いざ!42年ぶりの米メジャー制覇へ――過去最多13人の日本勢が女子ゴルフ界最高峰のメジャー「全米女子オープン」に参戦!!開幕直前の日本勢にWOWOWが独占インタビュー

「メジャー第2戦!全米女子オープン」5/31(金)からWOWOWで連日生中継!

畑岡奈紗 ©GettyImages畑岡奈紗 ©GettyImages

メジャー第2戦となる全米女子オープンは、1946年に第1回大会を開催。LPGAで現存する最古のメジャーであり、最も格式ある大会ともいわれている。賞金総額はツアー最高額の500万ドル!
今年の会場はアメリカ・サウスカロライナ州に位置するカントリー・クラブ・オブ・チャールストン。1900年に設立され、コース設計は1922年の移転の際、ノンゴルファーのコース設計家で幾何学デザインのさきがけとして名コースを残すセス・レイナーによるもの。
数々のドラマが生まれたこのメジャー大会で掴む勝利は、すべての女子ゴルファーにとって名誉なことである。
42年ぶりのメジャー優勝を狙う日本勢は、畑岡奈紗や勝みなみ、比嘉真美子、新垣比菜など史上最多の13名が出場!
WOWOWでは、大一番を目前に控えた日本勢に独占インタビューを行った。

畑岡奈紗
Q.今季は既に1勝をあげましたが、2勝目を目指して今週はいかがですか?
「今週は先週に引き続き調子が良いので、あとはそれをコースで出すだけだと思います。」

Q.先週は得意のピュア・シルク選手権でしたが、今週に向けてどのように会場入りされましたか?
「先週の大会前にこのコースで2ラウンド練習をしてから、ピュア・シルク選手権に臨みました。すごくイメージは良く、その状態で試合を行い結果も残せたので、良い感覚で会場入りできました。」

Q.コースコンディションはいかがですか?
「2週間前の方が、グリーンが硬い印象があり、本戦はどうなるのかと思っていたのですが、少し柔らかくなった感じがします。」

Q.今大会は日本人選手が多く出場します。普段のLPGAの試合とは違う印象ですがいかがですか?
「世界各国で予選会があり、たくさんの国から選手が集まってくるのですごく楽しみです。」

Q.初日、2日目は先輩の比嘉真美子選手、成田美寿々選手と同じ組で、日本人3選手でのラウンドはなかなか無いことですがいかがですか?
「最初にペアリングを見た時はびっくりしましたが、楽しくプレーできたら良いなあと思います。」

Q.今週の意気込みをお願いします。
「今週は楽しくラウンドして、良い成績を残せるように頑張りたいです。」


■横峯さくら
Q.コースコンディションですが、いつもの全米女子オープンと何か変わったところはありますか?
「いつもの全米女子オープンは、ティーショットでフェアウェイが狭く、ラフが長い印象ですが、今年はフェアウェイが広くてラフも短く、また全然違う全米女子オープンだと思います。」

Q.横峯選手には戦いやすいコースですか?それともプレーしづらいコースですか?
「ロングヒッターに有利なコースだと思います。セカンドショットでグリーンを捉えることができれば、可能性はありますが、グリーンを外した時にもしっかり拾えるかどうかが大事になると思います。」

Q.グリーンの形状が複雑ですよね?
「アンジュレーションがすごくあり、グリーンのどこに打っていくかが大事になってくると思います。」

Q.この暑さの中、いよいよ明日から大会が始まりますが、今週への意気込みをお願いします。
「明日は午後スタートなので、初日から出遅れないように4日間プレーを頑張りたいです。」


■山口すず夏

©GettyImages©GettyImages

Q.見事にアメリカの予選会を突破して全米女子オープンの切符を手にしました。おめでとうございます。
「ありがとうございます。」

Q.コースの印象はいかがですか?
「結構グリーンが大きく、アンジュレーションがあるので、グリーンがポイントになると思います。」

Q.キーホールはどこになりますか?
「自分の中では、6番のパー3でしっかりパーを取りたいと思います。」

Q.先週のピュア・シルク選手権ではしっかり予選通過されましたが、今ご自身のゴルフのコンディションはいかがですか?
「先週良くなってきていると思ったんですけど、初日よくてその後はなかなかスコアを伸ばせませんでした。今週こちらに来てちょっとショットが暴れているんですけど、多少疲れもあると思うので、しっかり確認して明日を迎えられれば良いと思います。」

Q.今週に向けての意気込みをお願いします。
「プロとして初めてのメジャー大会となるので、しっかり予選通過をして上位争いができるように頑張りたいです。」


■成田美寿々
Q.練習ラウンドはしっかりできましたか?
「土日は1ラウンドずつし、月曜日にはハーフラウンド、昨日は休み、今日ハーフラウンドしたので、3ラウンドみっちりやりました。」

Q.コースの印象はいかがですか?
「フェアウェイが広くて花道もすごく開けていて、その分バンカーに入れたら難しいシチュエーションになるなど、すごくはっきりしているコースの印象です。」

Q. 成田選手にはプレーしやすいコースですか?
「日本っぽいコースでもあるので、やりやすいと思います。」

Q.暑さへの対策は何かされていますか?
「私は普段あまり日傘を差さないのですが、この暑さだと差さないと死んじゃうので差そうと思います。」

Q.明日から大会が始まりますが、今週への意気込みをお願いします。
「順位や優勝争い、と言おうと思ったのですが、最近自分の武器であるバーディが取れていないので、4日間でバーディを20個取りたいと思います。」

Q.20個期待しています。頑張ってください。
「ありがとうございます。」


■比嘉真美子
Q.コースを回っての感覚はどうですか?
「すごく綺麗なコースで、バーディを取れるチャンスホールと、パーを拾っていかなきゃいけないホールとあり、緩急がついたコースになっていると思います。」

Q.結構暑いと思うのですがいかがですか?
「かなり暑いですが、どうにか耐えられる暑さなので、体調と暑さに負けないようにコンディションに気を付けて整えていければ大丈夫だと思います。」

Q.今季LPGAツアーでは2試合目のメジャー大会ですが、意気込みはいかがですか?
「前回のANAでは良いプレーができなかったので、今週は良いプレーをして上位で戦いたいという気持ちが倍増しています。でも、リラックスして現地入りもできているので、明日からすごく楽しみです。」

Q.かなり高いところに目標を置かれているのではないですか?
「これまでメジャー大会での最高順位が昨年の全英リコー女子オープンの4位タイなので、過去の自分を越えていきたいという気持ちが強いですし、越えていけるという自信もあります。今の自分がどのように戦っていけるかが今はすごく楽しみです。」

Q.期待しています。頑張ってください。
「ありがとうございます。」


■鈴木愛
Q.コースの印象はいかがですか?
「グリーンのアンジュレーションがすごくあって難しいのと、緑に見えたり、白に見えたりと見た目に騙される部分が大きいです。芝が緑に見えるからと言って重いわけではなくて、ラインも読みにくくなっているので、その辺も難しいです。」

Q.鈴木選手が経験されている、いつものメジャー大会とは違うタイプのコースですか?
「雰囲気はいつも通りの全米女子オープンという感じですが、グリーンのアンジュレーションがここまで強いと思わなかったので惑わされています。」

Q.コンディションはいかがですか?
「土曜日、日曜日は良かったのですが、日に日に暑さも増していて、ちょっとずつ自分のリズムが崩れているように感じるので、今日しっかり調整して明日に備えたいと思います。」

Q.明日から始まりますが、意気込みを一言お願いします。
「明日は午後スタートなんですけど、午後は暑さで集中力が切れてしまうことが多いので、まずは集中したいです。また、初日は良いスコアを出したいので、明日がキーポイントになってくると思います。」

Q.得意のパッティングでこのコース攻略できそうですか?
「頑張ります!」


■勝みなみ

©GettyImages©GettyImages

Q.先週急遽この大会への出場が決まりましたが、その時の心境はいかがでしたか?
「本当に現実味がなくて、先週の水曜日にLPGAの方から、中京テレビ・ブリヂストンレディスオープンの結果次第で出場権を得られる、という通知をいただきました。まずは、自分のプレーに集中して、笑顔で楽しく頑張ろうという想いでプレーしました。結果的に優勝できて、弾丸ですがこちらに来られました。暑いですけど、雰囲気もゴルフ環境もすごく良いので、明日からの試合が楽しみです。」

Q.ハードなスケジュールですが、体調はいかがですか?
「体調は良いです。調子もだんだん上がってきているので、今週も楽しみです。」

Q.今回はメジャー初挑戦になると思うんですが、日本勢が13人参戦されますが勝選手にとってはいかがですか?
「私は多い人数で頑張りたいので、いろんな先輩方、アマチュアの後輩も出場するので、そういう方たちと頑張っていきたいです。」

Q.勝選手世代の選手が多く出場されますが、ご自身にとって戦いやすい要因になりますか?
「初日、二日目と同級生の天本選手とラウンドするので、すごく楽しみです。日本でもなかなか一緒に回ることはないので、全米女子オープンという場で回れることが楽しみです。」

Q.コースの印象はいかがですか?
「結構フラットで、インコースは難しいホールがあります。さすが全米女子オープンというコンディションです。」

Q.今年はロッテ選手権でLPGAツアー初参戦をされ見事17位タイでした。それ以降日本ツアーでも大活躍されていますが、勝選手にとっては大きなきっかけになりましたか?
「だいぶきっかけになったと思います。自信を取り戻して日本ツアーに戻り2勝を挙げられたのも、ロッテ選手権に出場していろんな技術や選手を見て、自分の武器、足りない部分をはっきり感じることができたことが大きかったからです。」

Q.良い自信をつけて、日本ツアーでまた勝って今大会へ臨んできましたが、今週の目標はどのようなところに置いていますか?
「今週も笑顔で楽しく回るということが、まずひとつの課題なのでそこをクリアできれば良いと思います。」

Q.その課題の先には上位フィニッシュということが見えてきますか?
「まずは、笑顔で楽しく回ってみて、結果的に良い順位が付いてくればよいという感じなので、あまり結果は見ていないです。」

Q.勝選手の笑顔に期待しています。楽しみます。頑張ってください。
「ありがとうございます。」


■新垣比菜
Q.コースの印象はいかがですか?
「フェアウェイが広くてフラットという印象が一番強いですが、あまりこのようなコースでゴルフをすることは無かったので、初めてな感じです。」

Q.選手の多くがグリーンの形状が複雑で大変と仰っていますがいかがですか?
「11番ホールのグリーンなんかは日本には無い感じで難しいと思います。」

Q.このコースは新垣選手にとって戦いやすいコースですか?
「グリーンで苦戦しそうな感じはするのですが、フェアウェイが広いのでティーショットは思いっきり振れると思うので、そこは良かったです。」

Q.今週は厳しい暑さとなっていますが、体調はいかがですか?
「意外と時差ボケとかはあまり感じていなくて、暑さが一番頑張らなくていけないと感じています。」

Q.今回がLPGAメジャー大会は初挑戦となりますが、どのような意気込みですか?
「まだ緊張はしていないのですが、ずっと出場したかった全米女子オープンなので、明日から緊張してくると思います。そこで自分のゴルフができるようにしたいです。」

Q.今までの全米女子オープンのイメージと、実際に現地入りして感じたギャップなどはありますか?
「一番大きな大会(なので、緊張感もすごいのかな、)というイメージでしたが、実際に来てみると(開幕前ということもあって)皆さん陽気というか……(笑)。明日から試合という空気感はないですね。」

Q.今週の目標はどのようなところですか?
「初めての出場なので、予選通過できるように頑張りたいです。」


岡山絵里
Q.まずは日本最終予選会をトップ通過おめでとうございます。
「ありがとうございます。」

Q.今はどのようなお気持ちですか?
「明日がとても楽しみです。」

Q.アメリカの地は初めてだと思いますが、実際にコースなどはいかがですか?
「想像していたよりラフが無いですが、グリーンのアンジュレーションが多く、硬い、速い、また芝目もあり難しい印象です。」

Q.昨年の全英リコー女子オープンはしっかり予選を通過され、最後良い成績を収められましたが今大会の目標はありますか?
「もちろん予選を通過したい気持ちもありますが、多分緊張すると思うので、一打一打をしっかり大事にプレーできたらなあと思います。」

Q.このコースでご自身のどのようなゴルフを見せたいですか?
「気分よくバーディをバンバン取るプレーはできないと思うので、我慢強くプレーしたいと思います。」


■吉田優利
Q.日本最終予選会を突破して初の大舞台出場ということでおめでとうございます。
「ありがとうございます。」

Q.今のお気持ちをお聞かせください。
「すごく楽しみにしていて、ドキドキしているのですが、緊張というよりは楽しみです。」

Q.ラウンドされてみてこのコースの印象はいかがですか?
「パッと見フェアウェイも広くて、そこまで難しそうには見えないのですが、グリーンに癖があり、グリーン周りでスコアを落としてしまうと結構、苦しくなってしまうような気がします。」

Q.アメリカの大舞台に出場されるということで、今はどのようなお気持ちですか?
「オーガスタ女子アマに出場できなかった分、ここでたくさんの経験を積みたいですし、全米女子オープンに出たいという強い気持ちが芽生えたので、その気持ちを無駄にしないようにプレーしたいです。」

Q.ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンでは、1打差で残念ながら予選通過できませんでしたが、今週はどのような大会にしたいですか?
「ISPSハンダ・オーストラリア女子オープンでは、調子が悪かった分、学ぶことがすごく多くて、それをこの大会に活かせると思います。」

Q.意気込みをお願いします。
「今週4日間プレーできるように、体調、コンディションと話し合いながら、コースの状況をよく見てプレーしたいと思います。」

Q.日本のファンの方々へメッセージをお願いします。
「私の持ち味である、粘りあるプレーを皆様にお届けし4日間プレーできるように頑張ります。」


■天本遥香
Q.コースの印象はいかがですか?
「難しいと感じるところもあるのですが、メリハリをつけてプレーすれば良いかなと思っています。」

Q.この暑さはいかがですか?
「暑いですね。体力を奪われるので、そこだけはすごく注意しています。」

Q.今回メジャー初挑戦ということになりますが、今までご自身の中で描いていたイメージと実際に練習ラウンドをされた印象とでギャップはありますか?
「思ったより雰囲気が柔らかく、メジャーなのでピリピリしていると思っていたのですが、皆さん楽しくプレーしているように思います。そこにギャップを感じました。」

Q.今回は13人の日本人選手が参戦されますが、逆に戦いやすいですか?
「久しぶりに会う選手でしたり、韓国語が話せることから韓国選手と交流できているので、すごくリラックスしてゴルフができています。」

Q.タフなコース、タフなコンディションになりますが、体調はいかがですか?
「万全です。」

Q.今週の目標はどういうところに設定されていますか?
「自分のベストを尽くして、どこまでできるかというところです。全く想像はつかないので、自分にできることだけをやっていきたいです。」

Q.明日が初日ですが、ワクワクしていますか?ドキドキしていますか?
「ワクワクの方が大きいですが、どうなるか自分でも分からないので、挑戦という意味でも思い切ってプレーできれば良いと思います。」


■上野菜々子
Q.このコースの印象はいかがですか?
「まずフェアウェイが広くて、すごくティーショットが打ちやすいということが第一印象です。セカンドショットはグリーンが幅広いので狙いやすいんですけど、傾斜や周りのバンカーやラフを気にすると、狙うグリーンが狭くなるという印象です。」

Q.初めての全米女子オープンはどのようなお気持ちですか?
「日本のツアーと印象はあまり変わらないです。会場がすごく広いということと、外国人選手ばかりなので英語が飛び交っています。聞き取りはできるのですが話せないので、その辺を頑張っていきたいです。」

Q.最後に日本のファンの皆様に意気込みをお願いします。
「いつも応援ありがとうございます。全米女子オープンは初めての舞台なのですが、自分なりの力を精一杯引き出せるように4日間戦い抜きたいと思っていますので応援よろしくお願いします。」


◆◆◆WOWOW LPGA 放送スケジュール◆◆◆
【放送情報】
<第1日>
5/31(金)午前4:00[WOWOWプライム]※無料放送
5/31(金)午前6:00[WOWOWライブ]※無料放送
<第2日>
6/1(土)午前4:00[WOWOWプライム]
6/1(土)午前6:00[WOWOWライブ]
<第3日>
6/1(土)深夜3:00[WOWOWプライム]
6/2(日)午前6:00[WOWOWライブ]
<最終日>
6/2(日)深夜3:00[WOWOWプライム]
6/3(月)午前6:00[WOWOWライブ]
★連日生中継!★WOWOWメンバーズオンデマンドにてライブ配信あり

【出場注目選手】
畑岡奈紗、上原彩子、横峯さくら、山口すず夏、鈴木愛、比嘉真美子、成田美寿々、岡山絵里、吉田優利(アマ)、天本遥香、上野奈々子(アマ)、新垣比菜、勝みなみ、コ・ジンヨン、ミンジ・リー、パク・ソンヒョン、アリヤ・ジュタヌガーン、パク・インビ、レクシー・トンプソン、ブルック・ヘンダーソン、キム・セヨン、ネリー・コルダ

【解説/実況】
解説:服部道子、馬場ゆかり(第3日、最終日)
実況:吉本靖
現地リポーター:レックス倉本

その日のハイライトやスーパーショットなどを全日程お届けしている番組「LPGAデイリーゴルフニュース」を始め、選手のプライベートに迫るコーナー「Tee Up & Tea Time」、トップ選手たちの情報を分かりやすくお届けする「LPGA Player’s Guide」、そしてゴルフプレーヤーの役に立つ、解説者による「SWING CHECK」など、LPGA女子ゴルフツアーをより一層お楽しみいただける、ゴルフファン必見の企画を多数お届け!
WOWOWオンライン(https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/「LPGA女子ゴルフツアー公式サイト」、新情報は「WOWOWゴルフ 公式ツイッターアカウント」 @wowowgolf でチェック!
日本のエース・畑岡奈紗の最新情報は、畑岡奈紗特設サイトでチェック!「畑岡奈紗 WOWOW」で検索!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. いざ!42年ぶりの米メジャー制覇へ――過去最多13人の日本勢が女子ゴルフ界最高峰のメジャー「全米女子オープン」に参戦!!開幕直前の日本勢にWOWOWが独占インタビュー