ギターはもちろん、ベース、ドラム、キーボードも使いこなす斉藤和義 2年ぶりの弾き語りツアーの東京公演をWOWOWで放送!

4月から6月にかけて全国27都市で、弾き語りツアー“Time in the Garage”を開催した斉藤和義。コンスタントにライブやツアーを行ってきている彼の弾き語りツアーはおよそ2年ぶり。東京公演は6月に中野サンプラザで行われた。 


クルマのエンジン音が鳴り、こちらに向かってくる足音が響く。扉が開き、たくさんのギターが並べられたガレージに斉藤和義が登場し、ブルースハープとアコギをかき鳴らし「月光」でライブがスタート。引き続きアコギの弾き語りで「愛に来て」を披露するのだが、不思議とタンバリンの音が聞こえる。足元のペダルを踏めばギター以外の音が出る仕組みになっており、“弾き語り”という概念にとらわれないプレイで魅せる。さらにペダルを踏めばリズム音が鳴り、エレキギターに持ち替えて「ずっと好きだった」を聴かせた。 

「WOWOWで放送があるので必要以上に盛り上がってください」と会場を和ませ、日替わり曲を披露するコーナーでは、アコギの音だけで出る渋みとグルーブ感がたまらなくかっこいい「Cheap & Deep」を選曲。

そして「デビュー前は5曲ぐらいしか曲がなかった」と話し、その1曲である「何となく嫌な夜」をクラシックギターで演奏。やわらかい音色に合わせ、間奏に響く斉藤の口笛も楽器のひとつになる。

「今年の秋に映画が公開されます。『アイネクライネナハトムジーク』、10数年前に伊坂さんと「何か一緒にやりませんか?」と話をして。歌詞は書いたことがないので小説を書きますよって短編小説を書いてくれたんです」と、作家・伊坂幸太郎との交流について語り、その映画の劇伴と主題歌を担当することを告げ、主題歌の「小さな夜」をいち早く披露した。

斉藤はギターだけでなく、いろんな楽器を巧みに演奏する。「嫌いになれない」は楽屋での練習用キーボードをステージに持ち込み弾き語りでじっくりと聴かせ、その後、ステージ上手に組まれたドラムセットに移ると、1996年にレコーディングした時のマスターテープからドラムとボーカルを抜いた「幸福な朝食 退屈な夕食」の音源を鳴らし、斉藤がドラムを叩き歌いながら96年当時の自身とセッション!

そして、歌とギターを抜いたマスターテープとセッションした「老人の歌」は、途中アコギからエレキに持ち替えギターソロを弾くと、観客の全ての視線を釘付けに。言うまでもなくステージにはたった一人しかいないが、趣向を凝らし色々な魅せ方が出来るのも斉藤和義ならではだ。

 

終盤は「Good Luck Baby」、自作のギターとベースを一つにしたダブルネックの楽器でルーパーに録音し、その音に合わせ「アレ」をダイナミックな演奏と歌声で聴かせ、本編ラストは「Summer Days」。歌の中に“シェキナベイベー”や“ショーケン”、“ミチロウ”などを盛り込み、内田裕也、萩原健一、遠藤ミチロウといった偉大な先輩ミュージシャンたちへのリスペクトも感じさせてくれた。

アンコールは「空に星が綺麗」、クラシックギターを手に取り、名曲「歌うたいのバラッド」をアルペジオで優しく歌い、「今回弾き語りは2年ぶりですが、またなるべく早くやりたいと思います」と、最後は「Endless」で締めくくった。

この公演の模様は8月25日(日)夜9時からWOWOWで放送。変幻自在に楽器を演奏し、弾き語りの枠を超えたエンターテイメント性の高いステージを見せてくれた貴重なライブは必見だ。まるで斉藤のガレージに忍び込んだような気分になる映像には彼の足元や手元が収められているので、ツアーを実際観に行った方もぜひ細かい部分まで注目してほしい。
9月にはこのツアーに密着したドキュメンタリーも放送。あわせてご覧いただきたい。

写真 (c)Speedstar Records

■■■WOWOW番組情報■■■
斉藤和義 弾き語りツアー 2019 “Time in the Garage”
8月25日(日)夜9:00[WOWOWライブ]

収録日・収録場所:2019年6月13日/東京 中野サンプラザ
番組サイト https://www.wowow.co.jp/kazuyoshi/

斉藤和義 “Time in the Garage”インサイドストーリー
9月16日(月・祝)夜6:30[WOWOWライブ]

弾き語りライブツアーのリハーサル、本番に向かう姿に密着した特別番組。
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. ギターはもちろん、ベース、ドラム、キーボードも使いこなす斉藤和義 2年ぶりの弾き語りツアーの東京公演をWOWOWで放送!