プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

パナソニックグループ
会社概要

業界初、AI追加学習により現場で検知対象の追加や精度向上が可能に - AIカメラ新「Xシリーズ」9機種 取扱い開始 -

パナソニックグループ

パナソニック コネクト株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 執行役員 プレジデント・CEO:樋口 泰行)は、i-PRO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:尾崎 祥平、以下、i-PRO)の業界初(※1)となる設置現場に応じたAI追加学習を可能とするAIアプリケーションを搭載した新「Xシリーズ」のハイエンドAIネットワークカメラ9機種を、2024年2月より順次取扱い開始します。


■AI現場学習アプリケーションの概要

従来のAIアプリケーションは、人物、車、二輪車など、既に学習済みの対象物のみ検知が可能で、昨今被害が増加しているクマやイノシシなどの動物、工場におけるフォークリフトといった特殊車両など学習されていない対象物は検知することができませんでした。これらを検知するにためには新たなアプリケーション開発が必要となるほか、様々なお客様の現場環境によって、検知したい対象物と類似した物体の誤検知(誤報)や、検知対象物が検知されない(失報)など、精度にも課題が残されていました。

新開発のAI現場学習アプリケーションでは、お客様の現場で追加学習を行うことで、検知対象の追加や検知精度の改善などのAI動体検知アプリケーション(WV-XAE200WUX)の性能向上が可能です。これにより、従来と比べて信頼性の高い解析データの取得や誤報・失報を抑えることが可能となり、野生動物による被害や工場内での接触事故の未然防止、無駄な現場巡回業務の削減などを実現します。

このAI現場学習アプリケーションは、現行モデル(※2)比で4倍のAI性能、3倍のCPU性能を実現した、新「Xシリーズ」で初めて搭載されます。(新「Xシリーズ」の詳細は後述)。


●システム構成

・対応カメラ:新「Xシリーズ」(2024年2月時点)

・必要なAIアプリ:AI現場学習アプリケーション(無料)、AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200WUXのライセンス購入が必要)いずれも新「Xシリーズ」にプリインストール済み。

・設定ツール:i-PRO設定ツール(iCT)(※3)

・連携機器:アラーム連携などに必要な機器はAI動体検知アプリケーションと同様となります。


●検知対象の追加

AI現場学習アプリケーションを使って、AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200WUX)の標準検知対象(人物・車・二輪車)に加え、現場で必要となる新しい検知対象を追加学習できます。

[追加検知対象例と使用例](※4)

-フォークリフトなどの作業車、スケートボードなどの遊具:立ち入り禁止エリアに入ったらアラームを発報

-クマ、イノシシ、サルなどの野生動物:区域内に侵入したらアラームを発報

-店舗ユニフォーム着用者:出入口で、店舗ユニフォーム着用者とお客様が通過した人数を分けてカウント


●誤検知(誤報)・検知漏れ(失報)の削減

AI動体検知アプリケーション(WV-XAE200WUX)の標準検知対象である人物・車・二輪車の検知精度改善により、誤報・失報が削減できます。

[改善例]

-座った状態や肩車等検知しづらい人物の検知の改善

-トラック等角度によっては分かりづらい車両の検知

-人が乗車していない二輪車の検知

■新「Xシリーズ」の概要

基本性能や筐体デザインはそのままに、AI性能を大幅強化する新「Xシリーズ」は、屋外用ボックスカメラ、屋内用ドームカメラ、屋外用ドームカメラのそれぞれ解像度2MP、5MP、8MPモデル(※5)各3機種で計9機種をご用意します。2MP、8MPモデルは2024年2月、5MPモデルは2024年4月より販売します。


●商品の主な特長

1. 高性能AI搭載により高負荷の画像解析をカメラ単体で実現

現行モデル(※2)比で4倍のAI性能、3倍CPU性能を実現し、最大9つのAIアプリケーションの搭載、最大5つ(※6)のAIアプリケーションの同時使用が可能です。切り替えの手間なく必要なAIアプリケーションを1台のカメラで運用できます。

更に、アプリ領域を大幅拡張(RAM 450 MB、ROM 6 GB)したことにより、高負荷の画像解析をカメラ単体で実現します。


2. AI現場学習アプリケーションによりお客様の現場でのAI機能強化が可能

誤検知情報や失報情報をお客様の現場で追加学習し、検知精度改善を実現します。

また、今まで標準で識別できた人・車・二輪車以外にも、例えば製造業ではフォークリフトといった特殊車両など、検知したい対象を現場で追加学習させることが可能です。


3. 夜間でも対象物を明確に撮像

50 m照射のIR-LEDと光学3.1倍ズーム(8MPモデルは2.0倍)、および、AIプロセッサーがもたらす画質自動最適化により、夜間でも対象物を明確に撮像可能です。


4. データの改ざんやなりすましを防ぐサイバーセキュリティー性能

第3者機関発行の電子証明書(Global Sign(R)(※7))のプリインストール、FIPS 140-2 Level 3(※8)に認定されたハードウェアの搭載に加えて、カメラの乗っ取りを防ぐセキュアブートをi-PRO製カメラとして初めて搭載。セキュア性能が高い映像監視システムを提供します。


※1:セキュリティカメラ搭載AIアプリケーションで学習する方式において。2023年10月時点、i-PRO調べ。

※2:現行Xシリーズ

※3:最新のバージョンが必要です。(2024年2月時点での最新バージョン:Ver3.10)

※4:検知可能な対象物を保証する内容ではございません。

※5:解像度2MPはFHD、5MPは3K、8MPは4Kのこと。

※6:2MP、5MPモデルの場合。8MPモデルの場合は最大4つ。

※7:Global Sign(R)はGMOグローバルサイン株式会社の登録商標。

※8:FIPS 140-2は、米国連邦情報処理標準規格(Federal Information Processing Standards)で暗号化モジュールのセキュリティ要件を定めた規格。Level 3は、政府や法執行機関など、高いセキュリティが求められる場所に適したレベル。


■品番と主な仕様

モデルごとの仕様の詳細は上記表内のQRコードから、もしくは下記URLよりi-PRO WEBサイトにてご確認ください。

https://i-pro.com/products_and_solutions/ja/surveillance/products/network-camera


【全モデル共通仕様】

AIアプリ搭載数 最大9個 IR照射距離 50 m

いずれも価格はオープン価格、発売時期は2MP(1080p)、8MPは2024年2月、5MPは2024年4月です。


【今後の商品取り扱い情報に関して】

i-PROの商品の弊社取扱い情報について、今後は下記WEBサイトにて発信をさせていただきます。是非ご確認ください。


▼監視・防犯システム

https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_security

▼i-PROブランド取扱いのご案内

https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services_security_iprobrand

▼i-PROブランド ネットワークカメラ商品一覧

https://connect.panasonic.com/jp-ja/products-services/security_iprobrand/lineup#product_types

▼パナソニック コネクトの映像セキュリティソリューション

https://connect.panasonic.com/jp-ja/solutions/video-security


【パナソニック コネクト株式会社について】

パナソニック コネクト株式会社は2022年4月1日、パナソニックグループの事業会社制への移行に伴い発足した、B2Bソリューションの中核を担う事業会社です。グローバルで約29,500名の従業員を擁し、売上高は1兆1,257億円(※)を計上しています。「現場から 社会を動かし 未来へつなぐ」をパーパス(企業としての存在意義)として掲げ、製造業100年の知見とソフトウェアを組み合わせたソリューションや高度に差別化されたハードウェアの提供を通じて、サプライチェーン、公共サービス、生活インフラ、エンターテインメント分野のお客様をつなぎ、「現場」をイノベートすることに取り組んでいます。また、人と自然が共存できる豊かな社会・地球の「サステナビリティ」と、一人ひとりが生きがいを感じ、安心安全で幸せに暮らすことができる「ウェルビーイング」の実現を目指しています。


※2022年度売上高


■人権の尊重と企業価値の向上に向けて

パナソニック コネクトは、「人権の尊重」と「企業価値の向上」を目的に、DEI(Diversity, Equity & Inclusion)推進を経営戦略の柱のひとつと位置づけ、多様な価値観を持つ一人ひとりがイキイキと力を発揮できる柔軟性の高いカルチャーを目指しています。

「少数であること」やその他の理由で権利が守られていない状況に対しては、妥協できない「人権」の問題として取り組みます。

例えば、2016年、国内の人事制度運用上の配偶者に「(同性婚も含む)事実婚を結婚したものと同様に取り扱う」ことを発信するなど、家族の在り方の多様化に対応しています。


▼その他の取り組みについてはこちら

https://connect.panasonic.com/jp-ja/about/sustainability/dei/lgbtq

▼パナソニック コネクト株式会社 ウェブサイト

https://connect.panasonic.com

▼パナソニック コネクトNewsroom

https://connect.panasonic.com/jp-ja/newsroom


【お問い合わせ先】

パナソニック システムお客様ご相談センター

フリーダイヤル:0120-878-410

(受付:9時~17時30分<土・日・祝日は受付のみ>)

すべての画像


種類
商品サービス
関連リンク
https://news.panasonic.com/jp/
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

パナソニックグループ

603フォロワー

RSS
URL
https://holdings.panasonic/jp/
業種
製造業
本社所在地
大阪府門真市大字門真1006番地
電話番号
06-6908-1121
代表者名
楠見 雄規
上場
東証プライム
資本金
2590億円
設立
1935年12月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード