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステムを展示。新ラインアップ商品の展示も予定しており、いち早くご覧いただけます。

パナソニックはコンテンツ制作現場のイノベーションパートナーとして、「撮る・創る・映す」の業務プロセスを変革し、お客様の経営課題の解決に貢献していきます。ぜひパナソニックブースに来場ください。

※1 JPBA(公益社団法人 日本プロボウリング協会)は、これまでにないプロスポーツリーグの在り方を追求することを目的とし、最新テクノロジーを積極的に活用した男女プロ融合チームの新トップリーグを構想中です
※2 KAIROS クラウドサービス プレスリリース(2021年10月26発表)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/10/jn211026-1/jn211026-1.html
※3 リモートカメラ新ラインアップ5機種 プレスリリース(2021年10月12発表)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2021/10/jn211012-1/jn211012-1.html

【Inter BEE 2021概要】
<会場・会期>
■幕張メッセ会場
2021年11月17日(水)10:00~17:30
2021年11月18日(木)10:00~17:30
2021年11月19日(金)10:00~17:00

■オンライン
2021年11月17日(水)~12月17日(金)

<入場>
無料(全来場者登録入場制)

<主催>
一般社団法人 電子情報技術産業協会

【パナソニック オンライン展示会ページ】
・映像制作/放送関連機材部門
https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/exhibitor_info/detail/?id=364
・プロオーディオ部門
https://www.inter-bee.com/ja/forvisitors/exhibitor_info/detail/?id=420

【出展内容】
<映像制作/放送関連機材部門 ホール6>
出展コンセプト:制作現場を変える LIVE IP × リモートプロダクション

■LIVE IPソリューション
・ KAIROS(オンプレミス・クラウドサービス)
・ 低遅延映像配信システム
・ ドローンソリューション
・ 5Gゲートウェイ

■カメラシステムソリューション
・ AR映像プロダクションシステム
・ 4K/HDインテグレーテッドカメラ
・ スタジオカメラ
・ ライブスイッチャー
・ NDI I/Fユニット

■ライティングソリューション
・ 最新スタジオ調光卓ライトミキサーSNW
・ LED照明機材

<プロオーディオ部門 ホール5>
出展コンセプト:設備音響に求められる音作りの最適化

・ RAMSA ラインアレイスピーカー
・ RAMSA ポイントソーススピーカー
・ RAMSA デジタルミキサー
・ RAMSA 電源制御ユニット
・1.9GHz帯デジタルワイヤレスマイクシステム

【関連情報】
・Inter BEE2021パナソニックブース特設サイト
https://biz.panasonic.com/jp-ja/events/interbee2021
・パナソニック ビジネスソリューションサイト
https://biz.panasonic.com/jp-ja/

【お問い合わせ先】
パナソニック システムお客様ご相談センター
電話:0120-878-410(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)
  1. プレスリリース >
  2. パナソニック >
  3. パナソニック 「Inter BEE 2021」にリアル・オンラインのハイブリッドで出展 -KAIROSを軸にコンテンツ制作現場の「撮る・創る・映す」を変革するリモートプロダクションをご提案-