オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)Premium」シリーズを発売

XEPHY Premiumシリーズ 室外機 室内機XEPHY Premiumシリーズ 室外機 室内機

パナソニック株式会社(以下、パナソニック)は、新「ナノイーX」を搭載し清潔性をさらに向上させ、業界トップクラス(※1)の省エネ性を実現した、オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)Premium」シリーズ(室内機11タイプ、全353品番)を2022年4月より順次発売します。

業務用空調機市場では、コロナ禍において「新しい生活様式」の実践が求められる中、店舗やオフィスなどで空気質に対する意識が高まっています。また、気候変動への対応は世界的に関心が高く、空調機においては冷媒のフロン類使用や省エネ対応など、より地球環境への対応が求められています。

本製品は、先に家庭用ルームエアコンに搭載した新「ナノイーX」を、業務用空調機の室内機11タイプのうち5タイプ(※2)に搭載しました。オフィス内の花粉(アレル物質)やPM2.5などの有害物質を抑制(※3、4)、加齢臭はパナソニック従来品に比べて半分以下の時間で脱臭(※5)します。また、介護老人保健施設などで発生する汗臭・尿臭・便臭の脱臭を、短時間で行います。室内機の内部クリーン運転では、熱交換器の乾燥とエアコン内部に新「ナノイーX」を循環させることで、エアコン内部のカビ菌の成長を抑制します。

さらに、熱交換器の容量アップや通風回路を見直すことで、需要の高い室内機である4方向天井カセット形接続において、業界トップクラスのAPF(通年エネルギー消費効率)を達成しました。
これら商品の機能性向上に加えて、4方向天井カセット形室内機のデザインを一新。天井に埋め込む筐体の高さを低くすることで天井裏でのスペースを確保し、作業効率向上を図りました。さらに、天井パネルは空間に調和したスタイリッシュなデザインになりました。

パナソニックは、本製品により高い省エネ性を実現しながら清潔性・快適性が向上した空間を提供するとともに、今後もオフィスや店舗における多様なニーズに幅広く対応した製品を提案していきます。

<特長>
1. 新「ナノイーX」搭載で、室内空気の清潔性と快適性が向上
2. 熱交換器の容量アップや通風回路を見直し、業界トップクラスの省エネ性を実現
3. 室内機(4方向天井カセット形)で業界最薄(※6)を実現し、施工性とデザイン性を向上

【品名】オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)Premium」
【品番数】室内機11タイプ、全353品番
【希望小売価格(税込・工事費別)】903,100円~4,196,500円
【発売日】2022年4月発売予定

※1:2022年1月26日現在、パナソニック調べ 4方向天井カセット形室内機との接続において
※2:4方向天井カセット形・2方向天井カセット形・天井吊り形・壁掛け形・床置き形の5タイプ
※3:【試験機関】パナソニック株式会社 プロダクト解析センター
【試験方法】約6畳の試験室内で布に付着させたアレル物質をELISA法で測定。新「ナノイーX」搭載室内機を運転し「ナノイー」を放出
【対象】付着した花粉のアレル物質
【結果】24時間で99%以上抑制
※4:【試験機関】パナソニック株式会社 プロダクト解析センター
【試験方法】約6畳の試験室内で付着した有機物量を測定。新「ナノイーX」搭載室内機を運転し「ナノイー」を放出
【結果】〈芳香族カルボン酸:安息香酸〉約8時間で99%以上分解〈アルカン:ヘキサデカン〉約12時間で99%以上分解
※5:【試験機関】パナソニック株式会社 プロダクト解析センター
【試験方法】試験室(約35畳)において6段階臭気強度表示法により検証、臭気強度1.8になるまでの時間
【脱臭の方法】新「ナノイーX」搭載CS-P160U6を運転し、「ナノイー」を放出
【対象】付着した加齢臭(ノネナール)
※6:2022年1月26日現在、パナソニック調べ

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)Premium」シリーズを発売(2022年1月26日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/01/jn220126-1/jn220126-1.html
  1. プレスリリース >
  2. パナソニックグループ >
  3. オフィス・店舗用エアコン「XEPHY(ゼフィ)Premium」シリーズを発売