メジャー前哨戦「ASIスコットランド女子オープン」がいよいよ開幕!畑岡、渋野ら日本勢にWOWOWが独占インタビュー!

「ASIスコットランド女子オープン」8/13(木)深夜0:30〜[WOWOWライブ]にて連日放送!

今季メジャー初戦となる全英AIG女子オープンの前哨戦。2017年に新設された大会で、欧州女子ツアー(LET)と共催される。会場はエディンバラの東部にあり、北海の海岸沿いに位置するリンクスコース。スコットランド特有の海からの強い風を受け、強く深いラフ、深いバンカーを持つ。
日本からは畑岡奈紗、渋野日向子、河本結、野村敏京、山口すず夏が参戦。開幕を直前に控えた日本勢にWOWOWが独占インタビューを行った。
 

Getty ImagesGetty Images

◆畑岡奈紗
Q.久しぶりのLPGAトーナメントとなりましたが、どんな気持ちで入りましたか?
「2月以来の試合なので凄くワクワクしています」

Q.来週はメジャーで、2週連続スコットランドということですが、まず印象はどうですか?
「月・火・水と凄く天気が良くてまだリンクスという感じをあまり味わっていないので、逆に明日からの天気とかがちょっと心配なんですけど、このコースはフロントナインで伸ばせたら、後半は良い流れで回れるんじゃないかなと思います」

Q.リンクスと言ってもちょっと変わった新しいスタイルなんですが、リンクスに関してはいかがですか?
「この休みの間も全英の開催が決まってから板の上でアプローチ練習や、下の硬いグラウンドに対応できる練習とかをしてきました」

Q.雰囲気もガラっと変わって、やっと試合を迎えられるという気持ちも一入だと思いますが、その辺りはいかがですか?
「そうですね。1月の時は世界中がこんな風になっちゃうとは思ってなかったので、こういう状況でも試合をしてくれるのは有難いことなんですけど、あんまり試合ができるって喜んじゃいけないのかなって思います」

Q.トーナメント、イベントの雰囲気もいつもと違うと感じますか?
「はい。選手ともかなり常に距離を取って、レストランでも椅子がなくて立ちっぱなしで食べるとかそういう感じなんですけど、まぁ新しいスタイルですね(笑)」

Q.その中で半年くらい自粛期間があって、試合に出場する/しないで悩んだこともあったかと思うんですけど、どのようなことを考えていましたか?
「そうですね。6月に一回日本で試合はしたんですけど、やっぱり試合をできるっていうのは幸せなことで、楽しいですし。試合をしていないとただただ練習・・・っていうのもつらいなと思いました」

Q.実際にどんなことに取り組んでいましたか?
「トレーニングのほうがどちらかと言うとメインで、あまりゴルフ場にも行けなかったので、行ってもコロナがひどいときは週に1回か2回とかで基本は家で練習とかトレーニングをしていました」

Q.今年は絶好調で開幕の2連戦を終えましたが、そのときの印象はいかがでしたか?
「良いスタートを切っていたのでこういうシーズンになっちゃったというのは残念なんですけど、またこの8月から試合が再開して12月まで試合が続くと思うので、一つでも多く勝てるように頑張りたいです」

Q.今、目の前の目標は具体的にどの辺りを目指していますか?
「まずはこのリンクスをしっかり攻略して、またこの2戦、予選通過を目指して頑張りたいなと思います」

Q.また凄くトレーニングをしたなという印象なんですけど、どんなことをされましたか?
「そうですか(笑)?去年のオフから上半身のトレーニングもするようになったんですけど、より深い筋肉のところまでやったりとか、色々変化はあると思います。少し距離も出るようになったと思います」

Q.少し大人っぽい雰囲気になったような気がしますが
「少し化粧とかも色々やったりしましたね、コロナの間(笑)」

Q.リンクスコースの攻略、キーポイントになりそうな部分を教えてください
「初めて回るんですけど、バックナインの方が海に近くて、特に13番が一番近いと思うんですけど、そこの風の読み。13番と15番が海沿いなんですけどちょっと風の質が違うというか、奥の木があるかないかでもだいぶセカンド以降の影響が違うので、そういうところの風の読みを気を付けたいのと、グリーンが意外と砲台じゃないので、ピンが奥にある時は結構奥に突っ込んでいったほうがグリーンに残れば上りのパットが残ったりするので、付ける位置も気を付けたいなって思います」

Q.来週はメジャーも控えていますが、それを受けてどんなお気持ちですか?
「そうですね。4年くらい前の男子の全英と会場が一緒なので、少しそういうビデオとかを見て勉強してきたので、まずは今週。来週に向けてもリンクスゴルフ、日本とかとは全く違うゴルフスタイルになるので、それに慣れたいなと思います」
 

