【村松崇継】ニューアルバム『青き海辺のカタルシス』リリースに合わせて「村松崇継ライブ&ドキュメント~新たな挑戦~」をWOWOWで再放送!

「村松崇継ライブ&ドキュメント~新たな挑戦~」 9月4日(火)夜9:00~【WOWOWライブ】

作曲家・ピアニスト村松崇継のライブや活動の舞台裏に迫る注目の番組が、昨年WOWOWで放送され大好評を博した。1978年生まれの村松崇継は、高校在学中にオリジナル楽曲を収録したピアノ・ソロ・アルバム『窓』でデビュー。劇伴の作曲家としては、大学在学中に映画『狗神』でキャリアをスタートさせた。その後、連続テレビ小説「天花」、スタジオジブリ作品『思い出のマーニー』などを担当し、これまでに50作以上の映画、テレビドラマ、舞台、ミュージカルなどの音楽を世に放ってきた。近作では、『思い出のマーニー』を手掛けた米林宏昌監督がジブリ退社後に、アニメーション制作会社のスタジオポノックで手掛けた第1回長編作品『メアリと魔女の花』に続き、8月24日公開のポノック短編劇場『ちいさな英雄―カニとタマゴと透明人間―』の1作『カニーニとカニーノ』に参加している。

今回の番組は、2017年8月9日にBillboard Live TOKYOで開催した「村松崇継 LIVE featuring the piece of『メアリと魔女の花』」の模様やインタビューを放送。本人へのインタビューでは、“なぜ今、アーティストとしての活動をスタートさせたのか?”など彼が新たな挑戦に挑んだ真意に迫る。更に、『メアリと魔女の花』でタッグを組んだ米林宏昌監督・西村義明プロデューサーとの鼎談も含まれるなど貴重な内容であり、自身が「今がターニングポイント」だと言う当時の活躍と音楽制作の裏側を追っている。
そしてこの度、8月22日のニューアルバム『青き海辺のカタルシス』リリースに合わせて、この番組を9月4日に再放送。アルバムと共に村松崇継の作り出す音楽をめぐる物語を、番組で楽しんで頂きたい。

【WOWOW番組情報】
「村松崇継ライブ&ドキュメント~新たな挑戦~」
9月4日(火)夜9:00~ [WOWOWライブ]
『メアリと魔女の花』の音楽を紡ぐ、若手の気鋭作曲家・ピアニスト村松崇継。多くの映画やドラマなどの作曲、演奏で活躍する彼のライブの模様や、2017年の活動の裏側に迫る。
WOWOW番組サイトhttp://www.wowow.co.jp/music/muramatsu/
 

【ニューリリース情報】
New Album『青き海辺のカタルシス』2018.08.22 Release
映画『メアリと魔女の花』(2017年)、第41回 日本アカデミー賞 優秀音楽賞受賞〈2年連続受賞〉の映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(2017年)をはじめ、ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」、ドラマ「ラストチャンス 再生請負人」(2018年)の劇伴音楽。更には、シンガーソングライターとして初の書き下ろし楽曲となった「Starting over」、NHK連続テレビ小説「だんだん」(2009年)の劇中歌として作詞Miyabi(竹内まりや)と制作した「いのちの歌」のセルフカバー曲など全7曲を収録。9月8日には、「村松崇継LIVE Vol.3 ~青き海辺のカタルシス~」と題し、Billboard Live TOKYOにてライブを開催する。
詳細はオフィシャルサイトへhttp://www.muramatsu-t.net/
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. 【村松崇継】ニューアルバム『青き海辺のカタルシス』リリースに合わせて「村松崇継ライブ&ドキュメント~新たな挑戦~」をWOWOWで再放送!