オンラインショップ『花時間マルシェ』が、涼感たっぷりの「ハーバリウム」を期間限定で販売開始!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)が運営するオンラインショップ『花時間マルシェ』が「ハーバリウム」の販売を開始しました。


プリザーブドフラワーなどをオイルに浸した、人気のインテリア雑貨、ハーバリウム。『花時間マルシェ』では、フラワーアーティストが手作りした、ハイセンスなハーバリウムをお届けします。ボトルの底に敷いた白い小石や口元のリボンの色など、細かいところまで丁寧に、心を配って作り上げた、特別な方のための、特別なハーバリウムです。​


花時間マルシェ
https://store.kadokawa.co.jp/shop/pages/hanajikan_marche.aspx



蓋にも注目。華やかハーバリウム(フラワーアーティスト橋爪容子作)

橋爪容子さんが提案するのは、ボトルの蓋に装飾を施した華やぎのあるハーバリウム。花材の色合わせや小物使いも絶妙です。自宅に飾るのはもちろん、大切な方への贈りものにもおすすめ。


光を取り込む大人のハーバリウム(フラワーアーティスト平澤一美作)

平澤一美さんが提案するのは、色使いをシンプルにして、ボトルの形やワイヤー使いで空間に光を取り込む、大人っぽいハーバリウム。


色が弾けるキュートなハーバリウム(フラワーアーティスト上野礼奈作)

上野礼奈さんが提案するのは、プリザーブドフラワーをたっぷり使った、カラフルで愛らしいハーバリウム。自宅に飾れば部屋のアクセントになりますし、華やかなので贈りものにしても喜ばれそう。


ハーバリウムの新スタイル<インテリアフレーム>

こちらは、橋爪容子さん作、四角いフレームと円柱形のハーバリウムをコラボレーションさせた、新しいインテリア雑貨です。フレームには、石けんを素材にしたソープローズをメインに、何種類ものグリーンを重ね、フレッシュなアレンジを施しました。


花時間マルシェ
https://store.kadokawa.co.jp/shop/pages/hanajikan_marche.aspx

 

 

花時間マルシェとは?

1991年の創刊以来、花のある暮らしを提案し続けてきた雑誌『花時間』。
創刊25周年の2016年10月、編集部が運営する花屋さんが誕生しました。
それがオンラインショップ『花時間マルシェ』です。

『花時間マルシェ』では、市場直送の花や、なかなか入手しにくい珍しい花、『花時間』で活躍するフラワーアーティストがデザインするアレンジメントを販売しています。

大切な人への贈りものに、自分へのご褒美に。
美しく新鮮な花たちが届ける、心豊かなひと時をどうぞ。

花時間マルシェ
https://store.kadokawa.co.jp/shop/pages/hanajikan_marche.aspx

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. オンラインショップ『花時間マルシェ』が、涼感たっぷりの「ハーバリウム」を期間限定で販売開始!