Getty ImagesGetty Images

◆渋野日向子
Q.全英は一年前ということになりますが、今、イギリスでどんなお気持ちですか?
「一年ぶりに帰って来て凄い楽しみな気持ちと、初めてのリンクスなのでかなりハラハラした気持ちもあります」

Q.実際にラウンドしてみてリンクスはどんなイメージですか?
「あまりまだ風が強い中で練習が出来ていないので、どういう感じなのかというのを経験できていないんですけど、その中でもラフの長さだったり、グリーンの硬さだったり、バンカーも日本にない形状なのでかなり難しいなって思います」

Q.もちろんコロナ禍も含めて色んなプレッシャーの中でこちらに来ていると思うんですけど、まず今、期待や注目といったプレッシャーは感じていますか?
「特に感じてはいないですね。そういうプレッシャーは凄いだろうねって言われるんですけど、そんなに個人的には受けていなくて。自分自身が今まで通りの自分でいれたら良いのかなっていう思いはあるのでそこは特には考えていないです」

Q.コロナ禍という状況の中で考えが変わったなというのはありますか?
「日本で1試合した中で、ギャラリーさんというか応援して下さってる方が近くにいてくれるってどれだけ心強いことかっていうのを凄い実感したので、今回無観客ではあるんですけどテレビの前で応援してくれている方がたくさんいると思います。本当に応援してくれている人にテレビの前でも自分の良さが伝わると良いなっていう思いがあるので、そういうのを忘れずにやっていかないと、という想いになりました」

Q.その中で世界を目指していくっていうことを決心されたと思うんですけど、その辺りの心の動きはどのような感じだったのですか?
「日本でもやっていけたら良いなっていうのはあったんですけど、やっぱり全英で自分が世界に与えた影響がかなり大きかったんだろうなっていうのをこの1年間でかなり感じてきたので、世界のみんなを笑顔にさせたいというか、影響を与えたいっていう想いが日に日に強くなったので。日本だけだったら、世界の人には伝わらないなっていう思いから、やっぱり世界で戦いたいなっていうことを考えるようになりました」

Q.5大メジャー制覇という素晴らしい目標を掲げてらっしゃいますが、そこを目指すにはどんな取り組み、努力が必要になってくるでしょうか?
「今の自分では全くダメなので、総合的にやっぱり全部レベルを上げていかなきゃいけないですし、経験も必要だと思いますし。その中でも自分らしさを忘れないっていうのも大切だなっていう思いもあるので、自分らしさを忘れずにもっと成長していけたら良いんじゃないのかなって思います」

Q.自粛期間中、どのような取り組みをされていたのでしょうか?
「去年からずっと課題として言っていたのはアプローチに関してなので、アプローチを重点的にやっていたんですけど、コロナ禍で中々試合がない状態だったので、じゃあスイングもちょっと変えてみようか、あとトレーニングもちょっとキツくやってみようっていうことで。まぁ飛距離に関してもちょっと伸びたのかなぁという印象はあるので、そういうのを試合で出来たら良いなって思います」

Q.具体的にゴルフの面での取り組みの中で、ボール、またスイング、身体作りの中で何か変わったことはありますか?
「見ての通り去年より身体はちょっとゴツくなったのかなって。見ていてわかると思うんですけど。ゴルフに関しては、結果を出さないとわからないかなと思っているので。アプローチもバリエーションを増やしていっているので、去年こういうのやっていなかったよねっていうのを見てもらえたら良いなと思います。あと距離に関しても、やっぱりちょっと伸びたんじゃないのかなっていうのはテレビでは伝わりづらいかも知れないんですけど、自分の中でそれが再確認出来たら良いなとは思っています」

Q.スイングとしては特に、ここが変わったっていうのはありますか?
「一番はヘッドスピードを上げたいっていう思いがあったので、その中でやっぱり無駄な動きが今までのスイングの中にはあったので、そこを良い動きに変えるトレーニングをずっとしてきてはいたので。中々それを伝えるのは難しいんですけど、そこは自分の中でわかっていたら良いかなって思っています」

Q.スコットランドのこの試合、渋野選手にとって思いも一入だと思うんですけど、ここに来て感じたことは?
「やっぱり慣れない英語だったり、環境も日本とは違いますし、今までとは違いホテルとゴルフ場だけの行き来っていう状況、自分一人で何かもしないといけないっていう状況なので、その中でもキャディーとして来てくれたコーチが本当にありがたいです。自分らしさを忘れそうになることもあるんですけど、そこは忘れないようにやっていけたら良いかなって思います」

Q.改めましてコースの印象とコースについて教えてください
「まぁ、見ての通りかなり天気が良くて風もほぼない状態なので、中々リンクスっぽさをまだ見ていないんですけど、やっぱり日本にはないラフの長さ、フェアウェイの硬さ、グリーンも硬いですし、バンカーも違いますし、そういうところは中々日本では経験できないので、しっかり練習で慣れながらやっていけたら良いかなって思っています」

Q.今年の試合、あと何戦出場できるかっていうところですが、まずそれを踏まえて今の目標をお願いします
「今回も推薦なので本当に出させて頂いたことに感謝していますし、来週の全英も楽しみです。中々何試合出れるかもわからないですし、開催してくださるかもわからないので、その中でもやっぱり1試合1試合、大事に結果を残せていけたら良いなって思う中でも、自分らしさを忘れず、笑顔で出来たら良いなと思います」

Q.この大会に向けての意気込みを一言お願いします
「初めてのリンクスで、どうなるかもわからないですけど笑顔を忘れず、来たからには予選を通過して上位争い出来るように頑張りたいと思います」

Q.今、コロナ禍でスポーツも止まってしまっている状況ですので、日本の皆様に久しぶりの出場となる渋野選手からのエールをお願いします
「日本中、世界中が大変な状況な中で今回試合を開催して下さって出場できるので、その試合でしっかり結果を出して、みなさんの前で、テレビの前ですけど笑顔を届けられるように頑張って参ります!!」

 

Getty ImagesGetty Images

◆河本結
Q.まずはオハイオの試合、お疲れ様でした。良い結果があり、悔しかったこともあり、改めてお疲れはないですか?
「そうですね。精神的に凄く疲れていたので、土日は休養に当ててここに来ることができたので、今は充実しているんじゃないかなって思います」

Q.SNS上も含め、凄く切り返しの早い選手だなって思うんですけど、その辺りは?
「そうですね、クヨクヨしている時間がないですし。時差もあってその場所その場所に早く慣れないと良い成績、良いパフォーマンスは出せないなっていう風に感じているので、もうやってしまったことは忘れて切り替えていくのが、ここUSLPGAで戦うコツなのかなっていうのは感じています」

Q.ガラっと雰囲気が変わって、異国の地スコットランドですけど、まずはこのコースの印象を教えてください
「そうですね。コースの印象はやっぱり下が硬くて、グリーンのアンジュレーションも物凄い大きくて、正にゴルフの聖地だなっていう風な感じですね」

Q.この辺、一番気を付けたいっていう所は?
「う~ん、そうですね。気を付けることが多すぎて一つには絞れないんですけど・・・まずはやっぱり一つ一つのショット。ティーショットもセカンドショットもパッティングも。全てのショット一つ一つに集中して取り組んでいくことが一番大事なのかなって思います」

Q.新しいことの連続だと思うんですけど
「初めてイギリスの方に来たんですけど、英語がまたちょっとニュアンスが違って聞き取るのも凄い難しいですし、本当に寒いですし、違うゴルフ場だな、違う場所に来たなって思います」

Q.このコースについての意気込みを教えてください
「本当に初めてのコースなので、自分がどのようなプレーをできるかっていうのもまだわからないですし、本当にこれから探っていくところにいるので、まずは自分の精一杯のプレーが4日間できればいいなって思います」

Q.コロナ禍の中で色々なことをされていたと思いますが、一番何をしましたか?
「こういうコースに来て良い成績を出すにはしっかりマネジメントっていうのをやらなきゃっていう風に感じましたし、まぁオーストラリア(2連戦)での経験も含めて、そこで戦える準備っていうのがやっぱり必要だなって感じたので、ウェッジもローバウンスのものを用意したり、しっかりマネジメントも一から勉強してこういうコースでも戦えるゴルフスタイルを勉強したり、本当に良い準備をしてここに来れているんじゃないかなって思います」

Q.すぐ目の前の目標としてこの2週間、どのようなプレーをしたいですか?
「難しいですけど、オーストラリアのコースが凄く似ているので、そこでの経験が活きてくると思いますし、精神的にも自分のゴルフ的にも凄く大きく成長してこういうリンクスコースにも立って居られているので、そこは自信を持って4日間、決勝までプレーできるようにしたいなって思っています」

 

Getty ImagesGetty Images

◆野村敏京
Q.オハイオからの2連戦ですが、体調はいかがですか?
「2週間連続の試合で腰を心配していたのですが、治療が良くできているので、来週まで(プレー)できそうです」

Q.去年からずっと腰の不調で悩んでいたと思いますが、コロナ禍の間に治療をされたんですか?
「そうですね。3~4ヶ月くらいはゴルフをしないで治療に集中したんですけど、それが良かったのか、腰も良くなってきました。コロナでタイミング的にも試合が無かったので治療に専念できたと思います」

Q.その間、まったくゴルフはできなかったのですか?
「そうですね。身体が一番と決めて、ゴルフをストップしていました」

Q.韓国でゆっくり美味しいもの食べてゆっくり静養できたんじゃないですか?
「美味しいものを食べたかったんですけど、太ったら腰に良くないので(笑)、調整しながら美味しいものも食べたりしていました」

Q.治療の後で先週は予選も通って、上向きの調子かなと思うのですがいかがですか?
「今はゴルフの試合の感覚を探しています。試合に集中したいんだけど、ゴルフが長くできなかったので、試合も。なのでそれを探しています。でもどんどん良くなってきているんじゃないかなって思っているので、もうすぐじゃないですかね」

Q.そんな中で今週、リンクスコースを迎えますが、ゴルフで取り組んでいることはありますか?
「パッティングとアプローチは今、良い感じなのでショットの調整が必要なんじゃないかなと思います」

Q.この大会への出場は初めてですが、回ってみていかがですか?
「今日9ホールだけ回ってみたんですけど、キャディーさんには今日は風が逆に吹いているよって言っていました。試合のときにはもともとの風に戻るんじゃないかなって思います。今日は天気が本当に良いのでそんなに難しくない感じがしたんですけど、試合になるとわからないので(笑)」

Q.野村選手は、リンクスコースは得意ですか?不得意ですか?
「リンクスコースは好きです。計算するのが好きなので。どうですかね、試合の感覚がまた戻ってきて計算を沢山したいですけど」

Q.来週までリンクスコースでメジャーも控えていますが、今大会の意気込みは?
「どんどん階段を上るように一歩一歩行きたいです。早く私のゴルフを探して上に行けるように頑張ってみたいです」

 

Getty ImagesGetty Images

◆山口すず夏
Q.オハイオからの連戦になりますが、国を超えて疲れなどはありますか?
「今はそんなに疲れはないです。時差ぼけもあまりないので、昨日夜しっかり寝られました」

Q.ご自身の今の調子はいかがですか?
「そうですね、すごくショットが悪いとかってわけではないので、先週と先々週もずっと練習ラウンドと練習は凄い良くて『いける』と思った結果がこういうふう(予選落ち)になってしまったので、結構悔しい思いはしました。今もそんなに悪いわけではないのであとはしっかりマネジメントして自分を信じてプレーするだけかなと思います」

Q.改善したい点、逆に伸ばしたい点がありますか?
「ずっと最近パターが打てていないので。やっぱり打たないと入らないのでしっかり打つっていうのと、あとはパーオン率があまり良くないのでそこをしっかり伸ばしていきたいです」

Q.イギリスに入ってきて雰囲気もガラっと変わったと思うんですけど、現地の雰囲気なども含めていかがですか?
「そうですね。やっぱりコースに来たら、あぁスコットランドだって感じで。ヨーロッパ自体が初めてなんですけど、今日はそんなに風がないんでリンクスって実感がないんですけど、でも凄い楽しみです」

Q.実際にリンクスコースを回ってみてどんな印象でしたか?
「私の初戦だったISPSハンダ・ヴィック・オープンとちょっと雰囲気が似ているかなって感じです」

Q.コロナ禍の状況の中で大会の雰囲気もガラっと変わったと思いますが一番変わったと思うのはどの辺りですか?
「こっちの人たちがマスクをしているのってあんまり見たことがなかったので。先週とかもスコアリングテントではマスクをしないといけないとかってルールがあったので、そういうのを見て、違うなっていう感じはしますね」

Q.初めての大会になりますが、改めて意気込みをお願いします
「そうですね。2戦連続予選落ちしていますけど、そんなに調子自体が凄い悪いっていうわけではないので、今自分ができることをしっかりして、結果に捉われずにしっかりできたら良いなって思います」


【WOWOW LPGA放送情報】
畑岡・渋野出場!<スコットランド>ASIスコットランド女子オープン
■放送日時
第1日 8/13(木)深夜0:30[WOWOWライブ]
第2日 8/14(金)深夜0:30[WOWOWライブ]
第3日 8/15(土)よる10:30[WOWOWライブ]
最終日 8/16(日)よる9:30[WOWOWライブ]
※放送時間変更の可能性あり

■開催コース
イギリス/ルネサンス・クラブ

■出場注目選手
畑岡奈紗、渋野日向子、河本結、野村敏京、山口すず夏、ダニエル・カン、ミンジー・リー、リディア・コ

■出演者
解説:羽川豊
実況:野瀬正夫

<番組詳細→https://www.wowow.co.jp/sports/lpga/
 
  1. プレスリリース >
  2. 株式会社WOWOW >
  3. メジャー前哨戦「ASIスコットランド女子オープン」がいよいよ開幕!畑岡、渋野ら日本勢にWOWOWが独占インタビュー!