北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO」の総合演出システムにパナソニックの「KAIROS」がスタジアム初採用

 

ES CON FIELD HOKKAIDO完成予想図ES CON FIELD HOKKAIDO完成予想図

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 社長・CEO:樋口泰行)は、2023年3月に開業する北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO(エスコンフィールドHOKKAIDO)」(※1)の総合演出システムに、自由度の高い映像制作を可能にする映像制作ソリューション「KAIROS(ケイロス)」が採用されたことをお知らせします。大型映像やサイネージの規格にとらわれない自由な映像制作が可能となるほか、スタジアム全体をICTでシームレスにつなぐことで、場内約600台のデジタルサイネージや照明・音響が連動した演出が可能となり、来場者へ一体感のある観戦体験をご提供。新たな空間づくりを実現します。なお、「KAIROS」のスタジアムにおける採用は全国初となります。

「ES CON FIELD HOKKAIDO」は、敷地面積5 ha、収容人数は3万5000人、掘り込み式フィールドから地上4階まで観客エリアが広がる日本初の開閉式屋根付き天然芝球場です。フィールドを見渡せる360度型のコンコースや、世界初の球場内温泉・サウナと日本初のフィールドが一望できる球場内ホテル等がある「TOWER11」など、様々なシチュエーションで新しい観戦体験を楽しめます。このような観客席から離れている場所でも一体感・没入感の高い観戦体験をご体験頂くため、スタジアム全体のオペレーション効率化の他、今までにない新しい演出をご提供する必要がありました。

そこで、パナソニック コネクトが提供する自由度の高い映像制作を可能にする映像制作ソリューション「KAIROS」によって、多種多様な映像コンテンツを効率的に制作、次世代のライブエンターテインメントの提供を実現します。また、「新スタジアムコンテンツマネジメントシステム」により、映像制作ソリューション「KAIROS」と場内約600台のデジタルサイネージ、さらには世界最大級の大型ビジョン2面、最新鋭の映像・照明・音響システムを統合することで、どこにいても一体感・没入感の高い演出を提供し、スタジアム全体を盛り上げます。

※1 ES CON FIELD HOKKAIDO公式サイト https://www.hkdballpark.com/stadium/

全文は以下プレスリリースをご覧ください。
▼[プレスリリース] 北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO」の総合演出システムにパナソニックの「KAIROS」がスタジアム初採用(2022年10月6日)
https://news.panasonic.com/jp/press/data/2022/10/jn221006-2/jn221006-2.html

<関連情報>
・ES CON FIELD HOKKAIDO公式サイト
https://www.hkdballpark.com/stadium/
・IT/IPプラットフォーム KAIROS
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav_kairos
・パナソニック 放送・業務用映像システム
https://biz.panasonic.com/jp-ja/products-services_proav
・パナソニック CATV関連製品
https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services/catv
・パナソニック コネクト Newsroom
https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom
  1. プレスリリース >
  2. パナソニックグループ >
  3. 北海道日本ハムファイターズの新球場「ES CON FIELD HOKKAIDO」の総合演出システムにパナソニックの「KAIROS」がスタジアム初採用