プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社講談社
会社概要

大友克洋全集「AKIRA セル画展」を今夏8月10日(木)から開催!

8月10日(木)~31日(木)まで、東京・池袋「Mixalive TOKYO」にて。チケット残り僅か!

株式会社講談社

漫画家、映像監督をはじめ、多彩なジャンルで作品を生み出し続ける作家・大友克洋氏が自ら企画、プロデュースする全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の第1期が講談社より絶賛刊行中です。

その第1期の中で複数巻にわたり関連書籍が刊行された、1988年公開の劇場版アニメーション映画『AKIRA』のセル画展を、この夏8月10日より開催いたします。ご入場チケットはたいへんご好評につき、残り僅かとなっております。

 

◆基本情報

・イベントタイトル: 大友克洋全集 AKIRAセル画展

・開催場所:Mixalive TOKYO(ミクサライブ東京)4F Studio Mixa

〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-14-3

・会期日程:2023年8月10日(木)~2023年8月31日(木)

・営業時間(最終入場時間):10:00~20:00(最終入場時間 19:45)

・入場料:¥1,500(税込) ※未就学児は保護者同伴に限り入場可(入場無料)

・チケット発売開始:イープラスにて発売中

前売券販売HP:https://eplus.jp/AKIRA-cel/


◆セル画展内容

マンガを描いた作家自らが監督を担当した、劇場版アニメーション映画『AKIRA』(1988年)。

刊行中の「大友克洋全集」第1期に、「絵コンテ集」も含め複数巻上梓した劇場版関連書籍の中から、「原画・レイアウト集」にも収録した、大友監督私蔵のセル画や貴重な直筆レイアウト約600点超を、大友氏自身のチョイスにより惜しまず、できる限り展示、初公開。

マンガ、映画に続き、今回はも作者・大友克洋氏自らが企画構成し、劇場版の新たな楽しみ方をプロデュースするセル画展となります。


セル画展示は「NEO TOKYO」「NIGHT-MARE」「catastrophe theory」と大きくシーンを分けて、映画の設計を垣間見ることができる内容です。

また、フォトスポットを設け、そこでは名シーンの一つである「ナイト・ベア」のシーンをを再現。

その他にも新企画も検討中。新しい情報は追って公式HP、SNSなどでお知らせしていきます。


◆大友克洋プロフィール

漫画家/映画監督

宮城県登米市出身。1954年生まれ。

1973年、「漫画アクション」(双葉社)にて『銃声』で漫画家デビュー。

漫画の代表作として、『気分はもう戦争』(原作:矢作俊彦)、『童夢』、『AKIRA』など。

アニメーションは、『幻魔大戦』(1983年 監督:りんたろう)のキャラクターデザインを担当した事をきっかけに、1988年には、『AKIRA』映画化にあたり自ら監督。

実写映画では、1991年『ワールド・アパートメント・ホラー』、2007年『蟲師』(原作:漆原友紀)など。

デザイナーとして、2015年、東北震災で被災した仙台空港には復興をテーマに、2020年、東京工業大学大岡山キャンパスには五大エレメントをモチーフにしたレリーフを、それぞれデザイン監修として担当した。

2013年には紫綬褒章を、2014年にはフランス芸術文化勲章オフィシエを授与され、同年アニー賞ウィンザーマッケイ賞を受賞。2015年、フランスのアングレーム国際マンガ祭でグランプリを受賞。


大友克洋全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」について

漫画家、イラストレーター、映像監督、シナリオライターなどのジャンルに囚われない顔を持つ作家・大友克洋氏が、日本から世界中に衝撃をもたらした『AKIRA』を始め、まったく新しい表現を自らプロデュースするまったく新しい個人全集です。

その作品の集積は、一人の作家のパーソナルな仕事集というだけでなく、1970年代から現代までの漫画、アニメ、映像までをも含む、現代文化の冒険を愉しめる作品集となっています。

 

【第1期発売中ラインナップ】

第8巻『童夢』(漫画)

第21巻『Animation AKIRA Storyboards 1』(アニメ映画『AKIRA』絵コンテ集)

第2巻『BOOGIE WOOGIE WALTZ』(漫画)

第22巻『Animation AKIRA Storyboards 2』(アニメ映画『AKIRA』絵コンテ集)

第3巻『ハイウェイスター』(漫画)

第4巻『さよならにっぽん』(漫画)

第23巻『Animation AKIRA Layouts & Key Frames 1』(アニメ映画『AKIRA』原画・レイアウト集)

第24巻『Animation AKIRA Layouts & Key Frames 2』(アニメ映画『AKIRA』原画・レイアウト集)

 

【第1期最新巻 7月21日ごろ2冊同時発売予定・予約受付中・各巻3,190円(税込)】

第1巻『銃声』(漫画)

内容:未成年期の大友克洋が、学生投稿者時代からプロデビュー後までの1971年―1974年にか

けて制作した11篇の短編漫画を収録した初期作品集。

第5巻『Fire-Ball』(漫画)

内容:大友克洋が24~25歳の1978、79年にかけて制作した12篇の短編漫画収録。

特に表題作の『Fire-Ball』は著者にとってSFという新たなジャンルに挑戦した重要作。

※以降の続巻は随時発表予定となります。


◆基本情報

・判型:B5判変型サイズ

・第1期全巻購入特典:「大友克洋オリジナルデザイン 全集特製Tシャツ」(第1期全11巻に封入される応募券を集めて応募)

・各巻ごとに異なる初版限定「大友克洋デザインステッカー」封入

・タイトルにより巻末に大友克洋氏自身の解説入り

・装丁デザインは、大友克洋自身が担当




◆大友克洋全集「AKIRAセル画展」に関しては、以下のホームページ等をご覧ください。

大友全集HP特設内セル画展特設サイト:https://otomo-complete.com/special/akira-cell-drawing/index.html

グッズラインナップ・通販ページ:https://www.artimation.shop/view/page/akira-cell-drawing
会場物販についての注意:https://www.mixalivetokyo.com/information/akira-cell/


入場券に関するお問い合わせ:https://eplus.jp/akira_cel-qa

セル画展・グッズに関するお問い合わせ:officemixa@kodansha.co.jp



◆大友克洋全集「OTOMO THE COMPLETE WORKS」の詳細は、ホームページ等をご覧ください。

ホームページ:https://otomo-complete.com

Twitter・Instagram:@otomo_zenshu

Facebook:https://www.facebook.com/information.otomo

お問い合わせ:information.otomo@gmail.com

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
イベント
ビジネスカテゴリ
漫画・アニメ
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社講談社

2,335フォロワー

RSS
URL
http://www.kodansha.co.jp/
業種
情報通信
本社所在地
東京都文京区音羽2-12-21
電話番号
03-3945-1111
代表者名
野間省伸
上場
未上場
資本金
3億円
設立
-
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード