異例の売れ行き! ライトノベル雑誌『ザ・スニーカーLEGEND』が重版決定!

株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)の角川スニーカー文庫から2018年10月31日(水)に発売されたライトノベル雑誌『ザ・スニーカーLEGEND』が、急きょ増刷を決定いたしました。

シリーズ累計2000万部を突破した青春ライトノベルの金字塔『涼宮ハルヒの憂鬱』の5年ぶりとなる書き下ろし短編小説が掲載された『ザ・スニーカーLEGEND』は、発売直後からSNSなどで「ハルヒの新作が読めるなんて!」、「ザスニ最高!」など大きな話題になりました。大好評につき各書店では売り切れが続出し、追加発注が相次ぎました。
この度、皆様の声援にお応えし『ザ・スニーカーLEGEND』の重版が決定いたしました。重版分は11月下旬頃に書店へお届けいたします。


谷川流氏による「涼宮ハルヒ」の新作短編小説は、学校の七不思議を巡ってSOS団が奔走する大ボリュームのエピソード。さらに『変態王子と笑わない猫。』(KADOKAWA・MF文庫J)のさがら総氏によるトリビュート小説「涼宮ハルヒの一手損角換わり」は主要キャラクターのひとり古泉一樹の視点から語られる"ハルヒ×将棋"の物語。どちらもファン必読の内容です。
また、人気異世界ホームコメディー『この素晴らしい世界に祝福を!』では、著者・暁なつめ氏の一問一答でアクアやカズマなど主要キャラクターの誕生日が判明するなど、新情報がてんこ盛り。めぐみんの魔法の威力を科学的に検証する「このすば空想科学」特集など、バラエティ豊かな記事が盛りだくさんです。


■あの完結作品の続編に歓喜の声続出!

『ザ・スニーカーLEGEND』では、2014年に完結を迎えた岩井恭平氏の『ムシウタ』最終巻の後日談を掲載。"虫憑き"を襲撃する何者かと戦う主人公たちの活躍を描いた内容にファンからは「最高で最高の短編」、「あのラストなら続きありますよね?」と熱い声が届いています。
さらに、2015年に全12巻で幕を下ろした林トモアキ氏の『ミスマルカ興国物語』も、シリーズ最終巻後のもう一つのフィナーレを描いた新作短編小説を掲載。ヒロイン大集結のボーナスエピソードに「ミスマルカ短編が良すぎて泣いてる」、「きゅんときた」など大きな話題を呼んでいます。

■「ガンダム」の新規イラストも!
角川スニーカー文庫の代表的なメディアミックス作品である「機動戦士ガンダム」シリーズとしては、美樹本晴彦氏による新規イラストをお披露目。さらに富野由悠季氏から届いた『ザ・スニーカーLEGEND』への特別メッセージはファンならずとも必読です。

■新作へと繋がる『ロードス島戦記』の書き下ろし短編小説
水野良氏の伝説的ライトノベル『ロードス島戦記』の書き下ろし短編小説は、2019年4月に刊行を予定している新作『ロードス島戦記 誓約の宝冠』にも繋がる重要な一作。特に『ロードス島戦記』『新ロードス島戦記』でそれぞれ主役を務めたパーンとスパークのやりとりは往年のファンにとって感慨深いシーンであることは間違いなし。あの頃熱狂したファンも、これから読み始めるかたも、どちらも楽しめます。

 


そのほか、本誌へ寄稿してくださったイラストレーターの「描き下ろしイラスト入りサイン色紙」のプレゼントなどもご用意。この機会にぜひチェックしてみてください。
https://sneakerbunko.jp/special/30th-fair/legend.html

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 異例の売れ行き! ライトノベル雑誌『ザ・スニーカーLEGEND』が重版決定!