プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

東京都
会社概要

工事現場が新たなアートスポットに! 都の新プロジェクト第1弾は都立駒沢オリンピック公園、約90mの大規模アートを公開

TOKYO CITY CANVAS(トーキョー シティー キャンバス)

東京都

東京都は、工事現場の仮囲いなどをキャンバスに見立て、街にアートの景色を広げていく
新たな文化プロジェクト「TOKYO CITY CANVAS」を令和6年度の新規事業として開始します。 
本事業は、変化しつづける都市の空間にアーティストの活躍の場を広げ、
隠された可能性に創造性を注ぎ込み、無機質だった街の一角を華やかに彩るアートプロジェクトです。
誰もが身近にアートを楽しめる環境の創出やアーティストの活動領域の拡大に向け、
都内各地でプロジェクトを展開していきます。

東京都とアーティストの原田 郁(はらだ いく)が協働制作した仮囲いアートを4月26日(金曜日)から公開します。「みどり豊かな景観との調和」「様々な世代・背景の方が利用する公園との親和性」をテーマに制作した高さ3m・幅約90mにおよぶ大規模な屋外アートを是非お楽しみください。

※詳細は以下をご覧ください。

令和6年度のTOKYO CITY CANVASは、都有施設を活用して都が事業者となり実施する事業民間事業者(民間工事現場)への助成の2つの柱でプロジェクトを推進します。

● 都有施設での実施予定

  都が事業実施者となり対象施設やアーティストの選定等を実施

  令和6年度は都立駒沢オリンピック公園ほか数か所で実施予定

● 民間事業者への助成金

  アート・デザイン制作費 上限 300万円(補助率10/10)

  製作・施工費      上限 2,000万円(補助率1/2)

  ※助成金の公募内容・募集時期などの詳細は後日発表します。


【アーティストコメント】

 作品のなかに人・群像を象徴的に表した木の形のオブジェを配置しています。

色彩は東京2025デフリンピックへの期待を高めるべく、テーマカラーとなる鮮やかな赤・青・黄・緑を基調として選びました。これらの色は多様性を象徴し、様々な背景を持つ人々が共に成長する社会を表現しています。

多様性を受け入れ進化する場所へ、そして駒沢オリンピック公園の自然と調和し、体育館の修理中も訪問者に愛される場所になれば幸いです。

 公共空間にアートが広がることは、私たちアーティストが活動の場を得られるというだけでなく、日常生活にアートが浸透するという意味でも一人の市民として嬉しく思います。

街にアートの景色を広げる「TOKYO CITY CANVAS」のこれからの展開に期待しています。

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
その他
ビジネスカテゴリ
政治・官公庁・地方自治体
関連リンク
https://www.metro.tokyo.lg.jp/tosei/hodohappyo/press/2024/04/26/17.html
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

東京都

211フォロワー

RSS
URL
https://www.metro.tokyo.lg.jp/
業種
官公庁・地方自治体
本社所在地
東京都新宿区西新宿 2-8-1
電話番号
03-5321-1111
代表者名
小池百合子
上場
未上場
資本金
-
設立
1943年07月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード