ドラマ制作部 岡野真紀⼦が令和元年度(第70回)芸術選奨放送部⾨⽂部科学⼤⾂新⼈賞を受賞

株式会社WOWOW(本社:東京都港区、代表取締役社⻑ ⽥中 晃、以下「WOWOW」)の制作局ドラマ制作部に所属する岡野真紀⼦プロデューサーが、令和元年度(第70回)芸術選奨放送部⾨で⽂部科学⼤⾂新⼈賞を受賞しました。

芸術選奨は1950年に⽂化庁が設⽴した賞で、演劇・映画・⾳楽・舞踊・⽂学・美術・放送・⼤衆芸能・芸術振興・評論等・メディア芸術の11分野において、その年に優れた業績をあげ新⽣⾯を開いた⼈に「芸術選奨⽂部科学⼤⾂賞」または「芸術選奨新⼈賞」を贈っています。過去に同放送部⾨の芸術選奨新⼈賞では、井上由美⼦⽒、岡⽥惠和⽒、宮藤官九郎⽒らが選ばれています。

この度は「連続ドラマW 坂の途中の家」、「連続ドラマW そして、生きる」、そのほか過去に制作した作品が評価され受賞となりました。

贈賞理由

「岡野真紀子氏は取り上げにくい実際の事件や事故を果敢にドラマ化してきた。光市母子殺害事件を題材にした『なぜ君は絶望と闘えたのか』や、『尾根のかなたに~父と息子の日航機墜落事故~』『しんがり~山一證券 最後の聖戦~』などの秀作だ。令和元年は、乳児虐待死事件の裁判員に選ばれた主婦を通して現代女性が抱える問題や孤立感をあぶり出す『坂の途中の家』、東日本大震災でボランティアを担った男女の後日談『そして、生きる』で優れた企画力、魅力的なキャスティングの力量を発揮した。」

WOWOWは、コーポレートメッセージ「⾒るほどに、新しい出会い。」のコンセプトのもと、今後もオリジナ
ルコンテンツの充実を図り、上質なエンターテインメントをお届けしていきます。

■「連続ドラマW 坂の途中の家」の概要

初回放送
2019年4⽉27⽇(⾦)〜6⽉1⽇(⼟) [WOWOWプライム](全6話)
 

WOWOWメンバーズオンデマンド
2020年4⽉1⽇(⽔) 配信開始予定

DVD情報
DVD-BOX カルチュア・パブリッシャーズより好評発売中

番組内容
直⽊賞作家・⾓⽥光代のべストセラー⼩説を柴咲コウ主演でドラマ化。柴咲コウ演じる乳児虐待死事件の補充裁判員に選ばれた主婦である主⼈公が、⾃らも幼い⼦どもを持つ⺟親として、次第に被告と⾃分⾃⾝を重ね合わせていく。裁判を通し、"家庭"という閉ざされた世界に隠された衝撃の事実が浮かび上がる。

脚本は映画『⼈⿂の眠る家』など、⼈間の深層⼼理を鋭くかつリアルに描くことで定評のある篠﨑絵⾥⼦が担当。⾓⽥光代作品では、恋愛と⾦銭が交錯する⼼理サスぺンスを描いたドラマ「紙の⽉」を⼿掛けている。監督は、2017年に初の映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』で数々の賞を受賞し、注⽬を集めた映像ディレクター森ガキ侑⼤。

<スタッフ・キャスト>
出演:柴咲コウ、⽥辺誠⼀、伊藤歩、眞島秀和、桜井ユキ、松澤匠、松本笑花、⻄⽥尚美、倍賞美津⼦、
⾼畑淳⼦、佐藤めぐみ、滝沢沙織、利重剛、酒井美紀 、光⽯研、⾵吹ジュン、⽔野美紀
原作:⾓⽥光代『坂の途中の家』(朝⽇⽂庫刊)
脚本:篠﨑絵⾥⼦(『⼈⿂の眠る家』)
監督:森ガキ侑⼤(『おじいちゃん、死んじゃったって。』)
⾳楽:⼭⼝由⾺
プロデューサー:岡野真紀⼦、黒沢淳、⾦澤友也

■「連続ドラマW そして、⽣きる」の概要

初回放送
2019年8⽉4⽇(⽇)〜9⽉8⽇(⽇) [WOWOWプライム](全6話)

DVD情報
DVD-BOX カルチュア・パブリッシャーズより2020年3月25日(水)発売予定

番組内容
有村架純と坂⼝健太郎を主演に迎え、東北と東京を舞台に過酷な運命のもとで⽣きた2⼈の男⼥、そして彼らと巡り合う⼈々の⼈⽣を描いたヒューマンラブストーリー。有村架純演じる瞳⼦は3歳のときに交通事故で両親を亡くし、盛岡で理髪店を営む伯⽗に引き取られる。19歳になった瞳⼦は⼥優を志し東京で開催されるオーディションに挑もうとするが、その前⽇の2011年3⽉11⽇、東⽇本⼤震災が起きる。数ヶ月後、友人と共に気仙沼でのボランティア活動に参加した瞳子は、坂口健太郎演じる東京の大学生・清隆と出会う。

脚本は『連続テレビ⼩説「ひよっこ」』で有村架純とタッグを組んだ⼈間ドラマの名⼿、岡⽥惠和。監督は、⼤ヒット映画『君の膵臓をたべたい』でメガホンをとり、連続ドラマWは初監督となる⽉川翔。

<スタッフ・キャスト>
出演:有村架純、坂⼝健太郎、知英、岡⼭天⾳、萩原聖⼈、光⽯研、南果歩
脚本: 岡⽥惠和(『連続テレビ⼩説「ひよっこ」』『最後から⼆番⽬の恋』)
監督: ⽉川翔(『君は⽉夜に光り輝く』『君の膵臓をたべたい』)
⾳楽: 村松崇継(『思い出のマーニー』「連続ドラマW コールドケース 〜真実の扉〜」シリーズ)
プロデューサー: 岡野真紀⼦、渡辺良介
 

 

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. ドラマ制作部 岡野真紀⼦が令和元年度(第70回)芸術選奨放送部⾨⽂部科学⼤⾂新⼈賞を受賞