香港の訪日観光客向けのアニメツーリズム商品販売と訪日プロモーションプログラムを香港角川、JALサテライトトラベルが共同で実施

~香港発・コンテンツを組み合わせた訪日旅行とインバウンドプロモーションの需要喚起に取り組みます~


2019年2月22日
株式会社KADOKAWA
日本航空株式会社
香港角川有限公司
JALサテライトトラベル株式会社


 株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹、以下「KADOKAWA」)、日本航空株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:赤坂祐二、以下「JAL」)、KADOKAWAの海外子会社である香港角川有限公司(本社:香港、董事長:岩崎剛人、以下「香港角川」)、JAL サテライトトラベル株式会社(本社:香港、代表取締役社長:藤田亘宏、以下「サテライトトラベル」)の4社は、香港からの訪日観光客に向けたアニメツーリズムの推進のため、共同の商品販売を行うことで合意しました。

 また上記を契機とし、自治体などが香港で実施する訪日プロモーションに際し、メディア訴求からイベント開催、モニターツアーに至るまでの訪日プロモーションを一気通貫に行う協業スキーム(「共同訪日プロモーション送客プログラム」)を、香港において初めて香港角川とサテライトトラベルで実施することに合意しました。
 

協業プロモーションのイメージ ※ DMO=Destination Management Organizationの略協業プロモーションのイメージ ※ DMO=Destination Management Organizationの略

  • 協業の概要
(1)  アニメツーリズムに特化した旅行商品の販売
2月22日から24日に香港にて開催される「C3 AFA HONGKONG 2019」の香港角川ブースにおいて、サテライトトラベルが下記の商品を販売します。

 ・古谷徹と行くほっこり温泉バスツアー 第2弾
  (C3 AFA HONGKONG 2019会場限定プロモーション※販売なし)
 ・三鷹の森ジブリ美術館見学&井の頭公園ウォーキングツアー
 ・【入館券&乗車券付き】藤子・F・不二雄ミュージアム見学プラン
 ・【ハイヤー貸切送迎プラン】藤子・F・不二雄ミュージアム入館券付き東京観光フリータイム
 ・【ハイヤー8時間貸切プラン】藤子・F・不二雄ミュージアム入館券付き東京観光フリータイム
 ・【ハイヤー貸切送迎プラン】サンリオピューロランド パスポート付き東京観光フリータイム
 ・【ハイヤー貸切4時間チャータープラン】藤子・F・不二雄ミュージアム&
    サンリオピューロランド 日本の人気2大キャラクターパーク周遊!

(2) 共同訪日プロモーション送客プログラムの実施
香港における自治体などが行う訪日プロモーションに際し、香港角川とサテライトトラベルとの共同で、メディア、イベントおよび旅行商品などの以下リソースを組み合わせ、プロモーションごとにカスタマイズをしたプランを提供、提案します。

<共同でのプロモーション活用リソース例>
 ・雑誌「Hongkong Walker」
 ・Facebook「Hongkong Walker」(記事および動画掲載)
 ・香港でのリアルプロモーションイベント
 ・香港のレストランでのキャンペーン
 ・ブロガーなどのインフルエンサーを使ったファムトリップツアー
 ・一般の香港人に向けた割引モニターツアー
 ・モニターツアー時のアンケート、およびSNS発信 など

モニターツアーのイメージモニターツアーのイメージ

 
  • 協業の背景・目的
 香港からの訪日客数は、2018年の速報値でも、香港の人口(約740万人)に対して約220万人(注:2018年速報値)と約30%にのぼります。また、訪日回数が10回を超える人も、人口の20%を超えているなど、日本は高い人気とリピート率を誇っています(出典:観光庁『訪日外国人消費動向調査』)。日本を旅行する際に、より深い体験を求める香港からの訪日観光客に向けて、アニメツーリズムに特化した旅行商品を発売することで、他では展開できないオリジナリティある旅行体験を提供します。なお、KADOKAWAとJALは一般社団法人アニメツーリズム協会の会員であり、ともにアニメツーリズムの普及に努めております。

 また、香港で実施されている日本の自治体などのプロモーションキャンペーンは、メディアプロモーションとイベントプロモーション、モニターツアーやファムトリップなどが細分化されている事例が多く、メディア掲載からリアルイベント、実際の訴求エリアへの送客、SNSでの発信やモニターアンケートまでを一気通貫で行うソリューションが求められてきました。

 この課題に対し、香港角川のメディア発信力とサテライトトラベルの旅行商品造成力という双方の機能を協業により活用し、香港人の訪日客ターゲットに、需要喚起からリアル送客までを完結できるプロモーションサイクルを提供していきます。

 この一気通貫の訪日インバウンドプロモーションにより、単なる訪日プロモーションではなく、自治体が望むリアルなインバウンド送客を実現し、地方での訪日外国人の増加に伴う、地域経済の活性化と地方創生を目指していきます。


<参考:会社概要>
◆KADOKAWA

社名                                       株式会社KADOKAWA(URL:https://www.kadokawa.co.jp

本社所在地                              東京都千代田区
代表者                                    代表取締役社長 松原眞樹
設立                                       1954年4月2日
資本金および資本準備金             29,210百万円

◆日本航空
社名                                      日本航空株式会社(URL: http://www.jal.co.jp
本社所在地                              東京都品川区
代表者                                    代表取締役社長 赤坂祐二
設立                                       1951 年8 月1 日
資本金および資本準備金          355,845 百万円

◆香港角川
社名                                      香港角川有限公司(URL:http://www.kadokawa.com.hk
所在地                                   香港
代表者                                   董事長 岩崎剛人
設立                                      2007年4月22日
資本金                                   HKD 40,500,000

◆JAL サテライトトラベル
社名                                      JAL Satellite Travel Co., Ltd.(URL:http://www.jalselect.com.hk/main/)
本社所在地                             香港
代表者                                   代表取締役社長 藤田亘宏
設立                                      1979 年8 月
資本金                                   HKD 750,000
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KADOKAWA >
  3. 香港の訪日観光客向けのアニメツーリズム商品販売と訪日プロモーションプログラムを香港角川、JALサテライトトラベルが共同で実施